« テレシネ | メイン | 録画ボタンの押し忘れ »

エタノール燃料

今年のインディーカー・シリーズは、燃料がメタノールから環境に配慮されたエタノールに変更になるそうなのですが、日本で開催されるツインリンクもてぎではこのような問題も。

カーレースに酒税2000万円、エタノール燃料使用で

 米国を中心に行う自動車レース、インディカーシリーズの第3戦が4月19〜21日に栃木県のツインリンクもてぎで開催されるが、今季から導入されるエタノール燃料に関し、「酒税法」の適用を受けることが分かり、関係者は頭を抱えている。

 関係機関に適用除外を訴えているが、このままでは約2000万円の酒税がかかる可能性が高い。

 インディ500を含むインディカーシリーズは、従来は火災の際に水消火が出来るメタノールを燃料にしてきた。今季からは、環境問題に配慮し、植物が原料で再生可能なエタノールに切り替えた。

 米国内のレースで使われる燃料はエタノール98%に2%のガソリンを混入させ、「飲料として使用できない状態」にすることで、酒税の対象外としている。日本でも同様の燃料を使用する計画だ。しかし、日本では「90%以上のエタノールを含むものは、基本的に酒税の課税対象となる」(関東経済産業局産業部アルコール課)。仮に10%以上別成分を入れると、「エンジンが正常作動しない」ため、これは実現困難という。

 エタノールの卸売価格は1リットル約230円だが、100%近いエタノールにかかる酒税は1リットル当たり約1000円。大会でマシン20台が使用するエタノールは約2万リットル。酒税負担は約2000万円となる。ツインリンクは「エタノールは将来の自動車燃料としても注目度が急速に高まっている」と再検討を求めている。

ああ、いかにも日本らしい。というか、これじゃ日本ではエタノール燃料のエンジンは流行りそうにないですね。「その時は法律が変わるだろ」なんて思う人もいるだろうけど、その時っていつ?

すでにブラジルでは燃料用バイオエタノールを使ってますし、エタノールが作れる穀物の価格も上昇傾向にあるっていうのに、日本じゃお酒として酒税を払う。飲むわけじゃないのにね。

とりあえず酒税を決める方には、2%ガソリン入りのエタノールの水割りでも飲んで、酔えるかどうか(というか悪酔いしそうですけど)を試していただきたいなあと。

追記:
確か、実験用のエタノールには数%混ぜモノがしてあった気がしますが、そういうのと同じ扱いに出来ないんですかねぇ。

コメント

>すでにブラジルでは燃料用バイオエタノールを使ってますし

一般の人の認識ってこんなもんだよね。(悪く言うわけじゃないけど)
マスコミも、バイオマスが環境に良くて、代替燃料として活用すべきだ、見たいな論調が多いけど・・・
試験的に使っているけど、全然問題ないですよ、とかコメントしてるけど・・・
FFVをもっと国内に導入すべきだとか言われてるけど・・・
ちゃんとデメリットとか、懸案も報道すべきだよね。
みんな、ガイアックスを忘れたのかなぁ。
今、問題が出ていないことが、将来的な安全の指針にはならないんだよなぁ。

くわばらくわばら。