メイン

2006年03月24日

花粉症の薬の効き目

今のところ花粉症の薬を1日2回、朝と晩に飲んでいます。塩化リゾチームとかなんとかそんな感じのものです。

ただ、昨日の夜と今朝飲みはぐったら、体調イマイチ。今日は花粉が多かったのかも知れませんけど、ちょっと辛かったです。まあ自分のせいなんですけど。

というわけで1日たりとも気が抜けないわけですが。

来年に向けて、減感作療法なんかにも興味はありますが、結構根気が必要だとも聞きますので、果たしてちゃんと続けられるのかどうか...

2006年02月22日

花粉飛んでますよね、多分

さーていよいよ、花粉の季節がやって参りました。去年一昨年も花粉ネタが必ず現れるという、誠に芸のない話なのですが。そして、去年一昨年も買っていた「スーパー甜茶飴」/a>を早くもゲット。これと、かかりつけの診療所で処方してもらった薬と、マスク、かなり渋いAllerBlock、まずはこの4点セットで、切り抜ける予定。

と思っていたら、ちょっと体調を崩して風邪も併発。頭が痛いのダブルパンチ。年を取ったら無理をするものではありませんね。

早く花粉の季節が終わらないかなぁ。まだ始まったばかりだけど。

2006年02月06日

ツクシの飴?

『花粉症に「つくしエキス」効果? 日大がアメ開発』(asahi.com)

花粉症持ちとしては、「花粉症に効果あり!!」といううたい文句のモノには心惹かれてしまうわけですが、今度は、ツクシエキスの入った飴だそうです。理由は分からないけど、ツクシのエキスが花粉症に効くそうです。

とりあえず20粒入り1箱で2000円って高ーい...それでも効果があるなら...ちょっと試してみたいです。

ちなみに、ツクシって、スギナの子じゃなかったかしら?スギナとスギ花粉はやっぱり別物ですよね?

2005年12月25日

風邪っぽいです

ここのところの不摂生がたたったのか、今日は夕方辺りからちょっと風邪っぽいです。今年の風邪はお腹に来るのでしょうか、トイレとお友達状態になりそうです

で、市販の風邪薬を飲んだんですけど、これが回る回る(笑)効いているかどうかは別として、ぐるぐる体の中を回っている感じがして、だるーい。

ということで今日の更新はこれにておしまい。。。明日も仕事だぁ〜。

2005年08月06日

朝からストレッチ

最近、調子が悪い原因の一つに「根本的に運動不足」というのがあります。じゃあやればいいじゃんという話なんですけど(笑)

つい面倒臭がっちゃって、ちょっと散歩したりしている程度なんですが。元々本格的にスポーツをした事はあまり無いので、習慣的ではないんですよね。

とりあえず朝起きたときに、時間がある日はストレッチをする事にしました。15〜30分程度、ちょっと汗をかく程度ですが、ストレッチをした日は結構気分良く過ごせます。

まず、その15〜30分を確保するのが、難しかったりもします(笑)

2005年08月05日

植物油は体に悪い?

元々は「マーガリン危険?!心臓病誘発の恐れ 」(zakzak)という記事からなんですけど、マーガリンに使われるショートニングの中に含まれるトランス型脂肪酸(トランス酸)というのがあまりよろしくないそうです。トランス酸には摂取量と心臓病に相関関係があるという研究結果も複数あり、欧米ではトランス酸の摂取を抑えるような規制もあるそうです。

日本では「諸外国と比較して摂取量が少ない」という理由で、特に規制はされないそうです。少ないかどうかは個人差があると思いますし、リスクが本当にあるなら、そのリスクはきちんと示した方が良いと思うのですが。

トランス酸自体は植物油を固形化する際に水素を添加する際に生成されるそうで、元々は植物油という事になります。またリノール酸も海外では心筋梗塞のリスクを高めるとされているそうです。Googleで「リノール酸」と調べると、賛否両論、いろんな意見があるようです。

なんか「動物性油よりも植物油の方が体にいい」というイメージがあるのですが、必ずしもそういう事ではないようです。まあとりあえず、何でも摂り過ぎにはご注意ください。

2005年03月28日

モーツァルトを聴くと...

免疫力が高まるそうです。それ用のCDとか解説本とかも出ています。原理はよく分かりませんが、そういうことらしいです。

ショパンじゃだめですか? あと、リストのピアノ曲では? フジ子の演奏は、よくiPodに入れて聞いているんですけどねえ。

とりあえず、1000円ほどのモーツァルトのCDを買ってきて聞いてます。悪くはないです。ただ、この手の安いCDだと知っている曲がたくさん入っていて聞くのは楽なのですが(知らないクラシックの曲ばかりを聴き続けるのはリラックスどころか苦痛のこともあります)、曲がごたまぜに入っていて、オーケストラの曲の後に、ピアノ曲が入って、その後に声楽の曲が入ってと、目まぐるしく変化してしまうのがちょっと気になります。もうちょっとジャンルをまとめた感じでCDにすればいいのに。。。初めっからシャッフル機能が効いたCDを聞いていると思えばOKか?!

で、いつくらいに免疫力高まりますか?(笑)

2005年02月10日

花粉症対策 その2 アレブロック

アレブロック

昨日に引き続きですが、奥さんが近所のドラックストアーでスーパー甜茶飴を買い占めてきた時にこの商品の試供品をいくつか頂きました。それがこの「アレブロック」です。試供品を飲んでみて、これまたよさそうだったので、ちょっと買ってみました。一応薬ではなくてサプリメントです。

原材料はピーナッツの渋皮で、成分としては純度96%のポリフェノールだそうです。通常これを飲むわけですが、ドラックストアーの店員さんに「舌の下に置いて、じっくりと溶かしながら飲むと良い」と言われたそうなので、早速それを実践してみました。

「良薬口に苦し」なんて言いいますけど、もうね、とにかく口の中が渋くて渋くて!えらいことになりました。しかも溶けきるまでずーっと口の中に入れておくと軽く2〜30分は渋いままという感じになります。多分普通に飲んでも効果があると思うので、普通に飲んだ方が良いかも。

薬の場合、強いのを飲むと眠くなったりしますが、とりあえずサプリメントですし、眠くなったりしないので仕事中や運転中にもよいです。ただちょっと高いかなあ。普通に医者で処方してもらう薬の方が(保険がきいているのもありますが)安いです。

ちなみに普通に売っているピーナッツに付いている渋皮は、煎ってあるので大量に食べないと十分に摂取することが出来ないと、このパッケージに書かれていますから、「ピーナッツを大量に食べればいいじゃん」というのはちょっと駄目みたいです。第一、ポリフェノール以上に別の栄養素を大量に摂取しそうだし。

また調子が良ければ報告します。

2005年02月09日

花粉症対策 その1 スーパー甜茶飴

スーパー甜茶飴
さて、もう今年の花粉の量は凄いんじゃないかと言われて久しいですが、本格シーズン到来前から医者に処方された薬を飲んで対策もしております。でもそれだけでは不安ですし、実際には他にも色々と試しております。

そのうちの1つがこの「スーパ甜茶飴」です。去年も同じ時期に紹介しているのですが、すーっとする感じと、実際に舐めていると自分は調子が良くなってきます。気休め半分な所もありますが(笑)

とりあえず奥さんに頼んで近所のドラックストアーの「スーパ甜茶飴」を買い占めてきてもらいました。奥さんは花粉症じゃないのに、絶対お店の人は「ああ、この人花粉症なんだなあ」と思っていることでしょう。

そうして買ってきてもらっても、かなりのハイペースで舐めております。2日で1箱って、まるでタバコのようだ。。。よかった、喫煙者じゃなくて。。。

2004年10月15日

コエンザイムQ10その後

コエンザイムQ10

「発掘!あるある大辞典II」で紹介されて以来、かなり人気のコエンザイムQ10。かなり入手が難しい状態が続いているみたいです。とは言っても、1瓶30日分で4000〜5000円ほどする、健康になる前に懐が寒くなってしまいそうな高額のものは売っている場合も多いのですが、30日分で2000円を切るようなお手頃のものは、ほとんど売り切れ状態が続いています。

たとえ30日分でも夫婦2人で飲むと2週間ほどで終わってしまいますから、やはり少し安いのを選びたいのです。ということで探すと、近所で買えるものはネイチャーメイドファンケルのものになります。

もちろんどちらも売り切れていることが多いのですが、一カ所だけ、近所のセブンイレブンには結構な頻度でファンケルのものが置いてあります。さすがは天下のセブンイレブン!薬局と比べると値引きはありませんが、15日分で1000円を切る位ですから、まあまあの値段です。

さて、ここまで苦労して探して果たして効いているのかというのが気になるところですが、自分としては体の調子が良いですよ。もちろんコエンザイムQ10だけでなく、ビール酵母やその他のものも飲んでいるので、果たしてそれだけの理由かは分かりませんが、自分には合っているようです。

と、ファンケルのサイトを見ていたら、ここで買えば良いんじゃないかという気もしてきました。。。。

<追記 2004.10.19>
DHCも30日分で2000円を切る1533円で売っていました。こちらも通販で購入可能です。

2004年09月15日

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10

ここのところ健康ネタばかりが記事(エントリー)されていて、健康オタクサイトへと変貌してしまうのではないかという気もしますが(笑)

先日の「あるある大辞典」で紹介されていたコエンザイムQ10、放送中に「これは良いに違いない」と思い、30分ほど見たところで家を出て、近所(自転車で15分ほどのところ)にあるドンキホーテで早速買ってきてみました。放送後、結構人気が出たようで、楽天市場ランキングでもかなり上位を占めています(2004年9月15日現在)

コエンザイムQ10は、元々生命維持に必要な物質で、細胞中のミトコンドリアに多く存在してエネルギー生成を助ける機能があるそうです。もちろん人間の体の中にもあり、体内でも生合成しているわけですが、加齢やストレス等によってコエンザイムQ10が減少し、結果エネルギー生成が少なくなり、各種臓器の機能低下にも繋がるそうです。

とりあえず、ネイチャーメイドのものを買ってきました。まだ飲み始めて3日ほどなので、どれほど効いているのか効果のほどは分かりませんが、少し調子がいいきがします(プラシーボ効果とか言わないでね)。これで、ここのところの疲れも解消されると良いのですが。

2004年09月14日

やる気・集中力を高める

引き続き"ラビット関根"のような人の写った表紙の雑誌TARZANですが、もう一つの特集が「やる気・集中力を高める技法を学ぶ!」という特集です。やる気や集中力の非常にとぎれやすい自分にとっては、読み応えのある内容になっています。

この特集ページの謎。

ぜひコンビニで手に取っていただきたいのですが、なぜかこの特集のページは全体的に「ブルース・りー」風なイラストと写真で構成されています。「集中力」っていうイメージなのでしょうか?

もう一つの謎。

そういう雰囲気に見えるだけかもしれませんが、他のページよりも文字がびっちりかかれていて、特集を読むだけで集中力が必要かも。もう少し簡潔でもいいのでは?

読んでみたい人は、ぜひコンビニで。長時間立ち読みできること間違いなし。

2004年09月13日

日頃の疲れをとるために(3)

book_tarzan.jpg

コンビニで見つけたTarzanの9月22日号(No.427)、この特集が「内蔵&メンタルも元気で行こう!」でした。それほど厚くない雑誌ですが、内容盛りだくさんで、体の中の疲れをとる方法がいろいろと書かれております。主なところで、食生活や、呼吸法、ストレスが内臓に与える影響等々、結構興味深い内容です。

この雑誌で一番のおすすめは、「足裏は"第2の内蔵だ"! 貴重な情報を読みとろう。」という2ページほどの記事で、リフレクソロジーについて紹介しています。「リフレクソロジー」は足の裏にある体の反射区をマッサージをする健康法で、よくテレビでは罰ゲームで足つぼマッサージがおなじみですが、自分の体の調子の悪い部分が分かるので結構面白いです。足の裏の図も大きく掲載されているので(もうちょっと細かくてもいいんじゃあないの?ってくらいのおおざっぱな図ですが)、それを見ながら足を押すと、調子の悪いところも分かります。

自分の足の裏を揉んでみたところ、横隔膜のライン上、自律神経の所がやたら痛くて、内臓が全体的に弱っていることが分かりました。全体かぁ。。。

とにかく、自分でも出来る範囲ですし、自分でやる分には無料ですから、この辺を極めるのも結構いいかもしれません。ああ、でも人にやってもらいたいかも。

2004年09月12日

タイ古式マッサージに行って来たよ

いつの間にか、健康オタクへの道を歩みつつある「トロ〜ン」ですが、本日は以前から気になりつつも行っていなかった「タイ古式マッサージ」に行ってきましたよ。というか、この疲れを一気にとるにはまずはマッサージに違いない!と、勝手に考えた訳ですが。

とりあえず、都内某所の駅近く、様々な飲み屋さんや小さなラーメン屋さんやマッサージ屋さんなどが密集する良くある繁華街に行って捜してみると何軒か見つかりました。その中でも貸しビルの1室にあるリーズナブルで良さそうな感じの1軒を選んで、早速進入です。

行ってみるとそこは、ちょっと古いマンションを改造した感じにしておりました。BGMはおそらくタイの最新ヒットチャート?が流れるお店で、店員さんは皆本場の人〜ってなかんじで期待が持てます。チャット着替えて足を洗ってもらって、マッサージスタートです。

まずは足の裏から足首をよーく揉んで、ふくらはぎ、太股、足の付け根、手のひら、腕、肩、腰、首、頭で、それこそフルコースでやってもらいました。いやーもう、いろんな所が痛かったですよ、特に両方の内股は、呼吸が止まるんじゃないかと思うくらい痛かったですね。たっぷり120分やってもらって7000円でした。

マッサージが終わった後は、文字通り「トロ〜ン」としておりました。んー、月1くらいでマッサージに行きたい!なあぁ。。

2004年09月11日

日頃の疲れをとるために(2)

本日は日本経済新聞の9月11日、日経プラス1より。疲労回復が早く、腸の健康を保つ、低カロリーのハチミツを紹介しています。

ハチミツの成分は果糖やブドウ糖が成分の7〜8割を占め、これらはエネルギー源になりやすく疲労回復に役立ちます。またビタミンB群、C、カルシウム、カリウム等も含まれているそうです。特に最近注目されているのがグルコン酸で、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす機能を持っており、善玉菌は腸の健康を保つのに有効なのだそうです。

また砂糖に比べてカロリーが低く、砂糖のの6〜7割の量で同じ甘さを出すことが出来るそうです。んーこのように書くと、結構いい面ばかりが強調されますが、天然の甘味料でボツリヌス菌が含まれていることもあるので、抵抗力の低い1歳未満のこともには食べさせない方がよく、ハチミツの中に含まれている花粉で花粉アレルギーの人は注意が必要らしいです。

ハチミツは花の種類によっていろいろ選べたりするので、そういったことでも楽しめるんじゃないでしょうか。

2004年09月10日

日頃の疲れをとるために(1)

ただいま疲れをとる情報を収集中。9月8日の朝日新聞に「夏の疲れの解消法」という記事がありましたので、そこから少し抜き出してかいてみます。

まず一つ、神奈川県立保健福祉大教授の中村丁次さんの話では、夏の暑さでタンパク質の消費量が高まっていることを補うために毎日コップ1杯の牛乳を飲むことを推奨しています。疲れをとり、体力を付けるのに力を発揮するビタミンA、E、B1、B2が豊富で、良質なタンパク質も含まれているそうです。

それともう一つ、医師の武田礼子さんの話で、冷房で体が冷えている人も目立つそうで、体が冷えているかどうかを確かめるには、左足の3指と4指の間を足の甲に向かってたどり、2つの指の骨の分かれ目を指で押してみます。そこがズンと痛いと冷えている証拠だそうです。お風呂に入ったときにここを良くもむとよいそうです。また、体が冷えているときは汗をかくことも大切だそうです。

とりあえず、自分の足の甲を押してみると、結構痛いです。とりあえずこの辺を試してみると、自分の疲れ度が分かると思いますので、是非お試しを。

2004年09月06日

休みの日の過ごし方

最近、というより季節の変わり目なのか、それとも夏バテが残っているのか、どうにも本調子ではないきがするんです。そうなると2〜3日くらいガガーッと休みたくなります。1日では足りないよーという感じなのですが。

不思議なもので、最近思うのは2〜3日休んでもこの疲れはとれない気がするんです。どうして?と問われると答えられないのですが、何となくそう思うのです。もし1週間休んだとしたら、少しは疲れがとれるかもしれないけれど、その後仕事に戻ったときに、今よりも疲れる気がするんですよ。全く根拠はないんですけどね。

ならば普段の生活や仕事をしながら、うまく疲れをとっていく方法を考えた方がちょっと建設的なのではないかと。この方法については、ただいま研究中です。手間もお金もかからず、続けられるものでないと、難しいですから。

とはいえ、先週の日曜日は、仕事をすこし持ち帰って家でのんびりやっていたんですけどね。動画制作は処理に時間のかかる箇所が多くて、そのたびに休憩時間が増えてしまいます。もっと速いマシンとアプリが欲しい。。。