« ビデオカメラのこと | メイン | Canon iVIS HV20 »

注目のビデオカメラ

victor2.jpg

ハイビジョンで撮影が出来て、操作性にそこそこ自由度があって、そこそこ安い。出来ればHDD内蔵型で、AVCHD規格ではないもの(今のところAVCHD規格はFinal Cut Expressで対応できない)が良いなと思っていましたら、ずばりそのような感じのモノが発表になってました。

Victor Everio「GZ-HD7」で、まだ日本では発表になってない(1月25日現在)みたいです。Everioのサイトにも紹介されていません。詳細はこちらの記事「小寺信良のElectoric Zooma!」で紹介されております。

60GBのHDD搭載で、最高画質だと5時間撮影という、まあ何ともディスクを浪費する感じですけど、情報量がそれだけ多いと言うことなのでしょう。データの保存が大変ですね(笑)画像の圧縮方式はMPEG-2 TSです。MPEG-2もFinal Cut Expressに入れるときには変換は必要ですね。マニュアルのフォーカスリングが付いているところが、ハイアマチュアからプロ向けっぽくてかなり良いと思います。

これで発色と、どのくらい暗い場面でも撮影できるかが分かれば、即欲しいくらい。とはいえそれに対応した機材やデータストレージとかもろもろを揃える必要はありそうですね。本体のみは1800ドルくらいだそうです。近々発売されるようなので、その動向には注目したいです。