« 納豆受難 | メイン | 注目のビデオカメラ »

ビデオカメラのこと

ビデオカメラ、CanonのIXY DV M5を買ってみて使ってみると、色々気になる点も出てきます。

一番気になるのはやはりテープであるということ。重ね撮りの失敗は大問題にならなかったのが1回だけ有りますが、それでもやっぱり怖い。しかもこのIXYを買う前に借りて使っていたのが VictorのEverio GZ-MG40というHDDにデータを入れるタイプのモノで、この使い勝手の良さを知ってしまった後だったのも大きいです。ただEverioシリーズにはどうしても画質的に納得のいくモノがなかったので、購入時点ではCanonを選びました。

またアクセサリシューがないという不便さはいかんともしがたく、無理矢理マイクをセットしたりもしましたが、やっぱりアクセサリシューに取り付けたい。出来れば本体から給電するタイプのマイクが取り付けたいというのもあります。一度マイクの電池が無くなりかけていて、録音した音量が凄く小さくなることを経験。しかも買ったマイクが、電池切れかどうかが外からだと分かりにくい仕様なので、これまた不便というのもありました。

とりあえず画質は良いですし、普通に使う分には不満はないです。

ただ世の中の流れがだいぶハイビジョン、ワイド画面に流れている風潮から察するに、この流れに早めに乗りたいのも事実。ビデオ制作のプロの人にお聞きしたら、画面サイズが違うとフレーミングが違うので、早めに慣れた方が良い、とも。

いっそのことSANYOのXactiシリーズのハイビジョンモデルなんかも考えたんですけど(新機種発売でかなり前の型は安くなったようです)、見本のデータなどをみると、やっぱりいまひとつかな〜、という感じもあります。

仕事でどうしてもハイビジョンが必要だ、なんてことには、ならないよな、、、多分。

と考えていたら、ちょうど良さそうなカメラがVictorから発売になりそうです(金額を考えなければ)

その辺は後日。