メイン

2007年02月06日

快速「みえ」

kaisoku_mie.jpg

名古屋駅まで新幹線を使い、そのあと伊勢市までは快速「みえ」を使いました。

私の乗ったのは4両編成でしたが、4両中1両が指定席、それ以外は自由席です。途中電化されていない区間があるからなのか、ディーゼルの車両でした。2両編成の場合は、1両目の一部が指定席となるそうです。

近鉄の特急に比べると、若干安くて、所要時間が若干長く、そして本数も若干?少ないようです。名古屋から伊勢市まで、片道が1940円なのですが、4回分の回数券を利用すると片道が1200円とかなりお得で、2人で往復するなら間違いなく買いです。この情報を知ったのは、伊勢市駅に着いた時点だったので、残念ながら利用することは出来ませんでした。

ディーゼルの車両に久しぶりに乗りましたが、通常の電車に比べると、バスっぽいというか、ちょっと騒音がにぎやかな気がします。

2007年02月05日

伊勢神宮

ise_geguu2.jpg

さて、伊勢神宮って今まで行ったことはなかったのですが、初めて知ったのは、伊勢神宮は「外宮」と「内宮」の2つに別れていて、しかもその距離はちょっと離れていること。そしてそこには多数のお宮さんがあるということ。全体で伊勢神宮となっているようです。

伊勢市駅から近いのは「外宮」というほうで、駅からすぐに参道となっており、歩いていくことが出来ます。ちょっとこちらの参道は人通りが少ないのですが、外宮に着くとそれなりに人がいます。この時点では「内宮」の様子は知らなかったので、のんびりとした良いところだなという印象でした。

せっかく東京から行ったので、今まではしてもらったことの無かったご祈祷もしてもらいました。入ったことのない神楽殿というところで、厳かな雰囲気のなか、生演奏の雅楽を聴いて、お札をもらってきました。久しぶりの正座で足をしびれさせつつ。

外宮でお参りを済ませて、バスで内宮に移動したのですが、土曜日だったせいか、入り口近くの参道が異常な混み具合。どうやら駐車場の空き待ちの車が沢山いるみたいなのですが、そこに路線バスも巻き込まれて、どうしようもない状態。もう少し何か考えた方が良いと思いますよ>伊勢市の方、バス会社の方

こちらは外宮に比べると非常に混んでます。どうもこちらの方が雰囲気的にメインといった感じです。人がある句法の参道もいかにも観光地といった感じで栄えております。お参りするのも、石段で人混みにもまれて、まるで初詣のようでした。

2007年02月04日

日帰りお伊勢参り

ise_geguu.jpg

昨日は日帰りでお伊勢参りに行ってきました。

朝7時に東京を出て、新幹線と快速「みえ」を乗り継いで、JR伊勢市駅に到着。伊勢神宮の外宮をお参りして、バズで移動し、次は内宮。そしてもう一度バスで外宮まで戻って伊勢市から、快速「みえ」、新幹線を乗り継いで1日で帰ってくるという流れでした。

まあ、移動時間がやたら長いので、普段電車に乗り慣れない自分としては結構疲れました。

関西での移動はJRではなくて近鉄の方が行きやすい場合も多いと聞くのですが、今回はたまたま快速「みえ」との接続が良かったので、こちらを選びました。行く前に気がつけば良かったのですが、名古屋から伊勢市までの4枚綴りの回数券が4800円(1枚あたり1200円)で買えるので、2人で往復で使うならこちらが結構お得です。普通に買ってしまうと片道1940円です。近鉄の特急だと名古屋->伊勢市で2500円くらいでした。ちなみに近鉄の方が本数が多くて早く到着します。

その他いろいろなことは、追々書いていきます。

2007年01月22日

納豆受難

つい先日、納豆にダイエット効果があるということで、納豆が飛ぶように売れて、スーパーに行くと品不足状態だったと思ったら、どうもその効果を紹介した番組自体が全体的に嘘っぽい(効果は別として)という話。

一番影響があったのは、やっぱり納豆業界だと思う。

商品が店舗から無くなったら大変だから、増産体制に入った矢先のこの騒動。今度はお店も注文を入れないだろうから大量に余るんじゃないかと、普通に思う。食品だから一旦加工段階に入ったら賞味期限が決まってしまうだろうし、今作っておいて後で出荷するというわけにもいかないだろう。仮に出来たとしても、出来ちゃった納豆を置いておく場所の確保、その倉庫代に苦慮すると思う。

で、ポイントは「納豆には罪はない」ということ。こんな騒動さえなければちゃんと生産されてちゃんと食卓に並んでいただろう納豆が、生産調整の波に押されて廃棄されるというのは、何とももったいない。

ちょうど、気候の変化で野菜が出来すぎちゃったときに、産地で処分するのと似たような構図。これももったいない。もったいないけど難しい問題。ちょっと野菜の話は置いておいて。

じゃ、その納豆に対して何が出来るのか。一番良さそうなのは「納豆をいつもより沢山買う」、これだと思う。

もともとこのダイエット法だと1日2パック食べるのが良い、とされていたようなので、相当数の納豆が店舗にあふれている可能性がある。だからこの2〜3日は納豆は安売り攻勢になるのではないかな。もうなっているかも。

番組に触発された「にわか納豆ファン」はいなくなっても、ちょくちょく食べる人にとっては普通に安く手に入ればそれでいい話だし。ただ、大豆のイソフラボンはあんまり取りすぎると良くないそうなので、無理して1日2パックなど食べる必要は無いでしょ。

大量に購入して冷蔵庫が一杯になるのは良いとしても、賞味期限は?なんて考える人もいると思う。でも、もともと発酵している食品なので、冷蔵庫に入れておけばそんなに悪くなるもんでもない。味の保証はしないけど、2〜3ヶ月冷蔵庫に入っていたって十分食べられる。と思う。まあその辺は個々人の判断だけど。

基本的には体に悪い食べ物でも、短期で消費しなければいけない食べ物でもないと思うので、この時に買っておくのが良いんではないかと思う。

2007年01月03日

お心当たりの方は...

nengazyo.jpg

この年賀状に心当たりの方、いらっしゃいますか?
返事が書きたいのですが、住所も名前も載っていなかったため、返事を書くことが出来ません。
というか、裏面が真っ白のため内容も分かりません。あぶり出しなのかなぁ〜。
でもインクジェット用紙なんですよね〜。

心当たりの方は、私までご連絡下さい。

2007年01月02日

謹賀新年

kingasinnen2007.jpg

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今日はちょっとこんな所に行ってきましたという写真。皇居の一般参賀です。結構混んでました。

2006年10月14日

築地の半値市

tukiji_hanne2.jpg

今日は東京・築地の場外市場にて、半値市があるというのでちょっと奥さんと二人で行ってみました。築地に行くなんて本当に何年ぶり、しかも前回は夜中に寿司を食べに行っただけなので、昼間の築地に行くのはほぼ初めてに近いです。

有楽町からゆっくり歩いて築地まで行きましたが、いやー凄い混みっぷり。普段を知らないので何とも言えませんが、狭い路地はすれ違うのも難しいくらいのギュウギュウ状態で、人にぶつからないで歩くのは不可能。ゆっくり進みながらも、海産物をいろいろと物色。場所によっては恐ろしく並んでいるお寿司屋さんとかもあり(特に場内市場の方)、結構驚きです。

建物も全体的に古いところが多く、なんか東南アジアの市場を歩いている感じ、結構面白いです。そういえば、テリー伊藤さんのお兄さん(卵焼き屋さん)も発見。そして売っているものもそれなりに安いそうです(奥さん談)

結構歩いたんで、歩き疲れました...

2006年10月04日

ニコ・ロズベルグ

nico.jpg

東京・丸の内のオアゾにウィリアムズF1マシンが展示してあります(10月8日まで)。で、今日はウィリアムズのドライバー、ニコ・ロズベルグのトークショーがあるというので、仕事の合間にオアゾに寄りました。

っていうか、そういうイベントは日曜日とかの方がいい気もしますが、前戦の中国GPから休み無しで次の週が日本GPなので、本当にイベント開催日時が無かったのでしょう。でも火曜日って、、、スポンサーさんがRBS(ロイヤルバンク オブ スコットランド グループ)なので、丸の内というビジネス街を選んだのかも知れません。ちなみに、丸ビルの方にはマクラーレンのマシンとレーシングスーツも展示してありました。

それはともかく、ニコ・ロズベルグ。この写真ではそれほどでもないですけど、ディカプリオ風のいい男。そりゃー会場には女性陣もたくさんいますわ。近所の会社から抜け出してきたOLさんらしき方もかなりいましたね。初めはトークショー、その後レーシングシュミレーターで一般の人とタイムで対戦(4人中3位でした、大丈夫かな...)、そしてイベント終了と同時に会場に来ていた方からのサイン攻め。笑顔で答えていました。

今年はまだデビューイヤーで、でもファステストラップが1回と、かなりの実力を秘めていると思われるニコ・ロズベルグ。今後の、いやまず日本GPでの活躍に期待しますよ〜。

2006年09月07日

皇居

koukyo.jpg

昨日の紀子様ご出産の件で、とりあえずお祝いムードかなと思われる皇居に、仕事の合間に行ってみました。

行ってみたら、思ったより静かというか普通に観光客がいる程度。宮内庁舎への入口がある坂下門には報道陣がいたり、黒塗りのクルマが頻繁に出入りしていましたが、本当にそのくらいで、記帳所とかもありませんでした。警備の人に記帳所の事を聞いてみたら、昨日の時点では準備していなくて、今日以降には出来るかもしれないようなことを言っておりました。

まあ何にせよ、元気なお子様が生まれてよかったと思います。




2006年08月18日

CMのCM

最近テレビを見ていると、たまに「CMのCM!」というCMが入ります。とはいえ、HDDレコーダーとかでCM飛ばして見てしまっている方や地上波を見ていないと分からないのかも知れませんが。

で、このCMのCMキャンペーン、まあ良く見かけてはいたのですが、意味が分からないキャンペーンのサイトで見てみたところ、「CMにもっと興味を持ってもらう事」が目的のようです。

ただ、HDDレコーダーとかを使ってCM見てない人は初めっからこの「CMのCM」自体を見ないでしょうし、しかも「CMのCM」を見ただけでは、何を訴えようとしているのか、じっくり考えないと分からない。特定の商品のCMであれば、「この商品、買ってね〜。」というメッセージが分かりやすいのですが、「CMのCM」は思慮深く考えるか、キャンペーンのサイトを見ないと分からない。そもそもそこまでCMをじっくり見るもんだという考え方もあんまり無い気がするのですが...

ちなみにこの「CMのCM」を良く見るようになったと思う背景には、どうも他のメーカー、サービスのCMの量が減って、相対的に「CMのCM」の出現頻度が上がってしまっているのではないか?と考えるのは、考え過ぎでしょうか...

2006年08月08日

日経新聞土曜版 プラス1

日経新聞を購読されている方はご存知だと思いますが、毎週土曜日に本体の新聞とは別でプラス1というのが付いてきます。サイズと紙質は新聞と同じ。内容は生活に関する事や、家電デジタルグッズ、健康に関する事等々。株に関する事もたまには出てきますが、どちらかというと入門編的な話題だったりします。

実はこのプラス1が結構好きで、普段はどの新聞も読まないのですが、土曜日の日経新聞だけは出来るだけ毎週コンビニに行って買っています。というのも、一番中央のページに見開きで一週間分のテレビ欄(翌日の日曜日から次の土曜日まで)が載っていて、これが使い勝手がいいのがポイントです。

(ちなみに自宅の周辺では、土曜日にこのプラス1が、日経を購読してくださいというチラシとともに時々ポストに入っている事が有りますが、それがどのくらい効果を持っているのかは謎です。)

日経新聞と言えば、企業等で購読されているイメージがあるのですが、土曜、日曜に力を入れても、土日は会社が休みだったりして、結局月曜日に読まれないままリサイクルのコーナーに置かれていたりする気がします。というかそういう事例に当る事も多々有ります。もったいない〜。

読まれない土曜日版に入れるくらいだったら他に方法がある気もしますが、日経新聞だって土日の紙面が手薄になるでしょうから、まあその辺は仕方ないのかな。

だったら、この土曜日のプラス1だけを毎週配達してくれないかなあと。配達や費用回収の手間を考えるといくらくらいにしたらいいか分かりませんが、月300〜400円だったら買ってもいい。だって1部140円の新聞を毎週か買ったら1ヶ月で700円くらいかかってしまうし、他の紙面はまああんまり読まないし。買いにいく手間を考えたら十分いけると思うんですけど。

ついでに土曜日にしか入らない(もしかしたら金曜日の方が多いかな?)近所のスーパーのチラシも併せて入っていれば、より便利です。地域密着的な情報は新聞のチラシにはかなわない部分て絶対有ると思うんですよ。

テレビ欄やチラシ広告の情報を「インターネットで調べれば〜」って意見も有るとは思うんですが、やっぱり紙の上に展開されている方が見やすいし、テレビ欄なんておおよその情報が分かれば良くて、テレビを見るために、パソコンを立ち上げてYahooテレビで調べて〜なんてやってられませんし(パソコンは常時立ち上げてはいません)だって、見たいのはテレビなんですから。

いいと思うんですけどね〜。

2006年07月26日

ハイム○○

自分の住んでいるアパート、「ハイム○○」って言う名前なんです。まあそれ自体はよく有る名前だと思うんです。

先日自分宛に届いた郵便物、あんまり住所なんて気にしないんですけど、たまたま見てみてちょっと驚きました。

「八仏○○」

....一瞬分からなかったよ! っていうか違和感無かったよ!!

どう入力間違いしたらこんなになっちゃうの?というか勝手に感じだと思ったのかな?「八」は明らかにカタカナの「ハ」ではなくて、漢字の「八」になってます。しかも「仏」って....

ちょっとだけ、かっこいいかな?と思ってしまった....

2006年07月25日

町中で使えるETC

ETCと言えば、自動車での高速道路利用時に自動で支払ってくれる装置ですが、それをさらに拡張して町中でもETCを使えるようになるサービスが有るそうです。それがこちらのIBA

仕組みはETCと同じで、デパートなどの有料駐車場を利用するときに自動で支払いを済ませてくれたり、ガソリンスタンドでの決済を自動で行ったりなど、車を利用している時の決済をいろいろと電子化しているようです。利用するには専用の端末(ETCと共用)と必要なのと、利用できる施設が少ないために、まだそれほど普及はしていないようですが、セキュリティ面をしっかりやっていけば、結構便利なサービスにはなりそうです。

SUICAとかEdyとかもそうですけど、どこまでキャッシュレスで使える施設が流行るかが普及のポイントでしょうねぇ。

2006年07月23日

東京ドームの温泉「ラクーア」

昨日は都心にいて、終電を逃すという大失態(結構遅くまで電車は有るんですが...)、最終的にたどり着いた秋葉原からタクシーで帰るというのも、ちょっと...と思い出したのが、東京ドームのところにある温泉「ラクーア」。もちろん24時間営業のインターネットカフェとかマンガ喫茶とかも考えたんだけど、温泉につかるのもいいかなと思って秋葉原から水道橋まで歩きました(笑)順天堂大の辺りのアップダウンを越えて。この時点で深夜1時半過ぎ。

中に入ったら、結構施設はきれいだし、温泉はしょっぱくていい感じ。しかも結構混雑してます。まあ土曜日の夜ですから仕方ないんでしょうけど。ここぞとばかりに、サウナに入ったり、露天風呂に行ったりしました。露天風呂からは東京ドームが見えるのですが、気分は本当に地方の温泉に行った感じです。

その後仮眠室に行ったのですが、本当に空いている席を見つけるのが大変なくらい。入館する前に、混んでますとの話はフロントで聞いていたのですが、ここまでとは。まあ、温泉を楽しんでいる人も多いでしょうが、自分と同じように終電乗り遅れた人もいるでしょうから。ねえ。で、なんとかテレビ付きの座席を見つけてゲット。

結局仮眠室で横になりながら、テレビを見つつ、1時間くらいは寝れたかな。テレビでは、NASCARとか、WGPのアメリカGP予選とかやってました。

結局、閉館9時のちょっと手前までくつろいだり、もう一度温泉に入ったりしてました。結構いい場所です。ただ、温泉としてはちょっといい値段ですが(宿と考えれば妥当かな?)

2006年07月16日

「秒速5センチメートル」

新海誠監督のアニメ映画「秒速5センチメートル」。2007年早春の公開という事ですが、予告編がダウンロードしてみる事が出来ます。

なんか、もう、世界観がいいというか、きれいです。本当に。

どんな映画になるのか、待ち遠しい感じで。

2006年07月11日

バス路線検索 覚え書き

普段、移動の足は自転車か電車ですが、どうしても最寄り駅から遠い場所に行く場合には、他の方法をとる必要があります。という事で、最寄りのバスの停留所や時刻表が分かれば良いのですが、体系的にバスの停留所をまとめているサイトなどがあれば調べやすいのですが、その辺がよく分からないです。

それでもなんとか調べる方法としては、

  1. 行き先の住所を調べます。
  2. Yahoo!地図情報で住所を検索します。
  3. 行き先が表示されたらその周りにある赤い点線を探します。
  4. 赤い点線の横に少し大きな赤丸があるので、それがバス停留所。縮尺によって停留所の名前も赤文字で書いてあります。
  5. その停留所名をYahooやGoogleで検索。都市名なども入れるとより検索結果が出やすいです。
  6. 各バス会社のサイトなどで時刻表が書いてあれば、かなり当たり。
  7. 路線の行き先などから出発の駅を調べます。

バスの場合、電車と違って道路事情によってだいぶかかる時間も違うと思いますし、駅からもよりバス停まで何分かかるかなんてのもよく分かりませんが、とりあえず待ち合わせの時間よりかは早めになるように動けばよいかなと。

2006年07月07日

Hot Pepper

hotpepper.jpg

先日銀座に行ったときに、Hot Pepperの銀座版をゲットしてきました。さらに近所でもう1冊もゲット。

ちょっとこの写真だと分かりにくいのですが、銀座版、約350ページほどあります。紙がペラペラなので、それほど重くはないですけど到底気軽に持ち帰れるサイズじゃない気がするのですが...電車の中で渋谷版を持っている人がいて、それも同じくらいの厚さがありました。持ってかえるのに根性いりそうです。

で、銀座版は中身もかなり読み応えというか、クーポンたくさんですごいです。本当に。ページ構成はレストラン/居酒屋などが半分位、ヘアサロンとか、ショップとか美容関連があと半分。まあ言ってみればほとんど広告な雑誌です。

もう1冊。この千葉西部と江戸川版、って江戸川は東京だろうよ!! しかも銀座版に比べたら薄い120ページ、うーん。まあ仕方ないのかな。さらに!! 江戸川区のレストラン/居酒屋情報はわずか3ページって、少なすぎでしょー。なんだかな、って感じです。

ちょっと他の地域版も気になります。

2006年07月05日

今日は早起き

今日は朝5時ほどに目が覚めて、ワールドカップ ドイツ vs イタリア戦もやっているなあと思い、とりあえずそのまま起きてテレビ観戦しておりました。ちょうど見始めたのは試合の後半からで、まあそれは双方ともに鉄壁の守りと言うか、点数はいらないなあと思いながら見ていました。

そしたらその途中で、突然北朝鮮のミサイル発射のニュースが!! なんか凄い事になってきたなあと、思っていました。

そんな事思いつつ、試合の方は前後半90分では決まらず、延長戦に突入。

そしたら!!

さすがはNHK、ニュースを優先させて、ワールドカップの放映は3チャンネル、NHK教育へと切り替えて放送し始めました。 まるで夏の甲子園の放送のようです。きっと録画していた人は...

2006年07月04日

Hot Pepperのキャンペーン

最近、Hot PepperのCMにSMAPが出演していて、元は無料で配っているクーポンマガジンなのに凄いなーとは思っていたのですが、最近のインターネットでのキャンペーンが気になって仕方ありません。

実際のところはHot Pepperのサイトを見ていただくとして、ページを閲覧して、規定のマークをクリックすると商品プレゼントへの応募が出来るようになる(要メルマガ登録っぽいです)そうです。

で、ちょっと凄いなーと思ったのがその景品。こちらのページに詳細があります。

 木村拓哉賞…富士通のデスクトップを1名様に
 中居正広賞…日清どんべえ1年分を10名様に
 稲垣吾郎賞…明治アーモンドチョコレート1年分を5名様に
 草なぎ剛賞…トヨタレンタカー プリウス1泊2日レンタル権を10名様に
 香取慎吾賞…シャープアクオスを2名様に
 PC限定SMAP賞…NTT東日本 光る電話機を10名様に
 携帯限定SMAP賞…資生堂TSUBAKI 3点セットを100名様に

ってな具合で、全部SMAP関連のCM商品ばっかりじゃん!! この企画考えた人すげー、と思ったし、これを採用しちゃったHot Pepperもすげー。どんな経緯かは分かりませんが、ちょっと感動しました。

ちなみにこのページに使われている、QRコード、SMAPそれぞれの顔が描かれておりますが、こんな事も出来るんですね。すげー。

2006年07月01日

ちょっと変更します

今までなんとか毎日ブログを書く努力をしてきたのですが、この毎日というのが曲者で、書きたくないときにも無理矢理内容を考えたり、そんな感じで書いてました。それでも自分に対してのノルマだと思っていたので、なんとかこなしては来たのですが。

ここのところ、あまりにも書けない事が多い!書く事にとらわれすぎて、自分の時間が持てない!いろんな事に影響してしまう、という悪い循環が続いていました。正直、負担です(笑)本気で毎日充実した文章のかける人って凄いと思います。

そこでとりあえず、「毎日書く」ということは一旦やめにして、書けるときに書きたい事を書く、というスタンスに切り替えます。とにかく毎日更新は、やろうと思えば出来るという事は分かったので。

なーんて書いていて、やっぱり毎日書くかもしれないし、週1回になってしまうかもしれないし、全くやめてしまうかもしれません。それもまた自分の選択だなあとは思います。それでも、そこそこ充実した文章を書く事、読んでもらえるような内容にする事、自分への負担が大きくなりすぎない事を考えると、現時点では良い選択なのだと思います。

これからもよろしくお願いします。

2006年06月29日

JR金町駅にて

kanamachieki.jpg

移動でJR金町駅に寄ったときのこと。階段の途中やけに変なところに手すりがあるなあと思ってみてみたら、その先にはエレベータが設置してありました。ちょっと写真だと部分的すぎて分かりにくいかもしれませんが、エレベーター分確実に階段が狭くなっています。

うーん、確かにエレベーターが設置されて上り下りが不自由な方には便利になっているとは思うのですが、ちょっと階段を使う側にとっては階段がかなり狭くなっているので不便かも...

もうちょっと違う設置方法無かったのかなぁと思う次第。

2006年06月25日

辞書を処分する

最近、本棚が一杯になってしまって、まとめてBOOK OFFに持って行ったりしております。

その中で場所を取りつつあまり使わなくなってしまった辞書を処分しました。漢和辞典、国語辞書、英英辞書などで、本当に最近使っていないんですよね。確かにあった方が良いのかなとは思うのですが、だいたい使う時には電子辞書を使ってしまうので、こっちの方が便利なんですよねー。

パソコンが立ち上がっていれば、検索サイトで調べるっていう手段もあるんでしょうけど、やっぱり手軽さは電子辞書が一番でしょう。

ただし、ついこの前買った「常用字解」だけは手放さず。って、この辞書は普通の漢和辞典とは全然意味合いが違うので、代用にはならないんですけど。

2006年06月23日

ワールドカップ 日本代表

とりあえず、日本代表の皆様お疲れ様でした。今後いろんなところでいろんな意見や検討がされていくでしょうけど、今日の所はゆっくり休んで欲しいものです。

それと応援に現地に行った皆様、特に0泊2日の弾丸ツアーの方々や、明け方の埼玉スタジアムで応援していた方だってご苦労様という感じです。

自分も見ました。朝3時起き。6時まで見て寝てしまいましたが。まあその後はちょっと体動かすのが大変でしたが。

試合の内容や今後の監督選びやらなにやらは、これからの話題として、とりあえず、大空翼の出現を望む!!

2006年06月20日

「焦るとろくな事がない」

最近の自分のテーマです。

だいたい、焦って何かをしようとしている時って、考え無しになっているというか、周りが見えなくなっているというか、自己中心的というか。焦らずにきちんと考えて行動すれば、それほど時間がかからずに済む話でも、焦ったがために、かえって周りと自分に被害を及ぼしてしまったり。

最近色々あって、焦りとの戦いな面もありますし、その割にぼーっとしているところも多いので、本当によろしくないです。もっと自分を省みつつ、前に進まないと。

日々、勉強です。

2006年06月17日

パンダ1日飼育体験ツアー

JTBが放つ今夏の目玉、大手初の「パンダ1日飼育体験ツアー」(Narinari.com)

ベッキーがパンダの子供達を飼育する番組がありましたけど、そんなパンダに会ってみたいと思う人も多いはず。最近CMでもANAが中国旅行に力を入れていることが感じられますが、JTBでこんなツアーが。

[かわいいパンダの1日飼育体験!成都・臥龍4日間]
出発日:2006年7月1日〜9月30日までの毎日。
旅行代金:大人117,000〜149,000円/子供67,000〜99,000円
訪問場所:臥龍熊猫保護研究基地(臥龍パンダ保護研究センター)
主な特徴:パンダ飼育についての事前レクチャーを受ける
     パンダ小屋の清掃や餌やりが体験できる
     20頭以上のパンダを見ることができる
     体験終了後、センターより終了証明書が渡される
     別料金でパンダが入っている塀の中に入り触れられる(200〜800元)
     別料金でパンダと一緒に写真を撮ることができる(1人1,000元〜)

写真を撮るだけで、1000元=15000円ということですから、かなり、いやすげー高いんですけど、日本ではかなえることが難しいのですから、ある程度は仕方がないのかも。家族で旅行して、子供とパンダで撮影させてなーんてやっても、結構な費用っぽいです。う〜ん。

ぜひパンダに会ってみたい方はいかがでしょうか。

2006年06月16日

官製「検索エンジン」?

「Google独占にはさせない」--国産検索エンジン開発へ、産学官が一致団結(Cnet Japan)

検索エンジンといって、真っ先に思い浮かぶのはどんな企業だろう。検索の王者であるGoogleや対抗するYahoo!、Microsoftなど、大手はほとんど米国企業であるのが現状だ。ここに危機感を抱いた経済産業省が、産学を巻き込んだ一大プロジェクトを始動させる。

 プロジェクトの名前は「情報大航海プロジェクト・コンソーシアム」。7月設立予定で、国産の情報検索・解析エンジンを開発する。日立製作所やNEC、富士通といった企業のほか、早稲田大学や東京大学などの38団体が参加する。3〜5年後の実用化を目指す。

まあ産学官共同のプロジェクトということですし、「官製」というのとはちょっと違うとは思います。大手企業や大学も参加するそうですから、きっと良いものが出来るのでしょう(棒読み)

ただ、どうなんだろうね、と。お金かけるのはまあいいんですけど、3〜5年後の実用化って、雰囲気として時間がかかりすぎな気もしますが、そんなもんですか?なんか画期的なシステムって、一握りのすっげー天才から突然生まれるきがするのですけど。。。

まあ、3次元CAD/CAMの「CATIA」は、フランス政府が支援して開発されたものだと聞いたことがありますし、そういう道もきっとあるんでしょうね。

2006年06月15日

雨の銀座

ginza_rainy.jpg

今日はちょっと銀座へ出かけました。JR有楽町の駅から三越の方へ向かう途中で、やたら雨が強くなってきました。とりあえず地下鉄への入り口から雨をよけるために入ってみました。

その後、松坂屋のこの入り口から出てきました。これで、有楽町の駅まで地下で繋がっていれば、帰りも濡れずに移動できるのになあと思いつつ。

雨の日の移動は面倒ですね。。。

2006年06月14日

ExpressCard/34スロット

MacBook ProにはPCMCIAのスロットに代わって、ExpressCard/34のスロットが付いています。拡張性はあるはずなのですが、今のところあんまり対応しているカードが出ておりません。パラレルインターフェイスよりも高速なシリアルインターフェイスを採用しているそうで、性能的には良さそうなんですが。


ExpressCard/34の規格自体は2003年位に出ている
ようで、実際の所、対応しているカードがいくつか出てきているようです。まあ、Windows版の話ですけど。特に最近、SATAのハードディスクが良いなあ(RAIDならより良し)と思っているところで、ラトックシステムから出ているのですが、今のところMacには対応していないとのこと...

まあとりあえずSATAのRAIDで、となると結構な金額になってしまいますし、今のところ買えそうもありませんから、いいんですけどね...

2006年06月13日

お休み

今日は、考えるところがあって、更新はお休みです。っていうエントリー。

決してオーストラリア戦のショックから立ち直ってないからではないです。

今日は早めにおやすみなさい。。。

2006年06月12日

製造者責任。。。

シンドラーエレベータ社長、事故後初の会見で陳謝(Yahoo!News)
シンドラー社製3基に1基が誤作動 広島市発表(asahi.com)
事故エレベーターを再稼動させ検証 警視庁(asahi.com)

エレベーターでの死亡事故以来、製造元のメーカーの対応が遅かったこともあって、製造元がかなりマスコミにたたかれている感じもします。公平性を期すために、シンドラーエレベーターへのリンクも追加しておきます。

製造者責任とかPL法とかについては全く知識はないのですが、もちろん製造者責任ということを考えると、シンドラーエレベーター社に責任はあるのだろうなあと思います。ただ、14ヶ月ほどは他のメンテナンス会社2社が管理をしていて、引き継ぎもされず、しかも管理はずさんだったという報道もあったりしますので、全部製造者が悪いとは限らないのだろうなあと思います。ただ、シンドラー社が管理しているエレベーターでも不具合が出ているそうなので、その辺も解明していただきたい所です。

これを車だったらと考えてみると。

ヨーロッパのメーカーの車って、適度にメンテナンスをしながら長持ちさせるというイメージがあります。日本のメーカーの車だと結構壊れないというか壊れにくいイメージがあるので、車検の時にメンテナンスすればいいという感じでしょうか。自分の勝手な思いこみかも知れませんが、製品を買った後のメンテナンスという面で、お国柄というか考え方の差があるんじゃないかなあと。

とにかくきっちり原因を解明して、きちんと対応をしていって欲しいと思います。

2006年06月07日

ハイビジョン

最近ビデオカメラのことを調べていて分かったのですが、きっと世の中的には常識かも知れませんし、自分がすっかり世の中の技術から送れてしまっているなあと感じたこと。

ハイビジョンの映像って、DVDにはそのままは保存できないんですね。

ハイビジョン対応のHDD/DVDレコーダーとかありますけど、DVDの方にはハイビジョン方式では保存できないのが普通で、次世代のHD DVDとかブルーレイとかで、その辺が解決するんだという、、、自分の認識です。合ってます?

ハイビジョン放送をフルスペックで観て、録画して、保存して、撮影して、編集して、なーんてことをトータルで行おうとしたら、今の手元にある仕組み(装置)のほとんどは新しいものにしなくてはならないんですね。まあ、いまだにVHSビデオデッキのみのものとしては、その辺は随時対応していくのがいいのかなあとは思っておりますが。

で、これと地上波デジタルとはどういう関係が?一緒? 2011年までしか使えないっってこと?

結局ちゃんと理解していないわけですが(笑)

2006年06月05日

らっきょう

今年も泥付きの生らっきょうがスーパーとかに出回る季節になりました。ちょうど2年前にもらっきょうを漬けたことを書きましたけど、昨日のじかんがあるときに1kgほど漬けました。今日もスーパーで安い徳島産のらっきょうを見つけたので、ゲットしてきました。あ、空き瓶も買いに行かなくては。

作業中、奥様曰く「部屋が土手臭い」とのこと。土の香りと、らっきょうの香りが、そう感じさせるのでしょうか。

とりあえず、去年漬けた分もまだ残っていたりもするので、順々に食べていきたいと思います。最近は血液さらさらになる食べ物としてもいいみたいですし。

2006年06月03日

駅ナカ 西船橋駅「Dila西船橋」

DI000NFB_rogo.gif

ここのところ、JR西船橋駅で乗り換えることがあるのですが、いつも通過するだけで、どんなお店があるのかは全く知りませんでした。今日はちょっと帰りがけに時間があったので、駅構内を散歩してみました。

西船橋駅の中は、いま流行りの「駅ナカ」となっていて、色々とおしゃれなお店があり、改札を出なくても食事を楽しんだり、おみやげを買ったり、なんて書くと「ちょっと前から上野駅とかはそうだったじゃん」とか言われちゃいそうですけど、こじんまりとしながらも、おしゃれで面白そうなお店が並んでいます。

特に、Soup Stock Tokyo「トーキョー ルー」というお店からカレーの香りが漂っていて、お腹が空いていればぜひ食べてみたかったなあ。ちょうど食べた後だったんですよねぇ。その隣にあった輸入食品のお店「カルディコーヒーファーム」では、その場でコーヒー豆を挽いてくれるようで、こちらもまた良い香りがしていました。とりあえずこちらで、ちょっと見たことのない地ビールっぽいビールをゲット。

乗り継ぎで時間が余ったときにはまた寄ってみようと思いますね。

千葉県船橋市西船4丁目27番7号

2006年05月31日

モスバーガー

久しぶりにモスチーズバーガーが食べたくなったので、近所(といってもちょっと離れているんですけど)のモスバーガーに行ってみまし...

なんか改装しているんですけど...「オープン延期」とか書いてあったので、新しいモスバーガーのテンポにでもなるのかなと思ってみたのですが、それにしても「モスバーガー」とは書いていないんですよね。

モスバーガーのホームページで店舗検索を行ったところ、確かに無くなっているんですよねぇ。近所のモスバーガー。この近所にはフレッシュネスバーガーも無いし、たまにバーガー類が食べたくなったときに行くところが、もはやケンタッキーフライドチキンしかなくなってしまった模様(マクドナルドはちょっと...)

なんだかますます不便になった気分です...

2006年05月29日

J-waveが毎日12時間、ネットラジオで生放送

毎日12時間“生放送”−FM局「J−WAVE」がネットラジオ(SANSPO.COM)

東京のFM局J−WAVEは29日、インターネットラジオ「ブランニューJ」の実験サービスを始めた。毎日12時間は“生放送”で、同局は「日本初の本格的な音楽専門ネットラジオ」としている。

ダウンロードできないストリーミング方式で、毎日午前10時から午後10時まで、同局のFM番組のDJらがポピュラー音楽の新曲を中心に世界へ向けオンエア。残る時間帯は同内容をリピートする。聴取は無料だが、CMが入る。10月の正式開局を目指す。

J-WAVEは結構好きなのですが、ネットラジオとして聴けるのであれば、さらに面白さがでてくるかも。とりあえず、仕事しながらだとマシンの方に相当パワーが必要な気もしますが。とりあえず、番組は通常のラジオ放送と同じものでもいいです。聴きますよ〜。と思ったら、Macintosh非対応!! ぎゃふん!! Windows Media Player 10対応だそうです。Mac用は確か開発されないはずなので、iTunesで聴けるようにして欲しいですねぇ。

そのJ-WAVE Brandnewのページへのリンクも付けておきますね。

2006年05月24日

埼玉高速鉄道 鳩ヶ谷駅

昨日は、埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅まで移動。

いつも思うのだけれど、埼玉高速鉄道、初乗り料金高すぎ(笑)210円って...。しかも東京メトロ南北線と乗り換え無しで連結しているのが、自分にとっては余計に高く感じてしまいます。それはともかく。

鳩ヶ谷駅のホームは地下2階。地上の施設は鳩ヶ谷市市民センター「Dove」というところだそうで、地下1階には住民票などが取れる窓口があり、地上2階は多目的ホールや会議室などがあります。まあちょうど火曜日、平日ということもあって、稼働率はそれほどでもなさそうでした。

ちょっと時間があったので、2階で休憩。後で調べたらインターネットが無料で体験できる「マルチメディアコーナー」なんてのがあったらしい。使ってみれば良かった...

埼玉県鳩ヶ谷市大字里1650-1

2006年05月21日

新しい焼きそばパン対決

pan_people.jpg

今朝フジテレビで『おすピー&ロンブーの起きなさいよッ!!』を観ていたら、新しい焼きそばパン対決で、よく行くパン屋さんが出ていてびっくり!!

「かた焼きそばパン」を作るも、相手が「おかしな焼きそばパン」という黒蜜やフルーツで作った甘い焼きそばに残念ながら負けてしまっていました。

で、今日から1週間、午後1時から限定50個で「かた焼きそばパン」を売るというので、速攻で並んで....とも思ったのですが、並ぶのもなんですし、なによりお腹が空いて1時まで待てそうにないので、とりあえず早めに行って普通にパンを買ってきました。お店の前にはスタッフの方らしき人が、行列の先頭はここです、といった感じで立っておりました。しかし、1時間近く早く行ったので、さすがに並んでいる人はほとんどいませんでした。その代わりお店の中はいつも通り混雑しており、番組のポスターなんかも張ってありましたよ。

実際の所、買って食べていないので何とも言えませんが、1週間あるので、タイミングが合えば買ってみようと思ってます。

ここのパンは何でも結構おいしいのですが、その中でも「BLTサンド」と「コロッケパン」、お店の名物「焼きそばパン」がお薦めですよ。

小麦工房 ぴーぷる 本店
35/42/44.422,139/52/21.701

2006年05月18日

マクドナルド

mcdonalds.jpg

昨日、東武伊勢崎線の五反野駅に降りたときに駅前で見かけた風景です。マクドナルドの外観ってこんなにシックというかシンプルでしたっけ?大きなMの字のロゴマークも見あたりませんでした。見落としたかな?

最近、コーポレートカラーよりも町の景観などを優先するような事も聞きます。マクドナルドのサイトを見てみたら、つい最近オープンしたばかりのお店のようです。

35/45/48.100,139/48/44.697

2006年05月15日

「ソフトバンクモバイル」

新ブランドは「ソフトバンクモバイル」に asahi.com

ソフトバンクが買収したボーダーフォンの新しいブランド名が「ソフトバンクモバイル」に決まったそうです。先日AppleとiPodの携帯電話版で提携したニュースも出ておりました(その後、否定もされている感じですが)が、面白いことになってくるのかも知れません。

と思うのは、ユーザーではない人の話かも知れません。

J-phoneの頃からずーっと使っている人は、自分が買い換えたわけでもないのにそんなにコロコロ社名が変わっても困るのではないかと。特にメールアドレスの変更が必要だとしたら面倒だなあと。どうなんでしょうか>ユーザーの方

そういえば、DDIもだいぶ前にWillcomに変わりましたけど、メールアドレスの変更とかはありませんでしたね。あんまり関係ないのかな?

2006年05月13日

東京メトロ有楽町線 池袋駅

本日は池袋駅の西側の方まで行ってきました。

池袋駅周辺もお店が多く、また大きな本屋さんも何店舗もあって良いのですが、何せ慣れていないせいか駅の地下にはいるとちょっと迷子っぽくなります。普段はそれほど迷わないのですが、池袋駅の地下は本当に迷いそうになります。それがまた面白かったりするんですが。

地下鉄に乗る車両の位置にも依ると思いますが、池袋駅の西側に行くときには、東京メトロ有楽町線で降りると、ちょうど東武百貨店とメトロポリタンプラザの入り口辺りに到着して便利です。明日が母の日ということで、今日は花を販売するワゴンなども並んでいましたね。

というわけで、本屋さんに立ち寄りつつ、本日はXoops解説本を1冊ゲット。

35/43/34.782,139/42/47.717

2006年05月12日

ハイウェイカードの払い戻し

先日、机の引き出しから、ハイウェイカードが出てきました。まだ6千円以上残っていたのですが、なにせハイウェイカードが利用出来なくなっていましたし、第一クルマを処分してしまったので、高速道路を利用する機会もほとんどありません。

というわけで、ドラなびのハイウェイカードのページを参照しながら、払い戻しの手続きをしました。窓口まで行くのは面倒でしたので、郵送で手続きをしました。ETCを使っている方は、ETCの前払い分に付け替えることが出来るそうです。

払い戻しの方法は様式のPDFをプリントアウトして、必要事項に書き込んで、受取人払いで書留で郵送するだけです。販売価額と券面金額が違うので、若干目減りします(計算方法はサイトを参考に)、約3週間ほどで銀行口座に払い戻し分が振り込まれます。振り込まれたかどうかは、郵送で連絡が来ましたよ。

しかしまぁ、書留代とか、連絡の郵送代、銀行の振込手数料など、高速道路株式会社(この言い方慣れない...)
のほうにはかなりコストかかってますねー。仕方ないんでしょうけど。

2006年05月06日

ホワイト餃子

whitegyoza.jpg

先週あたりから餃子を食べたい衝動に駆られておりまして、今まで行ったことはなかったんですけど、ちょっと噂で聞いたホワイト餃子の持ち帰り用を買いにいきました。結構人気があるようで、お店の方はかなり混雑していました。

写真は、ちょっと食べ始めてから撮影したので1個足りません(笑)1人前は10個入り。皮はちょっと厚めで食べでがある感じです。普段食べている餃子とはちょっと違いますね。結構おいしいですよ。

東京都江戸川区西小岩3-11-19

2006年04月27日

交通博物館

kotsy_museum.jpg

秋葉原の万世橋近くにある交通博物館が、今年5月14日にいったん閉館して、さいたま市の方に移転するそうで、とりあえず移転前に見ておこうということで行って参りました。

午後2時くらいに行ったのですが、平日だというのにえらい込み具合!! 家族連れ、定年後と思われる夫婦、スーツ姿の人等々、本当に多いんですよ。この調子でゴールデンウィークになったら、入場制限でもするんじゃないかな?という勢い。

実は期間限定、人数限定で旧万世橋駅の構内を見られるツアーというのもあって、それも行ってみたかったのですが、当然定員オーバー。まあそれは仕方ないとして。

中は交通博物館とはいえ、大半は鉄道関連の展示です。C57の現物もさることながら、本当に初期の機関車なども展示されていて、とてもいい感じです。クルマと船、飛行機関連の展示もありますが、やはり鉄道関連が凄いですね。ただ、施設としてはちょっと狭いところにギュウギュウにおさめている感じも有り、移転も仕方が無いのかなあと思います。

それ以上に、この交通博物館の施設自体が昭和11年の建物というところが、感動的に凄いです。この建物は取り壊しちゃうんですかねぇ。だとしたらもったいないなぁ。

2006年04月26日

東京都現代美術館

tokyo_gendai.jpg

今日はちょっと用事があって出掛けていました。ついでに寄り道をして東京都現代美術館へ行きました。ちょうど何かの特別展をやっていたのですが、まああまり興味も無く、建物の中でちょっと休憩をしておりました。

ちょっと中をうろうろしていたら、図書館があるのを発見。もちろん美術に関する図書を所蔵している図書館なのですが、誰でも利用できるようでしたので、さっと筆記用具だけ持って(荷物は持ち込み不可なので、ロッカーに入れて)利用してみました。

有名な芸術家の本もたくさん有るのですが、自分が興味を持ったのは、印刷物のデザインなどをまとめた本で、通常買うと1冊が15000円ほどしてとても高い本のシリーズなのですが、それが何冊も自由に読めるのがとても助かりました。最近ちょっとデザインに行き詰まっていたので、その辺のヒントをいろいろと手に入れてきました。平日なのも会って非常にすいていたし静かだし、これで近所にあったら週3回は来たいくらい。そうはいきませんが。

近所の区立図書館では確かめてないですけど、同じくらいいい本(ヒントとして使える本)が有ると助かるんですけどねぇ。

東京都江東区三好4-1-1

2006年04月13日

NHKドイツ語講座(テレビ)

たまたま先ほど、NHKドイツ語講座を観ておりまして、中山エミリちゃんが出ておりました。

今年はドイツでワールドカップということもあって、サッカーネタや旅行の時に使えるドイツ語なども主力の内容のようです。

で、最後のコーナーはなぜか、「ジンギスカンを歌おう」のコーナーでした。ジンギスカンって、いつの歌よ!! 確かに日本でとても有名なドイツ語の歌の1つですけど、かれこれ20年以上も前の歌についていける若者がどれだけいるのか。

とも思いますが、最近は「モスカウ」がネットで流行ったりもしていたので、意外にNHKの狙い通りなのかも...

2006年04月01日

エイプリルフール

すっかり乗り遅れてしまったわけですが。

第一、嘘を付いて良い日なんてあっていいはずがない!と逆ギレしてみる。

個人的にはまぐまぐのエイプリルフールページが好きでした。

2006年03月28日

もうそろそろいいんじゃないかと

テレビを観ていると時々「もうそろそろいいんじゃないかと」と思うことがあります。

最近は、トリノオリンピックで唯一の金メダリスト 荒川さんの仙台パレード。いや、いいんですよ、パレードは。荒川さんもまんざらではない感じでしたし。

ただ沿道のおばさんにインタビューをしていた時に、「もしかしたらここでイナバウアーするかもしれないから」って。

しないよ!お笑い芸人じゃないんだから!

なんか、ほとぼりが冷めるまでは、大変そうです。まあその後のある程度約束されたプロとしての生活もあるわけですから、しかたないのかな?

2006年03月26日

フィギュア世界選手権 村主選手2位

本日女子フィギュアのフリーの演技が行われて、村主選手が2位、個人的に期待の中野選手は5位、優勝はアメリカのマイズナー選手でした

とりあえず、テレビ放送前に順位を知ってしまったのもあるのですが、放送見逃してしまいました...

ちょっと残念...

2006年03月25日

フィギュアスケート世界選手権

今シーズンのスケートももう最後のようなので、フィギュアスケート世界選手権にも触れておきたいと思います。

今回の世界選手権、女子の参加は、村主さん、恩田さん、中野さんの3人。そういえば金メダリストの荒川さんは西武球場で始球式をしてましたね。

ショートプログラムが終わって村主さん2位、中野さん4位。なかなかの好位置ですが、トップのトリノ銀メダリスト、サーシャ・コーエンが相当良い点数だったので、逆転は難しいかなー。

とりあえず今回は村主さんも良いのですが、惜しくもオリンピックの選考からは漏れてしまった中野さんを応援します。ぜひトリプルアクセルを炸裂させてほしいものです。

2006年03月23日

World Baseball Classic

チーム日本の優勝から、選手は大変な時間を過ごしつつインタビューを受けて、成田まで戻ってきて(1000人のお出迎え!)その後またインタビューを受けて、一部の選手は羽田まで移動して、他の選手に合流して、ペナントレースへと突入すると聞きました。ご苦労様です。今は優勝の余韻で元気かも知れませんが、プツッと切れないように頑張って欲しいものです。

優勝したのもありますが、これほどまでに野球がちゃんと試合で注目されているのも久しぶり何じゃないでしょうか。

というか、良い試合であればみんな見るし、そういう人は一杯いる、という印象を受けました。

自分も準決勝、決勝を見ましたが、本当に久しぶりに野球を見ていた気がしますし。

この流れが今後も持続できるような「何か」があるといいんでしょうけどねぇ。

2006年03月21日

WBC日本優勝!!

やったね、日本優勝、王ジャパンおめでとうございます!!

とりあえず今日はどうしても出かけなければならない用事(日帰り帰郷)があったので、その出先で途中から見ておりました。かなりはらはらしたし、6−5になった時は、キューバの勢いからしても相当に厳しいなあと思っていたのですが、9回に追加点を入れて何とか持ちこたえましたね。

準決勝の韓国戦も含めて、こんなにちゃんと野球をテレビ観戦したのは久しぶりですね。やっぱりかかっているモノが大きいからでしょうか。普段のプロ野球がこんなに楽しめるのかどうかは分かりませんが...

一緒に見ていた実家のばあちゃん(御年86歳)が、ベンチの松坂が映った時に、「この人、松坂だろ」ってちゃんと知っていたのには驚きました。普段NHKしか見ていないと思うのに、よく知っているなぁと、感心。

2006年03月10日

在宅ワーカーの服装

およそ1割の在宅勤務者は裸で仕事をしている 米国会社調べ(ABC振興会)

カリフォルニア州に拠点を置く会社が、全世界の在宅勤務者を対象に調査を行ったところ、およそ10%の在宅勤務者は何も洋服を着ずに仕事をしていることが明らかになった。
(中略)
この調査は941人のカリフォルニア州を本拠地にするインターネットセキュリティとビジネスソリューションの統合サービスを提供する会社が、自社の恵沢パソコンなどを使っての社外勤務者を対象に調査をした結果。

果たしてどんな調査だったのかが気になりますが、仮に本当だったとして、裸で仕事をするってどんな気分なんでしょうね。とっても落ち着かない気がするんですけど。

もちろん在宅ワーカーですから、どんな格好していようが構わないし、仕事がしやすいと思う本人の自由でしょう。裸の方が仕事がはかどるのであれば、その方が良いでしょうし(笑)

とりあえず、映像付きのチャットをする時には洋服を着た方が良いような気が...

2006年02月21日

女子フィギュア(トリノ)

現時点までメダル無し、選手よりもJOCやテレビ局がやたら焦っているような気もするオリンピックですが、今日は女子フィギュアスケート、村主、荒川、安藤の3選手が出場ですよ。もうここまで来たら、誰か一人でも良いからメダルー! とテレビ局辺りでは騒ぎそうな気もしますけど。

ま、とりあえず今日はショートプログラムなので、まだ順位が確定するわけではないですけど、それよりどんな良い演技をしてくれるのかが、気になるところです。

でも。。。眠いのでとりあえず寝てしまいますけど。今回のオリンピック、メダルうんぬんより、放送時間、特に決勝とか最後の大詰めの競技が明け方近いのが、何ともネックな気が。

自分の予想では、日本人の中では村主さんが最上位ということです。

2006年02月07日

コンビニが停電

今日、帰り道に寄ったコンビニでちょっと物色をしていたら、

突然停電しました。

面白いですね、もう夜だったので、外は暗いんですけど、電気の消えたコンビニの中で非常灯とレジだけはちゃんと電気がついているんですね。非常灯はともかく、レジはやっぱり非常時でも使えるようになっていました。たとえば大地震などで停電になったとしても、ある程度の時間はレジは稼働するんでしょうね。

とはいえ、ここは平時の東京。店員さんがいろいろ見て回っていて、そのうち電気が復旧しておりました。まあ、あんまり長時間にわたってしまうと、冷凍食品とか、アイスとか生鮮品とか、しゃれにならなくなってしまうでしょうから。

ああいったレジって電気供給なしでどのくらい使えるんでしょうねぇ。ノートパソコンみたいな感じなのか、もしかして本格的なUPS(無停電電源装置)とかが設置されているんでしょうかね。

2006年02月03日

キリン淡麗グリーンラベル

キリン淡麗グリーンラベルのCMを観ていて思ったんですけど。

これはドリフターズって言うこと?

とりあえず、長さんと仲本工事風な人が似ている気がする。

2006年02月01日

花粉の多い季節も間近です

やたら春っぽい暖かい日が続いたと思ったら、今日は雨で、また寒くなったり暖かくなったりするのかなぁとおもって...

とか考えていたら、すっかり春の花粉症対策を忘れておりました。先日やっとかかりつけの医院に行って、いつもの抗ヒスタミン剤などを処方してもらいました。一応、スギ花粉情報へのリンクを付けておきますね。

そういえば、去年の今頃に花粉に関するエントリーを書いたなと思ったら、去年の1月31日でした。気になりだしたのは同じ位の時期だったのだなあと、妙なところで納得。

今年は症状が軽いと良いのですが...とはいえ、特に対策をしているわけではないのですが。

2006年01月30日

モスバーガー

spicy_mos_cheese.jpg


昨日久しぶりにモスバーガーに行って、スパイシーモスチーズバーガー他もろもろをテイクアウト。というか、最近バーガー類ってモスバーガーに限らず滅多に食べなくなりましたね、年のせい?

それはともかく。久しぶりなのもあってとてもおいしく感じたのと、普通のバーガーだけでなく、菜摘フォカッチャライスバーガーホットドックなどなど、あまりのメニューの多さに、初めから何を食べるか決めておかなかったら、絶対に迷うな〜、と思いました。実際、次回買いに行ったら何食べようと思うと、すでに悩んでいたりしますが。自宅や会社からは結構離れたところにしか店舗がないので、簡単には買えないこともちょうど良い間隔なのかも知れません。

とりあえず、スパイシーモスチーズバーガーは久しぶりに食べたら、思ったよりスパイシーでした。味覚変わったかな?

2006年01月19日

遠くからはるばると?

本日は上野で友人二人と飲み会。行ったのは前回と同じ上野駅構内のアイリッシュパブです。なぜならば、交通の便がとても良いのがポイント

二人の自宅は、一人が栃木、一人がサンフランシスコ(今は日本に滞在中)。規模は違うけど、どっちもかなり遠いぞ。(笑)

一応都内在住、職住近接の私としては、上野ですら遠いと感じてしまうのに!

単純に凄いと思います。まじで。飲んで帰る電車の混雑ですら苦痛です。

2006年01月15日

本日はピザです

pizza.jpg

本日のお昼はピザでした。ちゃんと生地から作ってるんですよ、うちの奥さんが。生地を作る行程はパンの生地を作るのと混ぜるモノが若干違うだけで、混ぜたり発酵させたりするのは同じようです。

私の担当は、生地を混ぜる(マシンで)のと、具を並べるのと、オーブンレンジで焼けるのを見物する係でした。何にもしていないようでまあそれなりに(笑)

ちょっと生地がふっくらしましたが、結構食べでがあっておいしかったですよ。ちょっと二人で食べるには量が多すぎたかも知れませんが、残った分は明日の朝食と言うことで。

またこの生地を混ぜるマシンがかなり秀逸なのですが、とりあえずその話はまた後で書きます。

2006年01月05日

仕事始め

さーて、年末年始でたっぷり休んで、今日から仕事だー。という方も多いでしょうし、休みを利用して国内外の旅行に行かれた方もいたのではないでしょうか。

というわけで年末年始の間ずーっと夫婦で風邪を引いていて、何とか仕事始めまでに少し回復したという程度の私&奥さんにとっては、もう何が休みだったんだか、さっぱりわかりません。恒例の近所の神社への初詣も行けない位で。

今年の目標、「体力増強、風邪に負けない体作り」かもしれません...

週末の休みが待ちどうしくて仕方ありません。

2006年01月01日

あけましておめでとう!

osechi.jpg

今年もよろしくお願いします。

というわけで、今年はおせちを用意してすっかり引きこもりくつろいでおります。元日からこう寒いと出歩く気も起きないというわけで。ちょっと買い物には行きましたが。

元日でも近所のスーパーはやってますし、普通にお弁当なども売っておりました。年越しそばと思われるそばの袋が半額シールですっかり暴落しておりました。うん、1日違いで大違いですね。

夜はウィーンフィルのニューイヤーコンサートを聴きつつ、荘厳な雰囲気を味わい、ゆっくりとした1日を過ごしました。

今年もまだ続けていきたいと思います。

2005年12月31日

年の瀬〜

さて今年も後1時間強となって参りました。テレビでは、紅白やお笑いや格闘技やUFOなんかをやっておりますが、もうすぐ年越しです。

我が家でも年越しそばを食べて、おせちを買って、準備万端。案外、伊達巻きとか、栗きんとんってこの時期の味だなあと(それ以外の時期にはあんまり食べないなあと)思うわけです。

皆様、今年も私のサイトを御覧頂きありがとうございました。来年も続けられるだけ続けていきたいと思っております。が、以前にも書きましたが、ちょっと移転も考えておりますので、その時はまたお知らせします。

それではよいお年を〜。

2005年12月29日

手帳を切り替えて

毎年手帳を切り替える時に、お客さんの住所なども併せて古い手帳から新しい手帳へと書き写しております。とは行っても大した量ではないのですが、手間ではあります。

多分去年も同じ時期に手帳を切り替えたので、同じ気分だったのかも知れません。

いま見ると、かなり汚い字でちょっとへこむ位。相当面倒に思いながら書いたのかも。

ということで、今年はちょっと丁寧に書き写しました。本当は手帳の中身だけを切り替えるタイプのモノにする方が良いのかも知れませんが。

2005年12月28日

仕事納め

というわけで本日で仕事納め。たいがいのモノは片づけて、ついでに掃除をして、いらなくなった書類やプリントアウトなんかは捨てて。

明日から休みです。1月4日まで。

今のうちにやっておけることをやっておこうと思う、1週間。というか、年末年始というと時間経過が長くも感じるけど、1週間というとなんかそれほどでもないと感じてしまうのはなぜでしょう?

とりあえず、来年に向けての準備の1週間です。自分にとっては。

2005年12月26日

今年の流行

今日は昨日から引き続き体調不良のため、会社を半ドンであがって(限界でした)、かかりつけの病院に行ってきました。

「吐き気と下痢が凄いんですよー」といったら、どうやら今年の流行らしいです。流行性の胃腸炎だとか何だとか。とりあえず症状を抑える薬を処方してもらいました。3〜4日で落ち着いてくるようです。

とりあえず明日には復帰したい。。。。

2005年12月24日

フィギュアスケート全日本選手権

本日は女子シングルのショートプログラム。トリのオリンピックへの出場権もかかっているこの試合、3人の枠に世界戦レベルの選手が6人(ただしそのうち1人は年齢制限で出場可能性のない浅田選手)がひしめき合うという、なかなか見物な状況です。

で、ショートプログラムの結果は荒川選手が1位、村主選手が2位、いろんな意味で注目の浅田選手が3位という結果になりました。その後は4位が恩田選手、5位が中野選手、6位に安藤選手ということですが、6位の安藤選手まで転倒をする選手がいないし、ミスもほとんど無いという状態です。その辺もはっきり言って凄い気がします。

ショートプログラムよりも明日のフリーの演技の方が、得点が倍になって逆転の可能性もあるわけですが、ライバルのミスを待つしか逆転の道がないとしたら、下位の選手はちょっと厳しいのかなあとも思います。仮に安藤選手が4回転を決めたとしてもどこまで順位を上げられるのか...

とにかく、明日に注目です。それと、フジテレビの方が実況、解説が少なめで演技を楽しむ事が出来る放送で、ほっとしております。

2005年12月23日

Gっちゃん&U子さんおめでとう!!

geshi.jpg

本日は友人の結婚式、2次会にいってまいりまいた。ということで、メインは新郎バンドの演奏でした。今日はそのシーンを1枚。本当に、末永くお幸せに〜。

追記
本人よりクレームが来ましたので、写真を小さくして、イニシャル表記にしました。
とはいえ、写真はかなり本人が特定しにくいモノだとは思ったのですが(笑)

2005年12月22日

暴風雪と停電

昨日天気の話を書いたのですが、今日の方がさらにすごい、というか風の強くて寒い一日でした。新潟の方では、暴風雪が原因で大規模な停電もおきているそうです。

暴風雪ってことは風と雪が強いわけですが、それで停電になるのは?

理由がこちらにかいてありましたが、要するに送電線に雪が激しく当たり、風上側に雪がたまり、それが翼のような感じになって送電線が激しく縄跳びのように動いて、送電線同士が当たってショートしてしまうのだそうです。

それ以外にも、複数の原因が重なって起こっているそうですが、それにしてもこの寒い時じゃ送電線の復旧をさせるだけでも大変でしょう。

2005年12月18日

グランプリ・ファイナル(2)

グランプリ・ファイナルの女子フィギュア、フリーの演技を見ました。ビデオで

やっぱり浅田選手、凄いですね。さすがに1回の演技中にトリプルアクセル2回はやめたようですけど、それでもトリプルフリップを事も無げに決めてきたり、ほんとうに、凄い。2位のスルツカヤ選手もかなり良かったんですけど、今回は浅田選手が上回ったという判定でしたね。

3位になった中野選手はトリプルアクセルが失敗(回転が足りなくてダブルアクセル扱いだったようです)してましたけど良い演技でした。安藤選手は...最初の転倒で緊張の糸が切れた感じでしたね。3回の転倒はちょっと厳しい。

で、今回のグランプリ・ファイナルを見ていて分かったこと。テレビ朝日のアイススケートの放送、下手すぎ! NHKのほうがずっといいです。

まず、実況と解説が多すぎ。演技と音楽を組み合わせて見せる競技なんですから、それを実況と解説で潰してどうする?ジャンプの名前をいう位ならいいんですけど、経歴とかライバルの選手情報とか、直接関係ない情報入れなくて良いっていうの!

それと、カメラワーク下手すぎ。ジャンプする時にやたらと引きの画面にしていたり、ジャンプしている途中でカメラを切り替えたり、慣れていないというより、準備が出来ていない感じです。なのに、中野選手のドーナツスピンを撮るために上からのカメラを準備していたり、それもスピンの撮影タイミングを外していたり。

ただし良い点として、演技後のスロー再生とジャンプの名前をちゃんと組み合わせて見せていたところをあげておきます。6種類あるジャンプのうち、アクセル以外は見分けるのが慣れていないと難しいので、それがわかりやすかったのは良かったです。

とりあえずオリンピックのアイススケートの放送はNHKでお願いします。あ、あと、テレビ朝日、浅田選手にドラえもんを抱かせるのはどうなの?

2005年12月17日

やったね真央ちゃん!

グランプリ・ファイナル、女子フィギュアはショートプログラムに続いて、フリーでも浅田真央選手が1位!見事、新女王ですよ!

こんな大切な日に出先でテレビが見れないなんて!

というわけで、本日はPHSで更新しました。

あとで追記するかも

2005年12月16日

グランプリ・ファイナル

今日と明日はグランプリ・ファイナル。もちろんフィギュアスケートですよ。グランプリシリーズで上位6位までに入った選手によるNo1の決定戦です。

さっそく本日のショートプログラムでは、浅田真央選手がトップに立って、あしたのフリーの演技が楽しみです。2位は女王スルツカヤ選手、3位はCMでも人気の安藤美姫選手。4位は伏兵(?)中野友加里選手。

とりあえず明日の予想ですが、今日の順位のまま行くんじゃないかなあーと思っています。浅田選手はすごい。まだ動きにかわいらしさがあふれちゃってますけど、難しいジャンプをこともなげにバシバシ決めてくるのは、本当にかっこいいです。明日は本気でトリプルアクセルを2回決めてくるかも知れません。

頑張って欲しいのは中野選手です。動きもきれいで、特に着地の時のしなやかさはかなり良い感じです。これでトリプルアクセルが決まってくれば、もっと上位を狙えるかなぁ。

で、オリンピック代表は、多分中野選手、安藤選手、ファイナルには出てないけど荒川静香選手の3人かなぁ。浅田選手はやっぱり年齢制限でオリンピックには行けない、という結果になりそうな予感。不満はあるでしょうけど、そこはルールはルールということで。

で、男子は。。。高橋選手が代表選手かなぁ。まあいいか。

2005年12月13日

ここのところ寒いねー

冬なので寒くなるのは仕方ないとして、自転車通勤で一番困るのが、自分の場合は耳が冷え切ってしまうことなのです。手は手袋があるし、顔は仕方がないとして、耳の冷え具合は本当に厳しいです。

そういえば、小学生の頃「イヤーウォーマー」って、ヘッドホンのような形状のモノがあったなあと思いつつも、いまあんなのをしていたらよほどファッショナブルでない限り、結構厳しいだろうなあ。と思いながらも「イヤーウォーマー」でググッてみました

そしたら、ちょっと悪くない形や色のイヤーウォーマーも何点か発見。結構あるもんですね。あんまり派手な色ではなく、じゃまにならないならそれに越したことはありません。

今度見かけたら買おうっと。これで冬の自転車通勤も安心だ〜。

2005年12月10日

筆ペン

この季節になると、年賀状も書かねばなあと、思うわけですが、本当なら筆とかでさらさら〜っと書けるとかっこいいなあと思うのです、だいたいこの季節になると毎年(笑)

一応、本当に昔、小学生の時に書道教室とかに一時期通っていたのですが、まあ普段の生活には全くと言っていいほど生かされていないわけです。とりあえず筆ペンを手に取り、「小筆の使い方」といった感じの本を見ながら、ちょっと試してみるわけですが、まあとにかく自分の思っているようには動かずに、見本とは全く違うモノが出来上がるわけです。

本当に筆遣いのうまい人とか、字のうまい人とか、尊敬します。その影の努力とかにも、敬服します。そして、なんであの頃に続けておかなかったのかなぁと後悔。。。

ということで、筆ペンで試し書きしつつ、ため息。。。

2005年12月09日

大崎

今日はちょっとした忘年会でした。楽しい時間を過ごして、山手線内回りで帰るわけですが。

乗ったのは夜10時過ぎ。この時間、というか今日は金曜日。同じように飲んで帰る人、仕事が長引いている人などで結構混んでます。

と、大崎駅で前の山手線の電車が大崎終点だったようで、大崎ー品川間が激混み!普段満員電車なんて乗りませんから、「ぐえー」って感じです。で、品川でどどーっと人が降りて結構空きました。って、1区間なんだから、JRも考えて、品川終点にすれば、乗り換えとか楽なんでしょうねえ。もちろん、そうは簡単にはいかないんでしょうけど。

とりあえず、普段は満員電車に乗らないような仕事で良かったなあと、満員電車に乗るたびに思います。

2005年12月07日

車の傷が消えるとは

「洗車の傷、自然に消えます…日産とメーカー塗料開発 」

なんでも、4層に塗る塗料の最表面の塗装が弾力性があり、熱で塗料が柔らかくなることで擦り傷などが消えるのだそうです。原理は何となく分かります、なんだか形状記憶合金のようです。また、ちょっと違うんだと思いますが。

まあ、自分も決して運転がうまい方ではないので、こういう塗料ってありがたいというか面白いですね。まあ消えるのは本当に表面の擦り傷位でしょうから、へこませたりしたら、又別のお店に行く必要があるんでしょうけど(たとえば神田うのがCMしているような、ああいう所っていかがなもんでしょうか?)

とりあえず、ありがたさよりも、化学の進歩具合に驚きです。化学の世界から離れてだいぶ経つモノで...

2005年12月05日

東京プリンスホテル

topyoprince.jpg

昨日はちょいと所用で東京プリンスホテルに行ってきました。

プリンスホテルというと、ちょっと前に西武関連で話題になっていた位しか、あんまりイメージがなかったのですが。場所を知らなかったので事前に東京プリンスホテルのWebページを見ました。なんかちょっと一世代前の作りだなあと(トップページが延々縦にスクロールしたりとか、レストランの紹介ページは結構きびしい、このへんとか。良いページもあるんですが、統一感がいまいちというか)思って、実際にいってみたら中もちょっと雰囲気漂う感じでした。

場所は本当に東京タワーのすぐ下という感じで、都心なんですけど、いまいち電車だと行きづらかったり(多分車が止めやすいんだと思います)建物もちょっと年代物っぽいですが、中に入って、会場の天井も、最近の同じような施設に比べたら若干低く、一世代前なんだなあという感じで、まあ悪くはないんですけど。

親戚の結婚式で鎌倉(江ノ島?)のプリンスホテルに行った時には、結構きれいで良いところだったのですが、場所によって、建てられた時期によって結構違うんですかねえ。他のプリンスホテルも見てみたい気がします。

2005年12月03日

三越の福袋

さて、そろそろクリスマス、を通り越してお正月の福袋の話題を一つ。

三越の福袋で、一番の目玉は「家族が主演する映画」を制作するもので1本限り1億円。だそうで。

プロの俳優や試写会、パーティーの費用まで含めた価格だそうで、松竹とのコラボレーションだそうですが、とりあえず1億円出せるっていうのも凄いし、それを自分の家族が主演する映画につっこめるというのもやっぱり凄い。そんな人いるのかなあと思う前に、そんなモノを商品化する三越も凄い(笑)半分以上ネタでしょうけど。

とりあえず、福袋選びは、その場の雰囲気に流されずに、慎重に。。。

2005年11月30日

トヨタ ベルタ

欲しいかどうかは別として、1.0~1.3リッタークラスのセダンってあんまり無いなあと思っていました。確かにヴィッツの兄弟車のトヨタプラッツとか、もろフィットにリアを取って付けたようなホンダ フィット アリアとか、他のメーカーにもあるかも知れませんけど、あんまり無いもしくは人気がないかも知れません。

まあとりあえず国産のセダンはどのクラスもあんまり人気がないようで(一部の高級車は違うかな)すので、ラインナップがあっても売れないのかもしれません。

と思っていたら、トヨタ ベルタが発表されました。ちょっと見た目がフロントヘビーでもっちりした感じですが、それなりにまとまっていると思います。ハッチバックが必要ではない人、荷物はそこそこでいい人なら選ぶ可能性もあるのかも。。。

ただもっとかっこいい!と思わせるような軽量セダンが出てきても面白いだろうなあと(トヨタに限らず)思うのですが、出たら買うかと問われれば。。。

2005年11月26日

葛飾北斎展

hokusaiten.jpg

ここのところ続いている美術館・博物館シリーズの最終目的でもある「葛飾北斎展」に行ってきました。というか、国内だけでなく、世界中から500点ほど集まる(そのうち今日展示してあったのは300点ほどだそうで)相当に大きな北斎展ですので、その人気もかなりのモノです。

実は今日行くまでに2回挫折していまして、1回目は50分待ちであきらめ、2回目は60分待ちであきらめ、ディズニーのアトラクションか、先日終わった愛・地球博かという賑わいっぷり。今日はかなり早めに会場に到着してそれでも20分待ち。会場前は見事な行列でした。

中に入っても、賑わいっぷりは尋常じゃなく、人気の絵の周り「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」なんかは、おおよそ近寄ることすら難しい状態。その辺は遠巻きに観つつ、他の作品をじっくりと観ました。本当に線の細かさや画面のバランス、色彩、凄いです。特に晩年になっていくほどその絵に深みが増していくというか、良くなっていく気がします。

とにかく点数の多さと人の多さに圧倒され、半分観れたかなあと思う位。平日にいけるのであれば、平日に行くことをお薦めします。会期は12月4日まで、場所は東京上野の東京国立博物館 平成館です。

2005年11月25日

アキバ

最近秋葉原ブームなのでしょう。昨日は「うたばん」でメイドの格好をした人がたくさん出ているなあと思ったら、今日は「金曜日のスマ達」でほぼ同じ衣装と思われる人たちがたくさん出ていました。あとドラゴンボールを完全暗記して再現する人も両方に出ていましたね。ある意味2本撮り?

それはともかく、その「金曜日のスマ達」で、メイド喫茶をにTBSアナウンサーの安住君が取材をしに行っておりましたが、その場所が、昔たまに行っていたUNIX系に強いショップ「ぷらっとほーむ」の上の階だったのでちょっと驚きました。まあメイド喫茶の中身の方が十分に驚きに値するわけですが

昔の秋葉原はあんなじゃなかったのに... と思うよりも、もし秋葉原に入り浸っている時にあんな店があったら自分は散財していたのではないだろうか.... と考えてしまう...いやいや、そんなことはない!! はず...

とりあえず、メイド美容院とメイドリフレクソロジーもあるそうで、みんな商売上手だなぁ...

2005年11月20日

伊万里焼と京焼

imari.jpg

ここのところ博物館・美術館づいていますが、本日は東京国立博物館で開かれている「華麗なる伊万里、雅の京焼」を観に行ってきました。ほんとうは、同じ東京国立博物館で開かれている葛飾北斎展の方を観に行ったのですが、40分待ちの声についつい億劫になって変更してみました。

もちろん伊万里焼というのにも興味があります。実際文化財クラスの焼き物というのはどんな雰囲気なのか気になるところです。やっぱり普段見慣れた焼き物とは違うのかなあと。で、実際に観てみると、確かに凄い。線の1本1本はちょっと曲がったりもしているのですが、その緻密さというか、1歩引いてみた時の美しさ、バランスの良さはなかなかきれいなものです。

とても買えないような値段ではないんでしょうけど、欲しくなる気持ちは分かるなあと。特に伊万里の柿右衛門というのが気に入りました。

それより、これらが展示されていた表慶館という建物が、とても日本のモノとは思えないほどの洋風で趣のある建物で、そっちの方が気になってしまったのですが。

2005年11月15日

紀宮様ご成婚

というわけで、黒田さんと紀宮様、ご成婚おめでとうございます。今日はこの内容を外すわけにはいかない。

今日は朝から祝賀ムード一色なのかなーと思っておりましたが、それほどでもない感じですね。日中はテレビを観ていたわけではないので、Webのニュースから断片的に入ってくる情報と、自宅に戻ってからのニュースが情報源でした。9時のニュースもNHKを見ていたのですが、なんか全然ニュースになっていないんですけど、そんなに重要度低かった?

とおもったら、こんなニュースが。またまた大丈夫でしょうかNHK... その後の10時のニュースでは時間を延長してご成婚のニュースを伝えていたようです。

とりあえず、披露宴でビールをついで回ったりとかはしていなかったみたいですね。それをちょっとだけ楽しみにしていたんですけど、乾杯もシャンパンみたいでしたし。やっぱり違うなー。

2005年11月14日

パール展に行ってきました

pearl.jpg

日にちは前後してしまうのですが、土曜日にはパール展を見に行ってきました。場所は東京・上野の国立科学博物館、この「博物館」というところが実はキモです。

事前にテレビで特番をやっていたからかも知れませんが、結構混んでました。特に宝石が好きそうな幅広い年代の女性が多く来ていたように感じます。

ちょっと薄暗い会場内には数多くのパールを使った装飾品にスポットライトが当てられています。有名な人が付けていたパールの装飾品や、様々な貝から取れたパールもあり、取れた貝によって色が違ったりと結構面白いです。長い歴史の中で、パールの輝きに心を奪われた人が多くいたようですが、確かにその気持ちも分からないでもないです。

また、パールに関する様々なモノが展示されていて、たとえば真珠養殖の歴史とか、アメリカの淡水真珠貝のボタンに関するモノとか、いかにも科学博物館なんです! という感じの展示も多く、果たしてメインターゲットをどこを狙っているのか、謎です。

ということで、来年の1月22日までやってます。興味のある方は、行ってみるのも良いかもです。

2005年11月13日

日展を観に行ってきました

実は2日連続で上野に行っていまして、とりあえず昨日はパール展(後で紹介します)に、本日は日展を観に行ってきました。

「日展」という言葉はたまに聞きますが(芸能人が出展していたりして)、実際にどんなモノなのかはよく知りませんでした。とりあえず行ってみようということで日展のホームページで割引券をプリントアウトして行きました。会場は東京都美術館で、ちょうど同じ場所でプーシキン美術館展もやっているため、結構な人混みでした。

さて、肝心の日展の方ですが、日本画、洋画、書などなど、広い会場に所狭しと作品が並べられております。全部じっくり見ようと思ったら結構時間がかかります。普通の人は自分の興味がある分野だけを見るのかも知れません。

私としては、洋画も日本画も結構面白いと感じましたが、文字を扱う仕事上、書が結構面白く感じました。もちろん草書の凄いのとかを含めて大半は全く読めないんですけど、文字の並べ方とか、紙に対する文字の配置、書体の面白さなど、こんな風に書けたら楽しいんだろうなあと思います。時間があったらやってみたいモノです。

で、帰りには上野のヨドバシによって、とりあえず複合機のカタログを各メーカー分ゲット!!

2005年11月04日

昔から変わってない?

コンテンツ産業なんてもてはやされて、アニメとか人気ですけど、根っこの方で働いている方々の状況は非常に厳しいようです。以下、Yomiuri Onlineのニュースより。

労働時間多く・年収少なく、アニメーターの実態調査

俳優や歌手、スタッフなど、芸術関係の団体71組織でつくる芸団協が5年ごとに行っている調査。今回初めてアニメーターを対象に加えた。307人に調査票を配り、83人が回答した。
Click here to find out more!

 労働時間は1日平均10・2時間で、月間労働時間は推計250時間となった。一方、平均年収は100万円未満が26・8%、100万円以上200万円未満が19・6%、200万円以上300万円未満が18・6%と、3人に2人は300万円未満だった。

 中でも、原画を基に絵の動きを描く「動画担当」のアニメーターは出来高払いが8割を占め、1枚あたりの報酬は平均186・9円。年収は100万円未満が73・7%を占めている。

年収100万円以下って、本気なんでしょうか。というか普通の勤めだったら、明らかに最低賃金以下だと思うのですが、そこは出来高払い。本人がその仕事を選んでやっているならしかたないですけど、それにしても低賃金過ぎるでしょー。で、実働1日10時間以上って、給料足りなくてもバイトも出来ないですよね。多分。

なんか昔っからアニメーターって低賃金で働いているイメージがあったんですけど、こういう所って改善点にならないのでしょうか?不思議ですよね。

2005年11月03日

丸の内オアゾ一周年だそうで

oazo1st.jpg

そういえば、丸の内オアゾが1周年を迎えたそうです。確かに1年とちょっと前に行ってました。それ以来何度か行っていますが、丸善の本の品揃えはかなりのモノです。

今日もオアゾに行ってきたのですが、5階のレストランでで昼食を摂った後、暗くなるまでずーっと本の品定めをしておりました。それでも欲しい本を決めるのが大変な位の品揃えです。

もちろん、お金の制限を無くせば大量に買えてしまいますがそんなに買ったって読み切らないって!! ただでさえ読めていない本が自宅にちらほらちらほら。

本日は「アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから」というインタビュー本を買ってきました。

もうちょっとインターネット関連、特に業務に関するようなモノや、MovableType、CMS、RSS関連の本も、、、とも思ったのですが、本の多さに圧倒され、決めかねて終了。。。

いくら時間があっても足りない位、本探しに時間を使ってしまいます。

2005年11月02日

首都高速の料金体系を変更する案

昨日ニュースになっておりましたが、現在一律700円の首都高速道路の利用料金を距離に応じた料金体系に変更する案がでているそうです。確かに近距離でも遠距離でも金額が同じというのは、ちょっとだけ利用したい人にとっては負担が大きいです。

いままでですと、距離に応じた料金体系にするには出口側にも料金所を設置しなければなりませんでした。ETCが普及してきたことによって、料金の徴収がしやすくなり、さらに距離に応じた料金の支払いも可能になってきているようです。

一応、ETCを取り付けていない人のための対応もするようですが(先に一番高い料金を払って、どの出口で出たかによって、後で払い戻すシステムを考えているようです、、、面倒くさい、、、)頻繁に使うのであれば、確実にETCをつけた方が良さそうです。

ちなみに近距離で割引になるのはいいのですが、遠距離が割高に。普段使わない人ほど、遠くに行く時に高速道路を使う気がするので(気のせいかな?)結局割高なのかも。。。

で、「高速道路は将来無料になるはずだったんじゃないの?」という意見はとっくの昔に無視されているわけですが。。。

2005年10月30日

今年4度目のサーキット

R8801196.jpg

元々サーキットにはたまに行っていて、でも1年で1回とか多くて2回とか。今年はすでに今日で4回目のサーキットです、とはいえ、同じシリーズで、しかもいつも行くのは同じつくばサーキットです。

来週の日曜日は久しぶりに鈴鹿サーキットに行く予定です。

2005年10月28日

茶葉感動!

namacha.jpg

東京駅で見かけました、すっかり緑色のKIOSKです。どうやらキリン生茶のプロモーションの一環のようです。結構目立ってました。売っているお茶は生茶だけ。。。なんて事はないですよね。そこまでは確認しませんでした。

2005年10月25日

太ったのは誰のせい?

通称「チーズバーガー法」が米下院で可決されたそうです。肥満の原因として食品会社を訴えることを禁じる法律だそうで。一応引用して。

チーズバーガー法案は、食品消費個人責任法(The Personal Responsibility in Food Consumption Act)の通称。下院で賛成306、反対120で可決された。昨年、同じような法案が提出されて下院は通過したが、上院で否決されていた。

ホワイトハウスは、「個人の肥満の原因は食品メーカー、販売業者、卸売業者、スポンサーにあるのではない。肥満は個人の食品摂取に起因するものである」との声明を発表して同法案を議会に差し戻していた。

チーズバーガー法案が成立した場合、州および連邦裁判所は肥満責任を業者に求める軽薄な訴訟(乱訴)を退けることが可能となる。しかし、「食品の汚染」による被害訴訟は認められる。

まあ、普通に考えるに、過剰に食べて太ったのは主に自分か、子供の場合は親のせいというのもあるかも知れません。肥満の原因にされた食品メーカーとかはたまったもんじゃないですけど、その訴訟自体が成立していたアメリカという国も改めて凄いなあと思うわけで。

とりあえずこの法律のおかげで、安易な肥満に関する訴訟は減るのでしょう。ただ、太っている人が減るかどうかは別問題として。。。

2005年10月23日

二重橋

nizyubashi.jpg

本日は東京駅から、皇居の方へと散歩をしてきました。まるで観光コースというか、はとバスツアーの方がいーっぱい! この写真の手前の橋に門があってそこから先には行けないんですけど、結構観光客の方も多いです。とても都心とは思えないほどの静かさと落ち着いた感じが、いいですね。天気も良く、のんびり過ごすことが出来ました。

2005年10月21日

ヨドバシカメラ秋葉原

yodobashi_akiba.jpg

今日はちょいとばかし、ヨドバシカメラ秋葉原店に行って参りました。

ちょっと欲しいモノがあったのですが、交換部品だったので在庫が無くて手に入らず、とりあえず、他のモノを眺めてきました。

えーっとね、1フロアが広すぎです。

平日に行ったのでさほど混んではいませんでしたが、これが休日になったら人で埋まるのでしょうか。ぱーっと見た感じの品揃えモスコがったです。プロ向けのカメラやストロボの類が普通に置いてあって、それほど需要があるのか??と心配にもなりますが、バラエティに富んだ商品群もとりあえず広いので置き場所には困っていないような感じです。

家電品を色々眺めにいって見比べるにはいいところかもしれません。

今回は、ベルボンの小型三脚に心惹かれつつも、散財せずに終了。。。

2005年10月19日

ベネトンカラー?

benettone.jpg

今日は街角を歩いていたら、えらく目立つクルマ2台+スクーター1台を発見。まるで、昔のベネトンF1カラーのようです。スマートなんて、普通の状態でも目立つのに、こんなしたら、より目立ちます。ちなみにナンバーは消しましたが、大きな4桁の文字は同じ番号でした。何かこだわりありそうです。

2005年10月18日

果たしてネコは悪者か

先日、埼玉の特別養護老人ホームで、ネコが入居者の足の指をかみちぎったというニュースがでておりました。ヤフーのニュースのトップにも確かでていましたし、テレビのニュースでも結構流れていたと思います。ネコ株が暴落中って感じのニュースでした。

ただ、うちでもネコを飼ってますけど、ネコに果たしてそんなこと出来るのか、甚だ疑問です。そうしたらこのニュースの真相についてまとめたページを発見。

ここを見る限り、警察は「ネコが犯人」とは言っていないし、特別養護老人ホームでもネコが犯人とは言っていないそうです。じゃ誰が犯人で、、、とはなるはずなのですが、その辺は警察の人に調べてもらうしかありません。それより、誰が「ネコが犯人」だなんて言い出して、それを真に受けたマスコミがそのまま流してしまったのでしょうか?

とにかく「ネコが犯人」と決定しているわけではなさそうです。

2005年10月17日

イヌの飼い主限定の賃貸マンション

動物を飼うことを条件にアパートやマンションを探そうとすると、本当に苦労します。とにかく、間取りや日当たりなんかより、とにかく動物が飼えることを優先してへやをえらばなければ、良い物件に行き当たりません。どうしても動物の場合、近隣の人からの苦情が出てしまう場合があるようです。実際、自分の住んでいるアパートも、自分が入居したときは猫はOKだけど犬はNGで、原因は以前に犬を飼っている部屋と、その隣の部屋とでもめたそうなのです。

そうしたらこんなニュースが『「イヌ嫌い不可」飼い主限定の賃貸マンション登場 (読売新聞)』

入居する条件が「必ず犬を飼うこと」というのが結構良いと思います。自分が飼っていれば、近隣の犬が多少騒いでいても「あー自分の所の犬も吠えていることあるかもしれないなあ」と思えば、そんなに文句にもならないでしょうし、気を遣わずに住むと思います。

とにかく、犬嫌いな人、犬は嫌いではないけれど静かに過ごしたい人もいるでしょうから、こういう物件が増えてくる方が、良いとは思います。多少家賃が相場よりも高くても、入居したい人はいると思いますよ。

猫は案外静か。。。でもない日もありますが。

2005年10月11日

くつろぎ〜

kutsurogi.jpg

下敷きになっているのは、私の普段使っているリュックなんですけど。。。
真っ正面から撮影すると目が光っちゃう事が多いんですけど、今日のはうまく撮影できました。

2005年10月09日

つくばスタイル

tsukubastyle.jpg

先日つくばに行った時に、書店で「つくばスタイル」という本を見つけました。地方の出版社が出している本のように感じる方もいるかも知れませんが、えい出版社(えいの字、変換出来ない、、、)の本で、「沖縄スタイル」とか「湘南スタイル」「RIDERS CLUB」などの雑誌や本も出している東京の出版社です。

内容は、ただ単純に街の紹介(おいしいお店や、観光スポット)をしているというのだけではなく、その地域に生活している人の雰囲気や住まい、生活に密着した部分などを見ることが出来る本になっていて、どちら方というと観光で訪れるよりかは、住む人、これから住みたいと思っている人のための本、といった感じです。

つくばエキスプレスの紹介に、途中下車の旅でおなじみの阿藤快さんを使っていたりして、微妙に本格的な紹介本になってます。

なかなか良い感じの本です。

2005年10月08日

アンモニアソーダ法とイースト菌

先日友人と飲んだ時に、たまたま「アンモニアソーダ法」の話になりました。何故その話になったのか、は思い出せませんが、、、確か、ガラスの製造の話からだと思います。

アンモニアソーダ法は食塩(NaCl)と石灰石(CaCO3)を主原料に、アンモニアを副原料にして炭酸ナトリウム(Na2CO3)を生成する方法で、炭酸ナトリウムは、ガラスの原料などにも使われる結構重要な素材です。

2NaCl + CaCO3 → Na2CO3 + CaCl2
アンモニアは反応に必須なのですが、化学式の上では出てきません。詳しくはアンモニアソーダ法でググッてみてください。

で、このアンモニアソーダ法によって炭酸ナトリウムが生成されるようになったことが、のちにパンを作るためのイースト菌を発見するもとになったと、その場で友人に話しました。一応確認してみたら、どこかの文献で読んだはずなのですが、これがまた見つからなくて参りました。

確かにイーストフード(イーストの発酵を手助けする培地)として炭酸ナトリウムが使用されることと、そのために食品添加物としても指定されている事までは分かったのですが、肝心のイーストの発明前後の話には辿り着けませんでした。残念。。。

2005年10月07日

来年の巨人は原監督

プロ野球の最近の話題といったら、ほぼ視聴率低下に集中している気がするのですが、、、そういえば、昔うちの父親も巨人ファンだった気がしますが、最近は見ているのかなぁ?

さて、その人気低迷中のプロ野球。来年の巨人の監督が原さんに決まって、今日コーチ陣なども決まったそうです。以下、ヤフーのニュースより引用。

巨人は7日、原辰徳新監督率いる来季のコーチ陣を発表。横浜とロッテで監督を務めた近藤昭仁氏が15年ぶりにヘッドコーチとして復帰した。二軍監督は吉村禎章氏が初めて就任。スタッフは次の通り。  【1軍】▽監督 原辰徳(47)▽ヘッド 近藤昭仁(67)▽投手 斎藤雅樹(40)▽打撃 岸川勝也(40)▽内野守備走塁 篠塚和典(48)▽バッテリー 村田真一(41)▽トレーニング 伊藤博(39)  【2軍】▽監督 吉村禎章(42)▽投手 小谷正勝(60)香田勲男(40)▽打撃 岡崎郁(44)井上真二(39)▽守備走塁 福王昭仁(41)緒方耕一(37)▽バッテリー 西山秀二(38)▽トレーニング 水沢薫(40)木村龍治(35)。 

見ると、斉藤、篠塚、村田、吉村、岡崎などなど、本当に昔テレビで視聴率が良かった頃の全盛メンバーが集まってきている気がします(とはいえ、自分もあまり詳しくはないのですが)

あとは、このメンバーで復活を遂げるだけですねぇ。

2005年10月06日

アイリッシュバプで飲む

guiness.jpg

今日は、高校時代の友達と上野駅構内にあるアイリッシュパブ「スターシェン」で飲んできました。パンダ橋口の所にあるのですが、事前に調べずに行ったら分からなくて総合案内所で場所を確認してしまいました。

アイリッシュパブといったらギネスビール、なんだと思いますが、ビールの味がよく分かっていない私には宝の持ち腐れ感があります(笑)見た目は黒っぽいですが、とてもまろやかで、飲みやすいビールだと思いました。

とりあえず、ビールもすすんで、話にも花が咲いて、あっというまに3時間。みなさん帰る時間になってしまいました。

しかしまあ、平日に5人集まって5人中1人だけが東京在勤在住、それ以外はみんな遠くから集まって、そのタイミングが合うというのが、凄い。。。

2005年10月02日

筑波山、学園都市

筑波山神社

今日は、久しぶりにクルマで出かけました。常磐道に乗って、筑波方面へ。最近筑波といえば筑波サーキットばかりですが、たまには夫婦でドライブです。

最近クルマでドライブに行かなかった理由として、クーラーのガスが無くて冷えない、というのがあり、そろそろ10月だから平気かなあとは思っていたのですが、今日は結構暑かったです。

筑波といったらやっぱり筑波山。常磐道を降りてから山道を進んで無料の市営駐車場へクルマを止めました。クルマを降りて、いかにも観光地といった感じのおみやげ物屋さんを横目に筑波山神社へとお参りをしました。ケーブルカーに乗って山頂に行っても良かったのですが、本日はお参りまで。

その後、私はあまり行った事の無かった学園都市の方へと移動。ちょうどつくばエキスプレスの終点辺りをぐるぐると走ったり、買い物をしたり。いやーある意味、都会ですね。道が広いし。というよりかは、都市と田舎が近接した状態が、ヨーロッパの都市っぽいかも。英会話の先生もつくばの街が好きでよく行くそうなのですが、何となくその意味合いが分かります。こういうところに暮らすのも面白いかも知れません。

東京から車だと常磐道を使わないとちょっと遠いかなあと思う距離なんですけど、電車だと秋葉原から45分。なかなか良いところだと思います。

2005年09月29日

涼しい日

ここに来て一気に涼しくなってきた気がします。とはいえ、普段は社内にいるのであんまり外気温は関係ないんですけどね。

とはいえ、2〜3日前にちょっと体調がイマイチだったのか、かなり寒く感じた日があったのですよ。エアコンはいつも通りなので、ちょっと1枚羽織って暖かくすれば良かったのです。スーツの上着を着るのはちょっと堅苦しいので、たまたまお客さんからもらったフリースを、着ていました。

んー季節を先取り(しすぎ)。

周りの人から、「観ているだけで暑苦しい」といわれてしまいました。いや、着ている本人もかなり暑かったんですけど、寒いよりはましかなぁと。

2005年09月26日

愛・地球博

いやー、終わっちゃいましたねー、愛・地球博(早晩リンク切れを起こすかも知れませんが、とりあえずリンク)。最後の三連休は、それはもう大変な混雑で、感動、感動のフィナーレだったようです。モリゾーとキッコロも森に帰っていったそうです。

自分は観には行きませんでしたが。

まあ細かい事を挙げたらキリはないですが、目標の入場者数を大幅に上回る2200万人(延べ人数で)もの人が来場したのですから、それなりに成功だったのではないでしょうか。自分としてはもっと人気が出ないかなあと思っていたのですが、こういう予想の外れ方はいいのかもしれません。

テレビやインターネットが発達して、比較的様々な情報が手軽に手にはいるようになった現代において、多くの人が集まって体験したいと思うだけの魅力の何かがそこにあったわけですから、それなりに有意義なモノだったのだと思います。行っていないので批評のしようもないのですけどね。

さーて、次の万博は、2010年の上海でしたっけ?

2005年09月22日

カメラが気になる

デジカメを買うために色々調べていたら、どうにも普通のフィルムカメラの方も気になりだして、かなりやばいのです。一応自分の中ではランニングコストを考えると、現時点でフィルムカメラは買わない、という結論になっております。

そうはいっても、元々カメラは好きなわけで、MAP CAMERAを結構頻繁に見てしまうのです。そしたらVoigtlanderBESSA-Tの新品(ボディーのみ)が期間限定で12,800円とかなっていると、型落ちとはいえちょっと持ってみたいなぁ、と思うわけです。。。(マップカメラは会員登録してないと値段は見れません)あ、レンズは持っていないので、結局大きな出費になっちゃうので買いませんが。。。デジカメ買ってなかったら分からなかったなぁ。

さらに、キャノンの型落ちプロ用一眼レフとかも、良い具合に値段が落ちてきていて、あーデジタルも欲しいけど、プロ用もいいよなあと、思う次第で。。。

ま、当分買わないので夢見るだけなんですけど。

2005年09月18日

秋葉原、、、

akihabara0509.jpg

先日、TVチャンピオンでアキバ王選手権をやっておりましたが、「いま秋葉原は、あんなになっちゃっているのかー?」とちょっと前までの秋葉原にはよく行っていた者として、思うわけですが。

さて、今日はどうしても秋葉原に買い物に行きたかったので、ちらっと行ってきました。というのもデジカメに使うSDカード、普通に大型家電販売店とかで買うと結構高いのですが、秋葉原まで行けば安く買える事が分かったためです。実際に買ったのは1GBです。

で、他に無駄遣いをしたくなかったので、事前にお店と値段を調べてパパッと買ったわけですが、、、、所々で不思議なモノを発見。

歩行者天国で人だかりが出来ているから行ってみたらその中心にはやたら露出度の高いセーラー服を着た女の子が歌ってました。。。駅の周辺にもそういう方がいましたが、こちらはドレスでしたね。やたら大きなカメラを持った男の人達が周りに何人もいましたが。。。

そういえば裏通りを歩いていたときに看板が出ていて、さらに一本路地を入ったところにコスプレのお店があるそうです。

いや、いいんですけど。時間とともに街も変わるなぁと思う次第で。

2005年09月12日

自民党の圧勝ということで

さんざん話題になった衆議院選挙ですが、自民党の圧勝、民主党の大敗ということでとりあえず議席が決まったようですね。悲喜こもごも。刺客の皆さんも受かったり受からなかったり、ホリエモンも落選したり(想定の範囲内?)

まあ大切なのは今後の運営なんだよな、ととりあえず当たり前の事を書いておきます。

しっかしまあ、あわさんもコメントで書いてましたけど当選確実が出るの早すぎ!出口調査(自分の行った投票所には朝日新聞の人がいました)である程度は分かるんでしょうけど、それにしても開票直後に当選確実が出てしまったら、なんだか味気ないです。

確か、前回の都知事の選挙の時も投票終了直後、本当に8時ちょっと過ぎには当選確実になってました。実際当選したわけですが、それにしても味気ない。。。自分の投票に意味あったのかなあと、思ってしまいますよ。

せっかく、みんなの目が政治に向き始めたのですから、あんまり報道合戦が加熱しすぎないといいんですけど。

2005年09月11日

続々と選挙速報

地上波テレビのチャンネルはどこを回しても選挙速報状態です。あ、フジテレビは柔道やってますね。この大切な日に。まあ、柔道の方が先に決まっていたんでしょうからどうしようもないんでしょうけど。

さて、各局、自民党の大勝という予想だそうです。まあ、明日の朝にはほぼ決まっているでしょう。もっと接戦になるのかなあとも思ったのですが、思いのほか自民党が優勢だったんだなあという印象です。どうもテレビとかで見ていると、各党が相手を批判するところばかり放送されて気もするんですけど。

まあ、なんにしろ、いい国にしていって欲しいモノです。どの党が政権を取ったとしても。

選挙速報の方は、続々と当選確実がでているのはいいんですけど、いつもながら自分の興味のある選挙区(地元とか、実家の方とか)の選挙区の状況を知るには、テレビはなかなかまどろっこしいですね。言っちゃ悪いけど、話題の選挙区の方ばっかり放送されても、、、その方が視聴率は取れるという事でしょうか。

とりあえず、今日のF1は2時45分から放送だそうなので、見ないで寝ます。無理

2005年09月06日

大崎に行ってきました

今日は、仕事の関係で大崎まで行ってきました。「大崎ってどこ?」という方もいるかも知れませんが、山手線の一番南側、五反田と品川の間です。山手線だけではなく湘南新宿ラインというのも止まるそうで、横浜方面からのアクセスはいいみたいです。

というか、山手線内なのですが、地下鉄などもなくてJRでないと行きづらいところです。しかも品川や五反田に比べると、自分にとってはかなり情報が無いというか行ってみるまでは全くイメージの湧かない場所でした。

とりあえず大崎駅はかなり新しいです。新しい品川駅ほど広くはないですが、全体的にピカピカ。恵比寿駅より構内は広い気がします。行ったところはゲートシティ大崎というところで、目が回りそうな位大きな建物と広い構内。この建物だけなら、他のオフィスビル(丸の内の丸ビルやオアゾみたいな感じです)にも似たすごさを感じます。とりあえず迷子にならないようにするだけで精一杯(ならないけど;笑)

ゲートシティ大崎以外には行かなかったので、他は分かりませんが、さすがは山手線内。やっぱおなじ東京でも、限りなく千葉に近いうちの近所とは大違いですね(当たり前)

2005年09月02日

公職選挙法の続報

総務省の方から、選挙期間中のWebページの書き換えも選挙違反になるという判断がでています。というわけで、違法行為で捕まるのはもったいないですから、選挙期間中はWebページでの選挙活動は出来ないという事なのでしょう。

でも書き換えできないって不便ですよねえ。簡単に書き換えできるから、Webサイトって便利なのに。選挙期間中ではなくて、事前に用意したモノなら良いんでしょうか?

まあとにかく、こういう変な法律はとっとと変更した方が良いと思うんですが、それが出来る位だったら、他の法律だって簡単に変更できるのかも知れませんね。

選挙公約に「選挙制度の改正」とか書いてあったら、その人に投票するかも。

2005年08月31日

公職選挙法

さて、衆議院選挙も告示されて、選挙戦が始まったわけです。これだけ郵政や政策のことが話題になっているのに、果たして選挙カーで名前を連呼しているだけの候補者に投票するかどうか位、考えた方が良いとは思いますが。

自分の地域でどんな人が立候補しているのか、取りあえずこちらの共同通信社のサイトを見ると、立候補者の名前を知ることが出来ますが、自分の住んでいるところが、例えば東京○区なのか分からないと、結局誰が立候補しているかわからないという、親切のような親切でないような。それでも候補者の名前が分かれば、取りあえず政策も分かるのかなあと。

それにしてももうちょっと、各地区ごとに候補者と政策や公約が一覧表になっているとか、そういうページって無いですかねえ。自分が見つけられていないだけでしょうか。確か新聞を取っていると候補者の一覧のような印刷物が入ってくる気がするのですが、もう何年も新聞なんて取っていないので、それを手に入れることはなかなか面倒です。

Webページを使った選挙活動も、現行の公職選挙法では限りなく黒に近いグレーだそう(WebページをOKともNGともする条項が無いため、他のモノと照らし合わせるしかないらしい)なので、公職選挙法違反で当選が取り消されないためには、そういうことをしないのが候補者の方々には良いんでしょうけど。

オンラインで投票できなくても良いから、政党じゃなくて候補者が政策を分かりやすく伝えるとか、その辺からもうちょっと投票しやすい、有権者が候補者を選びやすい環境を作っていく方がいい気がするんですけどねえ

せっかく、近年まれに見る楽しい?選挙なので、色々知って、もっと楽しみたいじゃないですか。

2005年08月29日

子供の頃の今頃は

夏休みの宿題が終わらなくて、困っていたなあ。。。と思ったけど、確かに東京の小学校とかは8月31日まで休みですけど、自分の地元ではもうちょっと早かった気が。いまいち記憶が曖昧なんですけど。

東京では葛飾区の中学校で、授業時間を確保するために始業式が1週間前倒しされて、ニュースになる位ですから、普通は8月31日までなんですよねえ。

まあとにかく、夏休みの宿題なんて残り1週間位にならないと考えないモノで、いつもつらかった思い出が。。。だいたい、残り1週間で絵を描いて、日記書いて、天気をさかのぼって調べて、書道、っ夏休みの宿題でしたっけ?

それがいまでは、、、、毎日日記書いているんだから大したもんだ?!

ちなみに、うちの奥さんは、夏休みの宿題は先にやっちゃう派だそうです。大したもんだ。

2005年08月24日

たまにはパソコンを立ち上げない日を

普段、仕事でパソコンを使っている上、毎日ブログを書いていると、パソコンを使わない日なんてほとんど無いんですけど、昨日は、自宅のパソコンは立ち上げませんでした。昨日のブログは、一昨日に書いて、日付が変わった頃にアップデートしてました。

まあどおってことない話なんですけど、パソコンを立ち上げなくても別に平気だしかえって楽なんですよね。少なくともブログを書かなきゃ、と思わない分だけ。でも自分の性格上、一回やめたら二度と続けられない気がするので、次のステップに進むまでは、続ける所存で。

仕事の時には、パソコンを使わずに、ノートと色鉛筆でホームページの構造を考えたりしている事もあります。多分1日位なら、パソコン立ち上げなくても平気だと思いますけど、仕事だとメールが気になっちゃって難しいだろうなあ。

2005年08月23日

天然酵母

たまたま、パン作りの本を読んでいて分かった話です。

パンを作るときに、パンをふくらませるのは菌の役目。よくあるイースト菌というのは第1次大戦中のドイツで発明されたそうです。イースト菌のおかげでパン作りがかなり簡略化されたそうです。一次発酵にだいたい1〜2時間とか。

で、そのイースト菌が出てくる前は、天然酵母という酵母菌で発酵させていたそうで、今でも凝ったパン屋さんとかでは使っているそうです。「天然」というところがいかにもナチュラルな感じで、良いものの感じがします。

さて、その天然酵母ですが、イースト菌と比べてどのくらい扱いにくいモノなのかという事ですが、まずリンゴやブドウから酵母種を作り出すのに1週間、実際に粉と混ぜて発酵させるのに4〜10時間、資料によっては1〜2日なんて書いてあるのもあります。

仮に、おなかが空いてパンを作ろうと思ったとしますね。天然酵母のパンを作ろうと思ったら、軽く8日間位かかっちゃうってことでしょうか。おなか空きすぎて倒れます。いや、他のものを食べますね。間違いなく。

とりあえず、イースト菌て凄い発明だったんだろうなぁと、改めて感心しました。

2005年08月22日

新党ニッポ〜ン

さて、国民新党に引き続き、さらなる新党「新党日本」が旗揚げされました。党首は田中康夫長野県知事で、郵政といったらこの人の荒井広幸参院議員もおります。とはいえ、今のところ前衆議院議員と参議院議員の所属が合計で4名で、「政党」を名乗る最低ラインの5人を下回っていて「政治団体」あつかいだそうですが。

まあ、皆さんもニュースで見ている事とは思いますが。とにかく、無所属よりかは何らかの党に所属していた方が、ある程度は政策とかがわかりやすいかも知れません。投票してもらえるかどうかは別として。

新党日本もホームページを作っていないかなあと思ったのですが、今のところ見つける事が出来ませんでした。ぜひ、国民新党を越えるようなホームページをお願いします。

とにかく、「新党ニッポ〜ン」といっていた掛け声が、どうもいまいちというか、そこから政治的な何かを感じられないというか。まあ、頑張って欲しいモノです。

2005年08月19日

身近にになった?宇宙旅行

宇宙に行く事は男のロマン!とは自分はあんまり思わないんですけど、お金さえあれば宇宙旅行に行ける時代が来たようです。

JTBで宇宙ステーション滞在のツアーと、月旅行のツアーが10月から販売されるそうです。宇宙ステーションに一週間滞在で22億円、月の裏側まで片道3日かけていく旅行で110億円だそうで、果たしてリーズナブルなのかどうかさっぱり分からない値段設定ですが、とりあえずJTBが売り出すと言うところが凄いのかも知れません。

ただ、宇宙ステーションに滞在するには宇宙飛行士と同じ訓練を6〜8ヶ月間受ける必要もあるそうで、お金だけでなく時間も相当必要みたいです。ちなみに訓練期間中の滞在費とか(まさか日本国内で訓練できるわけ無いですよね?ロシア?)その辺も含まれてるんでしょうか?

お金と時間のある方、ぜひどうぞ!

そういえば宇宙旅行というと、昔、ペプシコーラかなにかのキャンペーンで「宇宙旅行があたる!」ってな感じのをやっていた気がするのですが、あれって実施されたんですかねえ?

2005年08月08日

近況報告

<最近のこのブログ>
ネタを出すのに相当苦労する日が多々あり。デジカメの写真で間を繋ぎたい時もありますが、コンコルドではどうも色が気に入らない。特に暗いところでの撮影は、フラッシュあり・無し共に、思った通りの色にはまずなりません。。。

<デジカメ>
で、新しいデジカメを買おうと思って色々調べてみたのですが、どうしても自分の気に入ったモノが見つからず、只今保留中。修理に行ったのも帰ってこず。休み明けか?

<夏バテ>
一時期、夏バテかなあと思っていたこともあったのですが、最近はだいぶ調子も良く、ご飯もおいしくいただいております。冷たいモノを飲み過ぎないように、注意しております。

<夕立>
ここのところ毎日のように「東日本で豪雨になる」といった感じのニュースが出ているのですが(確か先週の土曜日辺りから)、東京地方、一向に降る気配を見せないのはどうなっているのでしょうか。単純に天気予報が外れているという感じなのかなあ?あ、これは近況ではないか。

<で、デジカメ>
無くても、生活に支障がない気も(笑)そ、そんなことはないはず、多分。

<ポイントカード>
いつも行く薬局(栃木で言うカワチみたいなところ)で、ポイント8倍のサービスディでした。8倍ってすごいなー。つい気合いを入れて買ってしまいました。

<衆議院解散>
結局、郵政法案が参議院で否決されて、衆議院解散という事になりましたね。みなさん、9月11日は投票に行きましょう。私は行きます。で、誰に投票しようかなぁ。

<夏休み>
毎日、横浜市の某所に出かける予定です。地元に帰る時間はちょっとなさそうです。

2005年07月31日

パワードコムをKDDIが買収へ

「KDDI、パワードコム吸収合併へ 通信3強時代突入」(産経新聞)

ということで、パワードコムはKDDIになっちゃうみたいなんですけど、そもそもマイラインが開始するときに、私が加入したのって東京電話だったんですよね。それが知らないうちにパワードコムになって、しかも今度はKDDIですか。

まあ、あんまり自宅の電話って使わないから、どこの会社でもいいんですけど(笑)それに、先日秋葉原に行ったら結構Skypeのコーナーが出来ているお店とかもあったので、そういうのが広く普及したりすると、また従来の電話のほうは努力が必要かも知れませんが。

それよりも、パワードコムって東京電力の子会社なんだって初めて知りました。何にも知らないでサービス使ってたんだなぁ>自分

2005年07月28日

中国元の切り上げ

中国元と米ドルって固定相場制なのですが、先週2%切り上げる事を発表して、今後は日本円と米ドルの関係のような変動相場制へと変わっていくのでは、という話です。(追記:現時点では通貨バスケット制を採用とのこと)

アメリカ側が中国に圧力をかけ他などという報道もあったみたいですが、アメリカとしては切り上げすれば、非常に安い中国製品が、変動相場制になることで適正な?価格で輸入される事になって、国内の産業への打撃が少なくなると言うのも一因なのでしょう。

で、アメリカの人が喜んでいるのかと思って、英会話の先生に聞いたら、さにあらず。NewYork TimesのPaul Krugman氏の記事(China Unpegs Itself : July 22,2005)を参考にしながら、話を聞きました。(だいたいあっていると思うけど、聞き間違いがあるかも)

アメリカの国債を買っているのは、まあ日本はお得意様なんだけど、中国も結構買っているそうです。それは、固定相場制で為替が安定している事と、年利3〜4%位あるので、それなりにいいらしいのです。ただこれが元の切り上げでドルの価値が下がると、金利分を越える位に為替で損をしてしまう事になるので、中国はアメリカ国債を買わなくなるだろうと。

売れなくなったアメリカ国債は、売るために金利を上げる。それでも売れなければ、歳入が足りなくなる。となると、公共福祉の量を減らすか、国民から税金を取るしかない。おまけにドルの価値も下がる。お金持ちは他の国の通貨に置き換えておけばいいけど、普通の収入の人はそうもいかない。で、結局、中産階級の人たちが増税やらなにやらの影響を受けてしまうと。

そんな感じで、お金持ち優遇なブッシュ大統領のことをこきおろしておりました。

日本は、元の切り上げで中国製品が高くなるとか報道されてますけど、それ以外の影響って無いんですかね?

2005年07月19日

有楽町のプーケットへ

thairyouri.jpg

さて昨日からの続きです。

夕食は以前から目を付けていた「プーケット あろいなたべた有楽町店」に行ってみる事にしました。

もともと「アロイナタベタ」はプーケットにある日本料理やタイ料理のお店で、その支店が有楽町の東京国際フォーラムの隣、JR線の高架下にあります。630円でセット料理や一品料理などいろいろなモノが食べられるそうです。

とりあえず雰囲気はかなーり東南アジアチックです、いい意味で。私はカオカームーのセットを注文。これまたいい感じで東南アジアな味です。といっても私自身はシンガポールのフードコートで食べた味が基本になっているのですが、それに限りなく近い味がします。チリソースも現地のモノっぽいです。私には辛くてほとんど使えませんが(笑)

電車の振動も心地よい、現地の歌謡曲らしい音楽が流れる店内もいい感じで東南アジアしていると思います。タイ料理が嫌いでない方にはぜひすすめです。

というわけで、1日でニューヨークのデリカとプーケットの屋台を感じる、なかなか面白い日でした。

2005年07月18日

丸の内のニューヨークへ

deandeluca.jpg

本日は、本を買いに丸の内のOAZO、丸善へと行きました。やはり、他の書店と比べて蔵書の量が断然多い(気がする)ので、手に入りにくい本を探しに行くときにはいいですね。

といいつつ、文具を買っていたりしますが。

で、今回丸の内に行ったのにはもう一つ目的があって、それが写真のDEAN & DELUCAに行く事でした。実はこのお店はニューヨークにあるDEAN & DELUCAの海外1号店だそうで、ニューヨークというかアメリカのスタイルのコーヒーやケーキやその他諸々が楽しめて、食材が買えるお店です。英会話の先生(アメリカ人)も推薦しておりました。

雰囲気は、スターバックスなどと比べるとさらに大人のアメリカンな感じで、コーヒーの味もかなり濃厚です。ケーキは食べなかったのですが、これまたアメリカ人好みの濃厚な味だそうです(英会話の先生談)丸善で買ってきた本を持って、DEAN &DELUCAでゆっくりとコーヒーを飲みながらくつろぐのもいい感じです。

夕食も食べてみたかったのですが、日曜日と休日はやっていないそうなので、夕食は別のところで食べました。

という事で、次に続きます。

2005年07月17日

昨日ビックカメラにて

昨日銀座、有楽町、八重洲のあたりを散歩していたのですが、私の奥さんがライトスタンドが欲しいとの事だったので、有楽町のビックカメラに行ってきました。

ライトスタンドも蛍光灯や白熱灯のモノ、いろいろあったのですが、なかなか選びきれないデザインのモノが多く(何であんなにサイバーな感じのが多いのでしょう?)、結局かわいいデザインながら980円と安いライトスタンドを選びました。

ついでに電池を1個持ってレジに並んでいたら、前の方でカラカラカラーンと音が鳴って当たりがでた模様。100人に1人、当たりがでるとその商品が無料になるというキャンペーンをやっているところでした。

「おおーすごいなあ、当たるんだぁ」と思いつつ、自分もレジを通したら、当たりました♪♪。当選金額1,170円。って安っ!こういうときに限って安いものしかかってないんですよねえ。あー、あれを買っておけば、、、(という人には当たりません)

とにかく、当たるなんてうれしい事ですね!

2005年07月13日

公立の先生は売り手市場?

ここ3日くらいの日経新聞を読んでいたら1面で義務教育の変化についての特集が載ってました。今、公立学校の教師ってだいぶ売り手市場?らしいです。

団塊の世代の先生達がここ数年でどんどん退職するのと、都市部での大量採用(おそらく1クラス少人数制とかですかね?)のおかげで先生の需要が増えて、10年前は15倍くらいあった採用の倍率が、現在は2倍ちょっとくらいだそうです。

中途採用で他県の先生を引き抜く自治体もあって、先生集めにかなり必死だそうです。もうちょっとすると団塊の世代の先生が退職してしまうので(企業の2007年問題と一緒ですね)、採用の1倍台になっちゃって、都市部では「応募すれば誰でも公立の先生になれちゃう」時代も近いそうです。先生になりたい人自体も減っているんですかねぇ?

気になる話題ですが、果たしてどうなってしまうのでしょうか。

2005年07月12日

いじやけるー

茨城ネタに、結構反応が集まるなんて思わなかったわー。

んー、いじやけるー。

栃木在住の方、「いじやける」は方言なので、東京では通じません。注意しましょう。あと「クルマの裏に乗って」の裏も通じないので注意(笑)

ちなみに「いじやける」って、標準語だと「いらいらする」っていうのに近い感じです。

「いじやける」って書きたかっただけなんですけどね(笑)

2005年07月03日

東京都議選

本日は東京都議選の投票日でした。一応東京都民ですし、選挙には欠かさず参加をすることにしているので、今日も午前中の空いている時間に、近所の投票所である小学校へと行きました。

近所は古い家も多く、お年寄りが多く住んでいるのもあるのでしょうが、投票所には結構お年寄りが来ておりました。投票所って結構たくさんあるので(たとえば7丁目と5丁目では投票所も小学校も違うのです)、そんなに遠くから来るわけではないと思うのですが。

一番驚いたのは、タクシーで投票所に来ていたお年寄りがいた事です。ちょっと足が悪そうな方でしたが、そこまでの気合いがあるのか!と深く感心させられました。

でも、投票率は前回の50.08%よりも8ポイント近く低い43.62%だったそうです。

2005年06月30日

正露丸のこと

ちょっと気になった話で、正露丸は「危険なもの」という話。出典はこちらで、大分健生病院・外科・今里真 医師の話だそうです。

正露丸の作用は、その毒性の発現用量で現れます。すなわち腸管運動が神経毒によりマヒして下痢が止まり、知覚神経が神経毒により解離して腹痛を感じなくなります。虫歯に詰めると痛みがなくなるのも同じ原理です。

「正露丸」は元々は「征露丸」といって日露戦争に出向く兵隊さんに「極寒の地でもお腹をマヒさせて戦え」という医薬品とは思えないドーピング剤だったそうです。毎年のようにマヒ性イレウス、腸壊死、腎不全などで手術や透析にいたる例など正露丸の例が報告されていますが、テレビコマーシャルは全く使用上の注意事項を知らせません。

医薬品集などで正露丸の主成分クレオソートを調べると「歯内にのみ使用し、口腔粘膜に付着した場合、腐食する場合があるので直ちに洗い流すこと」と記載されており、服用など論外のようです。

ということで、あんまり体にいいとは思えない感じですが、まあ「毒をもって毒を制す」なんて言葉もありますから、服用の仕方に注意をすればよいのではないでしょうか?

2005年06月28日

Google Maps

いま話題のGoogle Maps。色々なところで紹介されているので、今更感もありますが、一応自分なりにレビュー。

Google Mapsはその名の通り「地図検索」です。とは言っても、まだアメリカ、カナダ、イギリスの詳細地図(他の国もあるのかな?)と、宇宙から撮影されたと思われる写真が表示されるだけです。今のところまだBETA版ということで、時々(しょっちゅう?)動きが悪くなります。

まあアメリカの地図を見てもよく分からないのですが、特にWindows + IEの組み合わせで見ると、表示がスムーズで気持ちいいです。Mac OS X + FireFoxでは上の組み合わせに比べると拡大縮小がいまいちです。横スクロールはブラウザーで表示させていることを忘れさせてくれるくらいスムーズ。もうたまりません。

そしてこの楽しみ方は、なんと言っても、日本の東京23区辺りをサテライトモードで見ることでしょう。写真が本当に細かく、家1軒1軒レベルで表示されます。日本では東京、神奈川、埼玉の一部と、愛知三重の一部でしか詳細の写真で見ることが出来ませんが(こちらも全て確認したわけではないです)

皇居とか丸見えになっていて、本当に良いのかなあと心配になったりもしますが。こちらは東京駅周辺。まだ丸善のあるオアゾが建築中の頃の写真です。羽田空港もまだ第2ターミナルが出来る前のようです。こちらは江ノ島。そして鈴鹿サーキット

そして個人的に気になったのが、ここ。どうも火事で燃えている最中っぽい煙の出方です。この火事の日が分かれば、撮影日が分かるかも?!

2005年06月26日

六本木ヒルズ

roppongihills.jpg

なかなか今更感のある六本木ヒルズですが、東京に住んでいるものとしてとりあえず観光でいった事がなかった(会議に参加?するのに1度行ったきり)ので、行ってみる事にしました。

いやあ、普通に行ったら迷子になりませんか?
なりませんか。そうですか。。。

日比谷線の駅の方から行ったのですが、テレビ朝日の方に向かって大きく下りになっていて今自分が何階にいるのかがよく分からなくなりました。ちゃんと理解するにはあと2〜3回行くのがいい感じです。

そういえばテレビ朝日の壁面に飾られたサッカー日本代表のユニフォーム(一般の人が応援メッセージを送ると白から青に変わっていくもの)も4分の3位は青くなっておりました。

しっかしまあ、凄い建築物群ですね。地方から観光客の人が来るのも分かりますが、果たして60歳過ぎ位の方々は何を見たらいいのか?って気もしますけど。

気に入ったポイントはTSUTAYAの本の品揃え。洋書がたくさんあってクルマ関連の本もやたら多いです。人もやたらと多いですが(笑)

あ、確か凄い図書館(有料)があったはずなんだけど、行くの忘れてた。。。

2005年06月15日

行き止まり

tonnel2.jpg

トンネルシリーズ第3弾、同じトンネルです。渓谷を見るためのトンネルなので、行き止まりなのではなくて展望台なんですけどね。外は暑い位だったのですが、トンネルの中は涼しく、また外には少し溶け残った雪もありました。

2005年06月14日

ランプ

lunp.jpg

トンネルシリーズ?と言うかシリーズにするつもりはなかったんですけど、ライトの雰囲気がちょっと怪しげで面白かったので載せてみました。前回のトンネルの途中がこのような壁になっているのですが、なぜそのような演出なのかは謎です(笑)

2005年06月12日

トンネル

tonnel.jpg

先日、社員旅行で新潟の方へと行きました。途中に寄った越後湯沢のあたりにある○○峡(名前忘れちゃいました)に行ったのですが、写真は渓谷を見るために移動するトンネルの中です。本当は山の中なのに、ここだけちょっと近未来的で気になった風景でした。

2005年06月11日

少子化の解消の難しさ

一応、少子化関連でもうひとつ。

ドイツが西ドイツだった頃の1985年、ドイツの合計特殊出生率は1.28で世界最低を記録していたそうです。1.28といえば日本の合計特殊出生率が1.29、正確には1.2888ですから、ほとんど同じですね。ちなみに統一後のドイツの出生率は1.36(1999年)だそうですから、回復しているとは言えない位の低水準のままです。ドイツの方々も出生率が低すぎると考えているそうですが、政府によって直接介入するような政策は採られなかったそうです。以下、「世界の人口 第2版」河野稠集 著(2000年)より抜粋。

統一前の西ドイツの場合(1985年)、合計特殊出生率が1.28で世界最低を記録していたにもかかわらず、政府による直接介入の人口増加政策をとらなかったのは、筆者の質問に対してドイツの人口学者が異口同音に答えているように、1930年代から1940年代前半にかけてのナチスの時代のアーリア民族優秀説に基づくドイツ民族の生めよ増やせよ政策の記憶、特にユダヤ民族の鏖殺(おうさつ)と引きかえの人口政策の悪夢が、いまだに国民の間に、否、ドイツ国民だけでなくヨーロッパ各国民に残っているために、人口政策、少なくとも明示的な人口政策をとる事にはとても踏み切れないからだという。

...どこかで聞いたような感じがします。当時のドイツ政府は「近隣諸外国に配慮」しているわけですよ。もちろん第二次世界大戦当時の日本とドイツが同じ状況とは思いませんが、周りの国々がどう思うか、という部分では若干共通する事もあるかも知れません。

2005年06月10日

出生率1.29

先日、人口動態統計が発表になり、昨年の合計特殊出生率が1.29、四捨五入する前の数値が1.2888でその前の年の1.2905よりもさらに低下したというニュースが出ておりました。国会議員の先生方や役人の方々がしきりに「少子化だー、少子化だー」とおっしゃっております。確かに子供の生まれる数も年々減っております。出生数は111万1千人で去年よりも1万3千人少なかったそうです。

さて、こんなに下がった出生率、原因は晩婚化だー、非婚化だー、出産年齢の上昇だーといわれておりますし、解消のためには、いろんな制度の整備が不可欠だーとか、言われております。

ちなみに世界的に見ると、西欧などの先進諸国ではほとんどの国で出生率が2を下回っており(上回っているのは唯一アメリカくらい)、どこも出生率低下に悩んでいる感じです。国によっては出生数が死亡数より下回り、自然に人口が減少していく状態にもなっております。恐らく日本でも近々人口が自然に減少していく状態にはなります。

じゃあ、どうしたら少子化が解消できる?という話になりそうですが、結論を言うとどうにもなりません。仮に政府が音頭を取って「生めよ増やせよ」的な政策を採ったとしても、効果はほとんど無いでしょう。理由はいろいろありますが、政府がどんなに頑張っても、実際に子供を育てる人の気持ちを動かすまでにはいたらない、と思うからです。そこに力を入れるよりは、現状と未来予測をきちんと受け入れて、子供達に頼らなくてはならない年金制度をどうしたらいいとか、その他の事も考えていくしかないんですよ。

むやみに生めばいいって話でもないですし、それより今生きている人々をどううまく社会の中で活躍させるか、仕事を持ち、生活を営む事がしやすい社会を作ることを、もうちょっと何とかした方がいいと、自分は思うのですが。

本当は人口ピラミッドと従属人口指数の話が書きたかったんですけど、その辺はまた後ほど。

<追記 2005.6.10>
ちなみに何でもかんでも「少子化対策」が悪いという話ではないです
たとえば小児医療とかはもっと充実すべきですし、保育園とかももっと待機児童を無くすような対策が必要でしょう。世の親たちが安心して子供が育てられる社会や制度の対策は急務です。
それより少子化対策に名を借りた新しい施設の建築とか、明らかに関係なさそうな補助金とか、今まで通りの行政のやり方と何も変わらないようなことは、やるべきではないと思います。その辺の見極めが重要だと思います。

2005年06月07日

壊れるというのは続くもので

本日はクルマが故障いたしました。調子よくエンジンが動いていたはずなのですが、突然のストール後、いくらキーをひねっても点火せず。仕方なく整備工場の方を呼んで、診てもらうと一瞬復活。でもその後整備工場に行く途中に再びストール後、牽引されてドナドナドナ〜。

とりあえず、そのまま入場。

雰囲気からすると1度復活したかんじからも、点火系ではなく燃料系のどこかのような気はしますが、まあ素人の手が出せる範囲内ではなさそうです。インジェクションのどこかかなー。

まだまだ頑張ってもらわねばならないので、早いところ直ってくる事を望んでおります。

2005年06月06日

実家でインターネット導入

コンピューター好きの父は、以前からインターネットには興味があったようで、実家に行く度にどんなのがいいのか、とか聞かれておりました。とりあえずそんなにパソコンが詳しいわけでもない父のことなので、どこか懇切丁寧に設定をしてくれるプロバイダを選ぶと思っていましたし、それを勧めていました(決してやっかい払いではありません!)

そうしたら先日、インターネットに繋がったという内容の手紙が届きました。

どうやらCATVのサービスにしたようです。んー、それは回線が速そうです。ADSLだとルータを通して何台もパソコンを繋ぐ事が出来ますが、父と母の2人暮らしじゃその必要は全くありませんから、CATVというのもいい判断だと思います。

と、手紙の返事をほったらかしておいたら、数日後に母から電話が。父が返事がないと心配しているのでメールを送ってくれとの事。あー、忘れてました(笑)

父上。とりあえずメールアドレスを知らせるのに設定指示書をコピーして送るのはやめてください。人に知られちゃいけない情報も一緒に付いてきてしまいますよ(涙)

2005年06月03日

お米を買いに行きました

今日は会社からの帰り道にお米を買いに行きました。環境問題も配慮した無洗米をチョイスしようと、いつも寄る薬局兼スーパー(栃木でいうカ○チ薬局みたいなところ)では、ちょうどいいのがなかったので、もう一軒のスーパーの方へ。

そこで高すぎず、安すぎず、ちょうど良さそうなのを2つほど発見。1つは「秋田県産のあきたこまち」で、もうひとつは「茨城県産のあきたこまち」。価格の差は200円くらいで「茨城県産のあきたこまち」の方が安いのですが、月間キャンペーンで「秋田県産のあきたこまち」の方がポイントが30ポイント追加されます。しばし考え。品種は同じとすると、値段が安い方がいいよなあ。

でも「茨城県産のあきたこまち」よりも「秋田県産のあきたこまち」の方が何となく本場っぽいし、でもそれはネーミングなわけで、決して「秋田県産のあきたこまち」よりも「茨城県産のあきたこまち」が劣っているとは思えないし。だいたい、その味の差が分かるのかと言えばかなりあやしいわけで。

ここにもし「栃木県産のあきたこまち」とか「山形県産のあきたこまち」とかが出てきて、三つ巴、四つ巴の争いになったら、やっぱり「秋田県産のあきたこまち」が有利なのかなと。

結局「茨城県産のあきたこまち」を購入しました。「あきたこまち」っていう名前はちょっと秋田県に有利だと思います(笑)

2005年05月30日

故障続きで2勝1敗1分

家電品やらパソコン関連品など、どうしても使っていると壊れてしまうモノもあります。ここのところ自分の身の回りでは立て続けに壊れている気もしますが、このエコロジーな時代にやっぱり直せるモノは直して使いたいと思うわけです。

という事で直したら勝ち、代替え品を買ったら負け、保留は分けとしますと、最近の戦績は2勝1敗1分け。まあまあですかね。

 ・対 デジカメ ○ (メーカーにて修理)
 ・対 プリンタ ○ (ノズル交換で完治)
 ・対 無線LAN × (AirMac Expressを購入)
 ・対 ビデオ △ (とりあえず使えなくはないのでそのまま使用)

うん。その前のiPodは修理というか保証期間内の無償交換ですので、ちょっとカウントしにくいですけど。おおむねいい感じです。無線LANも修理に出せば良かったかも知れませんが、デジカメほどには思い入れがなかったのと、急を要していたので、速攻で買い直してしまいましたが。時間があれば、直してみたかったですね。

2005年05月23日

着ぐるみの中の人

今日は仕事の手伝いで、着ぐるみの中に入っていました。着たり脱いだり休んだりと都合1時間ほどでしょうか。この着ぐるみが、まあ、ちょっと毛皮のような感じで周りがふさふさとしたもので、見るからに暑そうです。まあ着てみると案の定といった感じでした(笑)

とにかくちゃんと着ているときには熱気でサウナ状態、じっとしていても額のあたりから汗がしたたってきます。まだ5月だからいいけど、これが真夏だったら絶対嫌。体の自由もきかないし視界も狭いので、中の人はかなり必死です(笑) 「中の人」を職業にしている人は本当に大変なんだろうなあと、実感。

とりあえず大汗かいていたので、少しやせたかもしんない。でもその後すぐに食事してたから、きっとチャラですね。

2005年05月19日

野菜の工場

昨日、NHKのクローズアップ現代を見ていたら、たまたま工場で生産する野菜のことをやっておりました。工場で野菜?という感じもありますが、完全無農薬でレタスなどが生産でき、通常の土地で生産するよりも同じ土地面積で数千倍の効率で生産できるそうです。

とりあえず発光ダイオードのおかげで熱を持たずに明るい光を照射する事が出来、しかも24時間連続で照射したりも可能だそうです。発光ダイオードの色を変える事で、成長の具合や、生成される栄養分に差が出るので、光の色をうまく変えながら成長させて、通常の成長の3分の1の時間とかでも生産できてしまうそうです

電気代やら人件費やらのコストもあるので、露地物よりも割高にはなっているようですが、季節によらずに生産が出来るので、それなりのメリットはありそうです。でもねぇ、凄いとは思いつつ、工場で生産されるレタスというのはなんだか不思議な感覚でした。いい悪いは別として。

とりあえず24時間連続で光り当てられたら、レタスも寝たいだろうなあと、変な事を思ったりしていました。

2005年05月12日

Mac miniにぴったりのアイテム

mini mate

Mac miniのUSBは2つしかないためとても不便なのですが、かっこいいUSBハブが発売されないかなあと思っていたら、このようなものを発見!! MICRONET社のmini mateという商品です。

Mac miniとほとんど同じ大きさでUSB端子3つとFireWire端子3つのハブになっている上にハードディスクが内蔵されている(80,160,250,400GBの4種類)というもので、Webで紹介されている写真を見る限りそっくりです。これを重ねて使うそうです。これいいなぁ。これなら置き場所に困らないし(重ねるだけですから)、USB不足もハードディスクの容量も一挙に解決できます。なんと言ってもデザインがそのまんまなのがいいです。「The miniMate was designed to be placed under the Mac Mini.」って書かれてますから。

とりあえず、輸入はまだっぽいですが、Vintage Computerで取り扱っているそうです。うーん、要検討。

2005年05月11日

JR西日本に関する報道と考え方

先日、JR西日本の脱線事故に関する報道について書きましたが、FPNの「ボウリング大会が批難される理由」を読むと、改めて考えさせられます。そう、自分がもしJR西日本の社員で、しかも自分が当事者ではないとしたら、どのように行動するのが良かったでしょうか。自分が休暇中だったら、休暇を切り上げて会社に行く事が出来たのでしょうか。心配する事は出来ても、どうする事も出来ないかも知れません。以下、引用させていただきます。

組織の不祥事を知らされたとき、当事者では無い、つまり被害者でも加害者でもない一般市民とマスコミは、知らず知らずのうちに、「組織自体の責任」と「組織構成員の個人の責任」を混同したまま、批難してしまいやすい。これまでの報道によれば、今回の大事故の原因はJR西日本側にあるようなので、その関係者を拡大的に批難する心情も判らなくも無いが、事故の本質から目を奪いかねない論評には、惑わされないよう気をつけたほうがよい。イジメ的な日勤教育をやっていたというJR西日本を、われわれは図らずも、イジメようとしていないであろうか。

監督が不祥事を起こすとチームが出場できない高校野球や、受信料不払い運動による減収の影響で、給与カットされるNHK管理職など、「連帯責任」が常識として問われる日本の社会。しかし、関係者皆同罪というわかりやすい発想を持つ「連帯責任」も、まちがって追及すると、本当の責任の所在をあやふやにしてしまう危険性を伴う。

この「連帯責任」という言葉、凄く重く感じました。果たして誰に責任があって、どこまでが「連帯責任」なのか。ちゃんと考える必要があると思います。

JR西日本の体質を問う事と、ボーリング大会や宴会を叩くことはわけが違いますし、マスコミもきちんと取捨選択をしていただきたい。ただ気に入らないから叩くだけでは、単に世の中がすさんでいくだけなのかも知れません。

2005年05月08日

JR西日本に関する報道

mmtの「マスコミって…」を読んで。

確かに、事故後の宴会とかゴルフとか、ちょっと重箱の隅をつつくようですが、まあ自粛した方が良かったんじゃないかなあとは思います。ただ、それを大々的に報道で、トップニュースで扱う必要は無いだろうし、話の矛先がまるっきりずれてしまっている気がします。

ポイントはなぜ事故は起きたか、予見できなかったのか、今後防ぐにはどうしたらいいか、という事だし、このニュースを報道する事で埋もれてしまった鉄道事故以外のニュースもたくさんあるはず。

それともう一つ、どうしても気になる報道が、オーバーランに関するもの。事故後やたらと、他の鉄道などでのオーバーランのニュースが出ていた気がするのですが、正直なところオーバーラン自体は良い事ではないけど、ニュースで取り上げる程の問題ではないと思います。JR西日本の事故でもオーバーラン自体が問題なのではなく、その背景にある過酷な時間管理や社員管理、競争などがあったようですし、オーバーランが極悪であるかのような報道は意味がないと思います。運転しているのが人である以上、ミスはあるでしょうし、そんな事言ったら誰も運転できる人がいなくなる気がします。

これとよく似た報道が以前あったなあと、思い出したのが三菱自動車のリコール隠しと走行中の出火のニュース。パーツ不良が原因でクルマが走行中に出火するというイメージが定着してしまい、三菱の車が出火するたびにニュースになっていたような気がします。まるで「三菱の車は燃える」と言わんばかりに。

一応古い記事ですがYomiuri On-Lineのニュースでこんな風に伝えられてます。

国土交通省などのまとめでは、全国の車両火災の発生件数は、2002年で8617件(放火事件も含む)。例年1万件近くが発生している。14社ある国内自動車メーカーで単純に割ると、1社当たりの年間発生件数は600件以上。ある三菱自関係者は「こういう状況下では言いにくいが」と前置きした上で、「三菱車が1日1台燃えていたとしても、統計上はおかしくない」と指摘する。

実際は、他のメーカーのクルマだって燃えていたでしょうし、問題の部品が原因でなかった場合も多数あったはずですがそういう部分は報道されずに、ただ「三菱の車は燃える」というイメージだけで報道されていた気がします。報道が偏って本質を見失わないで欲しいものです。

2005年05月07日

TBSのアナウンサー

TBSって局アナを使うときに、やたらと偏った使い方してませんか? 

自分が気になるだけかも知れませんし、特に調べたわけではないのですけれど、男性は安住紳一郎アナ、女性は小林麻耶アナばかりを見かける気がします。多分バラエティばかりを見ているからかも知れませんが。

二人とも特に嫌いではないのですが、人気のある人ばかり使われている気もして、なんだか腑に落ちないです。チューボーですよも小林アナだったし、世界・ふしぎ発見も小林アナだなぁ。他のアナウンサーの方々の影が薄いです。もっといろいろな人を使った方がいい気がするんですけどねぇ?

2005年05月06日

非接触のスキミングについて

最近テレビで非接触型のスキマー(スキミングをする機械)を使った犯罪が起こる可能性を、よく紹介していたりします。少なくとも2回以上見ている気がします。確かにSuicaとかEdyとかのカードは非接触でデータのやりとりが出来るわけですが、普通の磁気タイプのクレジットカードやキャッシュカードも狙われているような雰囲気の内容で、見ている方が不安になってきます。

それを受けて、先日書いたわけですが、どうも納得がいかない。でも不安。というわけでいろいろ調べていましたら、このようなページを発見。

ICカード情報局:「鞄や服の上からのスキミング」の報道は大げさ?

詳しくは読んでいただきたいのですが、まあ要するに、磁気カードの非接触スキミングは現時点では不可能っぽいです。真相は分かりませんが、よく分かっていないテレビの制作側の人が「こういう犯罪もあるんだ」なんて吹き込まれて、それをテレビで大々的に紹介している....な〜んてオチじゃないといいんですけど。

とりあえず、この方が引用されている記事の出典がラジオライフです。久しぶりにラジオライフ5月号が読んでみたくなりました。

2005年05月05日

銀座でよさげなカフェを発見!

銀座に行ったときに寄れるカフェをしばしば探しています。良さそうなところでも、混んでいたり、やたら高かったり、ちょっと銀座から外れていたりと、なかなかいいところが見つかりません。

今回見つけたところもかなりいい感じで、適度に空いていて、静かで値段も安い、かなりお薦めの場所です。一応住所も銀座1丁目です。「アニエスカフェ」というところで、ホテル銀座ラフィナートの2階にあります。建物自体はちょっと古っぽくて、入りにくい感じはあるのですが、中はきれいで落ち着いています。

休日の午後に行ったのですが、人は少なくて静かです(携帯で長電話している業界人ぽいオヤジがいてちょっとげんなりしましたが)。ケーキ2個とアイスとコーヒー付きで945円とリーズナブルです。ケーキも12〜3種類以上ある中から好きなものが選べます。味もグッド。ちょっと甘いかなあとは思いましたが、特にアイスがおいしい!とりあえず、ケーキの種類が多いので通って制覇したくなります。しかも、ホームページを見て改めて気が付いたのですがフレンチの鉄人 坂井宏行シェフの店だそうです。

で、難点をしいて上げるとすれば、やっぱり銀座の中心部(三越とか和光のあたり)からはかなり遠いところにあることでしょうか。建物の周りの雰囲気は華やかな銀座とはちょっとちがうかも。でもかなりお薦めのカフェです。

2005年05月04日

非接触型スキミング対策

最近のスキミング(カード情報を盗む犯罪)でかなり怖いのが、非接触型のスキミングだそうです。今までだとカードリーダーにクレジットカードなどを通して中のデータを読み取っていたのですが、クレジットカードに近づけただけで内容を読み取る装置が出てきて、それを使った犯罪が出てきているそうです(ちょっと原理がよく分かってません .....)

こうなると、ただクレジットカードを持ち歩いているだけでも、たとえば満員電車の中とかで装置を使ってポケットや鞄の中に入っているクレジットカードのデータをこっそり抜き取られてしまい、しかもその間に何をされたか全く分からないという状況も十分考えられます。何とも嫌な感じですが、対策としてはクレジットカードなどを金属の容器(名刺入れなど)に入れておくのがいいらしいです。ただこちらのAll Aboutの記事では金属ケースで保護しても完全に密封していないと駄目とも書かれています。

ただそれだと、お財布の中に入れておけないので、お財布をスキミング対策の施されたものに買えるのも方法の一つみたいなのですが、検索で調べるとあんまり選択肢はなさそうです。

ちょっと違うのですが、先日、ワールドビジネスサテライトの「トレンドたまご」で紹介されていたアイテムは非接触型ICカード(JR東日本のSUICAとか)の読み取りを不可能にしてしまうもので、5月27日発売予定らしいです。原理は、非接触型のスキミング装置から出る電磁波と干渉するような電波を出すようですが、テレビの説明だとよく分かりません。製造元のホームページもあるかと思ったのですが、ちょっと見つかりませんでした。

このくらい手軽に対策がとれると確かにいいんですけどねえ。

ちょっと情報がよく分からないまま書いているので(ICカードと他のカードがごっちゃになっている気が...)また詳しく書きます。

<追記 2005.5.6>
非接触型スキミングについて、こちらに追記しました。通常の磁気タイプのクレジットカードなどは読み取り不可能のようです。

2005年05月03日

スコープドック見てきました!

nandemotukuruyo.jpg

前からの懸案だった「何でもつくるよ」の展覧会に行ってきました。3時くらいに行ったのですが、結構混んでまして(写真参照)入るまでに15分くらいは並んだでしょうか。

展覧会の会場内はちょっと薄暗くいろいろなアイテムが並んでいました。特に気に入ったのがこのノートパソコン。こじんまりとしている割に存在感は抜群です。こんなパソコンあったら使いたい?!

そしていよいよスコープドック登場!とにかくでかい!

展示場所の狭さもあって威圧感が凄いです。右手の部分の力強さが何とも恐ろしいほどです。絶対殴られたくない!本体が錆仕上げ(というのかな?)にはなっていましたが、もしこれが塗装してあったら、それはそれでより凄い気がします。

さらに欲を言えば、顔の部分(レンズ部分)をアップで見られるといいですねぇ。私のお薦めの観戦ポイントは、出口直前のドアのあたりで振り向いて全体を見るのがいいです。

ちょうど見学中に、スタッフの方が4〜5人前の方のところでずーっとビデオカメラで撮影をされていたのですが、その隣にスタッフっぽい人がいる、と思ったら作者のkogoroさんでした。ちょっと声はかけられませんでしたが、すてきな作品を見る機会を作っていただいて、ありがとうございました。

ちょっと残念だったのは、本が売り切れだった事。プロの撮影した写真も含めて早く読んでみたいです。

2005年05月01日

草野さんが最近凄い

スーパーひとし君でおなじみ?の草野仁さん。最近夜中テレビを見ていると、浅草キッドのお二人と番組に出て、鍛え上げた肉体を披露したりしているわけです。その番組「草野★キッド」のホームページはこちら。草野さんの腕枕で寝る角田さんの写真とか見ると、果たしてどう判断したらいいのかかなり困るわけですが

東大出てNHK出身の凄くまじめそうな人というイメージがあったというか、今ももちろんそのイメージなんですけど、はたして変なイメージが付いていいのかなと思ったらこんなインタビュー記事が(日刊スポーツ)。

「まあ、もともと自分の中にあるものですから。振り返ると、私の人生は目指している方向からいつもスライス、スライスして違うところに行き着くことの繰り返し。60も過ぎたことだし、やりたいと思ったことはいろいろチャレンジしたいなと」

ということで、草野さんもいろいろやっていくそうです。このインタビュー記事の草野さんの写真かっこいいです。

2005年04月28日

自転車で営業

本日は、客先を2カ所ほど回ってきたのですが、どちらも区内で近所だったので、自転車で行きました。渋滞知らず、待ち時間なし、一方通行も関係なし。とても便利です。まあ通勤も自転車ですし、別にどうってことないんですけど。何にせよ、移動時間が短いというのは、助かります。

しっかし今日は暑かったです。特に昨日まではちょうどいいくらいの涼しさだった気がするのですが、スーツで自転車こいでいると、ちょっとたまらない感じでした。そしたら、東京は夏日だったようです。そりゃ暑いよ!訪問した工場もかなり暑かったし、会社に帰ってきてから、すっかり力が抜けてしまいました。

なんだか疲れましたが、とりあえず明日が休みでよかった〜。

2005年04月21日

ブルドックソース

「オタフクソース、ユニオンソースを買収・業界首位に」(Nikkei Net)

ソース業界2位のオタフクソース(広島市、佐々木尉文社長)は18日、業務用ソースのユニオンソース(東京・文京、井草貴社長)に51%出資、買収したと発表した。ユニオンは旧工場の除却損で、04年12月期に経常赤字に陥っていた。両社のソース事業の売上高を合計すると約130億円となり、ブルドックソースを抜き業界最大手になる。

なんか、業界再編の波がここまで!といった感じなのでしょうか。というか、自分なんかは「ソースといえばブルドック」というイメージが非常に強いくて、あんまり他のメーカのソースを選んで使う事はないですねえ。何でだろ〜。ちなみにソースのメーカーって結構あるんですよ(社団法人ソース工業界のホームページより)

私の実家ではブルドックソースのウスターを使うのなぜか父のみ、母、私、妹、弟は中濃かトンカツソースでした。だからウスターソースは父親のイメージが非常に強いのですが、そういうことってありませんか?

2005年04月13日

ドイツパン

doitupan.jpg

ドイツ旅行以来、ドイツ料理やドイツパンがかなり気になるようになったのですが、残念ながらイタリア料理やフランス料理、中華料理などとは違っていまいち人気が無い?ドイツ料理。特に、ドイツパンを取り扱っているパン屋さんはなかなか無いのです。

先日、テレビで神楽坂にあるドイツパンのお店「ベッカー」を紹介していたので、客先から帰る途中でちょっと足を伸ばして買ってきました。こちらがドイツパンの一種で、プレッツェルです。

どこかの国の大統領が、のどに詰まらせたお菓子も確かプレッツェルですが、こちらの方がかなり大きく、片手を広げたくらいのサイズです。塩気が強く、表面についている白い固まりも、塩の固まりです。身が詰まった感じで日本のパンと比べると堅いですが、フランスパンほどがちがちという感じではありません。結構おいしいんですよ。多分ビールとかにも合います。

とりあえずもっと近くにあると、しょっちゅう買いに行けるのですが、また今度都心に出たら買ってこようっと。

2005年04月12日

確率と確立

前にも書いたような気がするのですが、ブログや個人ページなどではよく漢字の間違いを見かけます。自分だってあんまり人のことを言えないとは思うのですが、それでもどうしても気になってしまうのが「確率」と「確立」です。

『およそ8割の確立で…』とか書いてあると、「何を確立するんだよ!!」と思ってしまうわけですよ。「確立」は辞書で調べると「しっかりとうち立てること。しかと定まって動かないこと」と出ています。「確率」とは全く意味合いが違うのに、普通に使われていると何だか悲しくなります。

もうひとつ「始めまして。」という使い方も「何を始めるんだよ!!」と思ってしまうわけですよ。明らかに「初めまして」が正しいと思うのですが、もしかしたら2ちゃんねるとかの用語かも知れませんし、どこまで漢字を間違えて使うのがかっこいいのかの指針が欲しいところです。私としては「始めまして」はかっこ悪いです。

こんな事を思ってしまう私の考え方が、古いのかも知れませんが。。。

2005年04月10日

キティちゃんのはとバス

キティちゃんのはとバス

今日は有楽町から東京駅の方へ向かって散歩をしていたのですが、東京駅付近で大きなキティちゃんのバスを発見!とりあえず京ポンでパシャリ。

これははとバスハローキティバスだそうです。東京駅から、浅草やお台場の方へとプチドライブをしてくれるそうで、バスの中には大きなキティちゃんのぬいぐるみも置いてあるようでした。

そういえば、はとバスなんて乗った事無いなあ、と言うか、乗る機会もないんですけど。

それ以上に、いろいろなものにキティちゃんて使われているなあと、本当に再現がない感じですね。最近はユニバーサルスタジオジャパンのTVCMでも踊ってますし。

2005年04月08日

スコープドック(1/1モデル)

「なんでも作るよ。」のkogoro氏が制作をしていた装甲機兵ボトムズの「スコープドッグ・ブルーティッシュカスタム」がほぼ完成をしたようです。1/1モデルで全高が4m位あるそうです。

全身の写っている写真が掲載されていますが、すごくかっこいいです。というか、力強いというか、これが目の前にあったら、相当な威圧感があると思います。「根性試しで作ってみた」そうですが、根性だけではこれだけのモノは作れないでしょう。

4月28日から5月12日まで個展がJR水道橋駅の近くで開かれて、この「スコープドッグ・ブルーティッシュカスタム」とそのほかの作品の色々が展示されるそうなので、それは行ってみる予定です。

というか、これだけのモノを個人で作ってしまうというのが凄い。。。

2005年04月04日

ビデオデッキ

今更ビデオデッキの話と思われる方もいるかも知れませんが、我が家の場合、それほどビデオデッキの需要がないため、たまにしか使われません。買ったのは多分4〜5年前のTOSHIBA A-SB9という機種なのですが、BSチューナーも内蔵されたS-VHSのビデオデッキです。

最近電源をオフにすると時計がリセットされてしまい非常に不便なのですが、取扱説明書にはどうしたらよいかは書いていないようでした。ということで、東芝のWEBサイトを見れば何か書いてあるかなとは思ったのですが。

ええと、ビデオデッキの情報はどこですか?

なんのことはない、すでにビデオデッキは全て生産終了だそうです。あー。なんだか浦島太郎のような気分です。HDDレコーダーとかは便利だとは思いますが、そこまで別に必要ではないんですけどねぇ。とりあえず修理は出来るのかな。。。。今度「東芝家電修理ご相談センター」に電話してみます。

頼むから、これ以上家電品が壊れないで欲しい。。。

2005年03月31日

3月ももうお終いです

はやいですね、もう今年も4分の1が過ぎてしまいました。明日は4月1日、エイプリルフールなので、各所(特にインターネット)で面白いニュースやサイトが発生すると思われますので、要注意です。面白いのを発見したらこのコメント欄とかでも紹介します。

4月になるといろいろ新しいことが始まったりするわけですが、とりあえずはNHKのラジオ講座を続けて行かなくては。録音する方法だけは完璧なので、あとは根性を入れてやるだけです。そこが一番重要なんですけど。

それと、ちょっとここのところ本を読む量が減っていましたので、もう少し本を読んで紹介できるといいなあとは思っております。一応読んではいるのですが、書評を書くほどまでには至っていないというか、雑誌が多かったりするんですけど。

とりあえず、このくらいの文章はもっとぱぱっと書けるようになりたいです(書き始めるまで30分ほど、書くのに20分ほどかかっています)。うん。時短の方向で。

2005年03月30日

バーレーン戦、辛くも勝利

何にせよ勝ったことには変わりなし。勝ち点3、ありがとうございます。

テレビ観戦している方としては、なかなかストレスのたまる試合でした。あそこまでゴールネットを揺らすことが出来ないと、かつて「決定力がない」と言われた頃を思い出します。

でも1対0で、その1点がオウンゴールというのも、何とも寂しい気はしますが。もっと悲しいのは稲本の扱い。メンバー交代した後に実際に動いていたのは30秒くらい?もっと前に交代の指示を出してあげればいいのに>監督

同じ日に北朝鮮で行われた、北朝鮮 vs イランでは「判定を巡って数千人が暴徒化」なんてニュースも入ってきています。日本戦の時がかなり心配ですが「冷静に対処」していただきたいものです。

以上、前回に引き続き今日もサッカー以外が考えられませんでした(笑)

2005年03月29日

銀座での1コマ

geos.jpg

あれ?坂口憲二って、イーオンじゃなくてジオスの広告に出ているんだっけ?と思ったら、NTTドコモの看板でした。何もそこまで隣り合わせにならなくても良かったのに。と思う。

ついでに、イーオンのCM、いつの間にか加藤あいに変わってましたけど、坂口の後輩役ということらしいです。

2005年03月25日

サッカーが気になって

なかなか書けません!

ただいま日本対イランの生中継を見つつ、パソコンに向かっているわけですが、現在前半37分過ぎで0対1で日本が負けております。なかなか厳しい展開です。

前評判でイランのスタジアムとサポーターは凄いなんてテレビでガンガン流れていた割には、結構普通の展開な気も。どうもテレビにあおられていたっぽい気もします。というか、テレビ朝日がサッカーに力を入れすぎているんじゃないか?と思うときもあります。

前半終了、結局0対1のまま。

<追記>
後半12分経過、日本のチャンスも続くも、まだ0対1。

後半21分位に、やっと1点ゲットーーー!同点です。

後半30分、イラン追加点ーーー。。。。1対2。

厳しい戦いが続いております。ロスタイムは3分。

試合終了。。うーん残念。。。

2005年03月24日

ホッピー

普段はあんまりアルコール類を飲まないんです。でも何か飲みたいときってあるじゃないですか。

一時期アルコールの入っていないビールを飲み比べたりもしたんですけど、一番良くて最近定番になったのはホッピーです。ホッピーというと、安いビールの代用品という感じで、元々はアルコール分の無い(0.8%位はあるようです)ホッピーと焼酎などを混ぜて飲むものです。混ぜる焼酎の量を変えることでアルコール度数を変えることが出来て、「プリン体ゼロ・低カロリー・低糖質の健康志向飲料」だそうです。

自分の場合はホッピーを、アルコールと混ぜずにそのまま飲みます。結構おいしいです。多分お酒の強い人には物足りなく感じるでしょうが、自分にはちょうどいい(酔うという意味ではなく、すっきりするという意味で)です。

近所のスーパーでも売っていて1本110円くらいです。アルコール飲料ではないので、酒税はかかっていないみたいです。難点は、ビンでしか販売を行っていないので、大量に買おうとするととても重い事ですが、ケース単位でホッピーを通販出来るお店もあります。特に東京圏だと無料配送してくれるサービスもあるのでお薦めです。

2005年03月17日

洋書を買うときはAmazonで

洋書は確実に書店で買うよりAmazonで買う方が安いです。以前、英文法の本を買おうと調べてみたら、書店では3500円くらいの本がAmazonでは2500円しかも送料無料だったので、結構驚きました。

その話を英会話の先生としていて、英会話の授業で使う教科書もAmazonで買おうと思ったのですが、どうしても見つかりませんでした。結局、その本は丸善のWeb通販で買ったのですが、本は高いし送料もかかるし、なんだか損した気分でした。普通なんですけどね。

で、その教科書、OXFORDの「PASSPORT to work」という、働いている人向けの比較的簡単な本なのですが、洋書かと思ったらどうやら日本の本みたいです。英語ながら内容は日本での出来事だったり、主人公は日本人だったり、最後の方には日本語での解説もついていました。そりゃ洋書コーナーで探しても出てこないはずです。

というわけで、洋書を買うときはやっぱりAmazonの方がいいです。

2005年03月14日

なんだか未来的な雰囲気

haneda_2nd4.jpg

引き続き、羽田空港第二ターミナルの写真です。ちょうどレストランが入っているあたりで展望デッキに行くあたりです。照明の感じがなんだか未来的というか、暖かい色の照明を使いつつも最新のデザインといった感じです。
ちょっと目線を上にあげるだけで、いろんなものが見えてきます。

2005年03月13日

羽田空港第2ターミナル

羽田空港第2ターミナル

本日は去年の12月にオープンした羽田空港第2ターミナルに行ってきました。新しい施設に行くというのは楽しいですね。本当に。飛行機も少しだけ見ましたが、今日は雪が降るほど屋外は寒かったので、飛び立つのを少し見ただけでした。さすがに休日は混んでますね〜。

続きを読む "羽田空港第2ターミナル" »

2005年03月12日

とりあえず

ホリエモンは仮処分の件で、最終的に本当に勝ったことになるのだろうか?わからない。。。

ニッポン放送は、どうなっちゃうんだろうか。。。。そしてフジテレビは。。。

いまなら、ニッポン放送の株主総会への入場券がまだ買えるのか?きっとプレミアものだなあ。村上さんも出るらしいし。

買わないけど(笑)

2005年03月11日

ウオー、にせもの?

これなーんだ?

というわけで、台湾のメーカーが作ったiPod Shuffleそっくりの、その名も「Super Shuffle」です。なんと!FMラジオとボイスレコーダーまでついてます。

ええと、裁判はいつ始まりますか?(笑)

というか、このデザインで出そうと思ったメーカーに、いろんな意味で拍手!真っ向勝負もいいところです。どこまで本気なんでしょうか。仮に、このままのデザインで出したとして、液晶モニタもなしにどうやってラジオをチューニングするんでしょうか?電波の拾えるところだけを聴けというのでしょうか、それはそれで凄い仕様ですが。

ちなみに付属のイヤホンもデザインそっくりです。う〜ん。

2005年03月09日

競馬場

私の実家のすぐ近くには、地方競馬場があります。といっても、今年の3月でその役目を終えてしまいます。折からの不況や、地方競馬離れも進んで、赤字が続いたことが原因なのでしょう。どこの地方競馬場も状況は厳しいと聞きますので、やむ終えないことだと思います。

昔、まだ私が実家に住んでいた頃、競馬の開催される日といえば、周りにある駐車場がとても混雑し、レースが終わる3〜4時頃には周りの交通網がすっかり渋滞してしていたものでした。馬券購入の締切(だと思われる)の時に音楽が流れていた事も(単調な電子音の『エリーゼのため』にだったと思います)、今となっては懐かしい思い出です。

そして、競馬場の周りには多くの厩舎があり、そこに多くの競走馬たちが住んでいます。はっきり言って、私の実家の近所は犬や猫よりも馬の方が多かったと思います(笑)それは冗談としても。

馬たちの朝は早く、朝4時頃には起きて競馬場でトレーニングをしていました。小学校や中学校への登校の時間には、馬が普通に一般公道を歩いて厩舎と競馬場の間を行き来していました。他の人が見たら驚くかも知れませんが、私にとってはごく当たり前の朝の風景でした。別に馬だけで歩いているわけではなく、必ず調教師さんが手綱を持って一緒に歩いていますし。

それでも一度だけ、驚くこともありました。確か中学生の頃で、自転車に乗って一人で登校していたのですが、そんな時に目の前から馬が1頭、パカラッ、パカラッ、パカラッ、と走ってきたのです。驚きつつもよけたら、私の横を通り過ぎて馬は走り去っていきました。そのあと調教師さんが馬を追いかけて走っていってしまいました。まさか登校中に、暴れ馬に会おうとは!! といってもそんなに暴れていたわけでは無いですけど(笑)

でもそんな馬たちも、競馬場と共に役目を終えてしまうのでしょうか。なかなか競走馬が退役したあとというのは厳しいらしいですが、1頭でも多くの馬が幸せに暮らしてくれること願います。

2005年03月07日

明日からが怖い。。。

さて、花粉症の季節になって、もうそろそろ本格的に花粉が飛んできそうなのですが、とりあえず8日と9日の飛散量は非常に多いそうです。

粉「猛烈に多い」可能性 高温のため都市部でも(Yahoo!ニュース)

(NPO法人の花粉情報)協会の村山貢司理事によると、久しぶりの晴天が続いて暖かくなるため、1日の飛散量が1平方センチ当たり100個を超える可能性がある。史上最悪の被害が予想される今季のスギ花粉飛散がいよいよ本番を迎えそうだ。

とりあえず、このニュースを読んだだけで、しょぼ〜ん。あんまり考えられなかったので、これにて失礼...

2005年03月06日

F1開幕戦を父とTV観戦

今日はF1グランプリ第1戦 オーストラリアGPがテレビ放映されていました。開催地がオーストラリアで日本とあまり時差が無い状態なので、日本での午後1時からの放映でした。たまたま実家に帰っていたので、昼食の時間に父と少しだけ観戦していました。

今年は大幅にレギュレーションが変わり、レース中のタイヤの交換が無くなったり(予選から通しで1セットしか使えない!)エンジンを2戦で1基しか使えなくなったり、予選の方法も土曜日が1回目、日曜日が2回目でその合算で順位が決まるらしいです。なんだか複雑でレース自体がやりにくくならなければいいのですが。

そして、一緒に観戦していた、F1には全く詳しくない我が父。

「なんだい、ホンだとトヨタが出てるんかい?トヨタは金持ってるからなぁ。」
お金の問題じゃないと思うけど。。。

「ああ、あの赤いのがトヨタだな。2位だな」
そうね。赤いけど、フェラーリのマシンの方が赤いよ。。。

「なんだ、選手の名前ばっかりで、トヨタが何位とか言わないんだな」
確かに。F1って選手がメインだものなあ。普通のトヨタやホンダが好きな人には、ドライバーが誰かよりも、どこのメーカー化の方が知りたいかも。特に普通の人でも見る日中の放送だったし。でも実況で『ここでトヨタが前に出たー!!』とかいうのはF1ではどうかと。。。

とりあえず実家から東京に戻る都合もあったので、はじめの10周くらいを見たら見るのをやめてしまいました。ピット作業からタイヤ交換が無くなったところまでは見ていないのですが、何にせよ、見ている人が楽しめるレースになればよいと思います。

2005年02月20日

インタークラブ ヒストリックカーレース第1戦

interclub.jpg

先ほど筑波から帰ってきました。ほぼ1日サーキットにいてレース観戦していたのなんて本当に久しぶりかも。かなり写真も撮ってきたのですが、とりあえず文章を載せる元気がないので(笑)写真を載せておきます。予選の様子です。1960年代の車って今見てもかっこいい、と思います。

2005年02月19日

ロバート・キャパ写真展

capa.jpg

報道写真、特に戦争での写真家として知られる、ロバート・キャパの写真展が20日まで東京日本橋の三越本店(新館)で開かれています。以前にもロバート・キャパの写真展を見に行ったことはあったのですが、今回は未発表のカラー写真がメインと言うことで、どうしても一度見ておきたいと思い、行ってきました。

戦争、特に第2次世界大戦の頃の記録写真の類は、どうもモノクロというイメージがありますが、映写機用のカラーフィルムがあったそうで、それをキャパがカメラ用に利用したそうです。それにしても展示されているカラー写真は驚くほど鮮やかなモノが多く長い期間、非常にいい管理状態のままで保存されいたのだなあと感じられました。

昔の写真と言えばセピア色のイメージで勝手に考えていましたが、そういうイメージを完全に払拭してしまうほど、本当にタイムマシンに乗って写真がやってきたかのような鮮やかさです。キャパが戦場で亡くなる直前に日本に訪れていた頃の写真もあり、その雰囲気のふるさと色の鮮やかさのギャップもまた面白いと感じられる写真でした。

そして、会場の最後に飾られていたロバート・キャパの顔写真がカルロス・ゴーンに似ているのも、ちょっと気になりました。もしよろしければ、是非見に行ってみてはいかがでしょうか。

2005年02月14日

My Desktop

desktop_image.jpg

現在の自宅デスクトップ環境です。Mac miniのおかげで、だいぶ広く使うことが出来ます。もちろん液晶モニターもかなりの貢献度です。少々ケーブルが見苦しいですが、Mac miniにBluetoothは内蔵させていないので、ここをワイヤレスに出来ないのは惜しいですね。でも買うならもっと小さなキーボードがいいかなあ。

2005年02月13日

ウィーン風カフェ

銀座・有楽町・東京方面に出掛けた時、必ずと言っていいほど寄っていたカフェがありました。「カフェ・ウィーン 国際フォーラム店」で、ウィーン風のコーヒーやケーキを食べさせてくれるとても雰囲気の良いお店でした。

コーヒーを頼むとチョコレートが1つ付いてきたり、ケーキも何種類かあって、中でもアップルシュトゥルードゥル(暖かいアップルのクレープのようなパイのような)がお気に入りでした。いつも混雑していたのですが、なぜか2004年7月に閉店。後には全く別のレストランが入ってしまい、それ以来行っていません。一応日本橋には同じ名前の店があるのですが、ちょっと離れているので、そちらには行ったことがありません。

その後、銀座の色々な種類のカフェに行ってみたのですが、どこも今一歩でした。混んでいて入りにくかったり、やたら高かったり、料理がメインでカフェだけを楽しむ雰囲気ではなかったりと、返す返すもカフェ・ウイーンが無くなったことが悔やまれます。

諦めつつも、先日銀座から八重洲まで足を運んだ際に、ふと立ち寄った八重洲富士屋ホテルの1階に、ウィーンの森というカフェを発見。これがまた良い雰囲気で、ゆっくりと落ち着けるいい場所でした。客層もかなり上のようで、とても静かです。スーツ姿の人や、ホテルの宿泊客と思われる方が多いです。

コーヒーもケーキもウィーン風で、しかもおいしい!残念ながらアップルシュトゥルードゥルはメニューにはありませんでしたが、それ以外はほぼ満足のいくカフェです。というわけで定番カフェに決定!

とりあえず紹介はしましたが、混雑するといやなので他の方は来ないで下さい(笑)いや、ぜひ行ってみて下さい。

2005年02月08日

SCCJインタークラブ第1戦

今月の20日(2005年2月20日:日曜日)に筑波サーキットSCCJ インタークラブヒストリックカーレース第1戦が開催されます。

ヒストリックカーレースですが、出場するのはすべて外国産車です。ミニ、BMW、MB、アルファロメオ、ロータス111(エリーゼ)などの各クラスのほか、1969年までに生産されたフォーミュラーカー、レーシングカーによるレース、一番すごいのは1940年くらいまでに生産されたビンテージカーによるレース!っていうか、そのくらいの車になるときちっと走るだけでもすごい気がしますが、結構本気でレースをするそうです。ブガッティとかライレー、オースチンなんて車ですから、すでに名前だけが伝説になっているような車種でのレースで、国内でもこのインタークラブのレースだけだそうです。

また、当日はF1のロータス72(ゴールドリーフカラー)もデモ走行を行うそうです。先日ツインリンクもてぎで行われたチーム・ロータス50周年記念ジャパンでも走ったマシンです。

1日に11ものレースと走行会(1時間の耐久を含む)を行うというのもすごいのですが、様々な車の走りをみることが出来ると思います。ということで私は、今回はこのイベントのお手伝いもかねて、会場を走り回っている予定です。

2005年02月02日

Mac miniに触りたい時に限って

やたら仕事が詰まってきて、夜遅くまで会社にいるというのはどういう事ですか?

はやく快適環境にしたいのに、旧マックからのデータ転送が相当に遅くて(途中がワイヤレスなので11Mbps...)、ちっともデータが移行できないのはどういう事ですか?まあこれは会社からLanケーブルを借りていってコピーする予定ですが。

旧マックからMac miniへのデータ移行で、意外にキーボードとマウスが2台無いと作業がしづらいっていうのはどういうことですか?

Firewireのハードディスクを使ってデータコピーした方が速いのに、iPodの容量が空きまくっているというのに、現行iPodはG3(OS 9.2.2)ではマウントすらしないというのは、どういうことですか?(古いと言うことです)

早く、快適スモール環境に移行したい。。。

2005年01月31日

いよいよ花粉が来た気がする

もう今年の初めから抗アレルギーの薬を飲んで、花粉症対策をしてきたつもりなのですが。今になってみると注射を打っておいた方が良かったのかもなあと、思う次第で。

とりあえず、今日は頭はボーっとするわ、熱っぽいわ、目はゴロゴロするわで、かなりやぱい気がします。日中外に出ていたのも影響しているかも知れません。

ちょっと前から去年のこの季節に買っていた甜茶の飴を探しているのですが、まだ見つかっていません。見つけたら大人買いだな〜。通販で探してみようかな。

とりあえず、今日は不調ということで。これが続いたらどうしよう。。。

2005年01月30日

中居家の食卓

今日のブラックバラエティ、SMAPの中居君の昔の食卓を再現してました。バターごはん、酢ごはん、水かけごはんの3種類。

バターごはん

  1. ごはんをよそります。
  2. バターを一かけぐらい入れてよく混ぜます。
  3. バターが溶けたら、しょう油をかけて、よく混ぜ出てできあがり。

これはやったことあります。結構おいしいですが、あまり続けるとカロリーが気になりそうです。番組中でもかなり好評でした。

酢ごはん

  1. ごはんをよそります。
  2. 酢を適量かけてよく混ぜます。
  3. わさびを少し入れてまたよく混ぜます。
  4. しょう油を、かけてよく混ぜてできあがり。

酢。。。。お寿司の酢飯みたいな感じでしょうか、わさびも入れてますし。。。でもこれも番組中ではかなり好評でした。

水かけごはん

  1. ごはんをよそります。
  2. 水道の蛇口をひねって、直接水を入れてよく混ぜてできあがり。

。。。。。。とてもおいしそうに見えないんですけど。せめてお湯。。。それもどうかなー。。。中居君も懐かしいと言いつつ、きつかったなーとも。他の出演者もかなり駄目そうでした。

自分ならこの中から選ぶなら、まあバターごはんかな。ちょっと食べたくなりました。

2005年01月29日

アンリ・シャルパンティエ

anli.jpg

今日は、銀座2丁目の「アンリ・シャルパンティエ」というカフェで、ケーキとコーヒーを頂きました。とりあえず、行ってみたら待っている人も多くて入るのにもだいぶ待たされましたが、雰囲気のいいところで、ケーキもおいしかったですよー。このお店はトイレの場所が面白いので、行った方はぜひ見てみてください。

2005年01月28日

ヒロシのBGMってイタリア語だったのね

ヒロシです。」

で、おなじみのヒロシですが、その時に必ずかかるBGM、なんて曲なのか、というか何語の曲なのか、ちょっと気になっていたわけですが(それほどでもないけど...)、昨日J-WAVEを聴いている時に紹介していたので、いちおうこちらでも。

元々は映画のサウンドトラックで、「ガラスの部屋」という曲だそうです。歌詞はイタリア語で、歌っているのはイタリアの有名なカンツォーネ歌手のペッピーノ・ガッリャールディという方だそうです。こちらのページに詳しく歌詞の内容も書かれています。RealPlayerで試聴も出来ます。また、「僕たちの洋楽ヒット Vol.4 1970~71」というCDに収録されていますので、買って聴いてみたい方はぜひ!

「カンツォーネ」と聞くと、高校の音楽の授業を思い出す。。。

<追記 2005.1.29>
日付が間違っておりましたので修正しました。アップしたのは28日でした。

2005年01月23日

かっちょえー車

toyopet.jpg

今日は、ちょいと銀座まで(理由は99%アップルストアーでMac miniを見ることですが)行って来ました。だいたい銀座辺りだと、ベンツやBMWは当たり前、見たこともないような車も数多く走っています。でも今日のNo.1はこれ。トヨペット。

ええと、いつくらいの車ですか?っていうか銀座まで当然自走ですよね。ナンバーも○5とか書いてあって(○は地名ね)、多分初年度登録のままのオリジナルっぽいです。かっこよすぎます。ホワイトリボンタイヤもよく似合います。とにかく、かっこいいー。

2005年01月19日

NTT東日本のお客様窓口

先日、ちょっと気になってNTT東日本のお客様窓口を調べてみました。というのも、近くにあったNTT東日本の窓口がだいぶ前になくなったので、今はどこにあるのかなあと思ったためです。まあ普段はほとんどお世話になることもないですし、今ならホームページやメール、それでなくても電話などで解決してしまうことも多いでしょうから、窓口自体がそれほど多くなくても良いのでしょう。

で、現在、東京だと西新宿に一カ所あるだけです。おおかたは一昨年の末(平成15年12月26日)に閉鎖してしまったそうで、他県でもだいたい1県に1カ所のようです(全部を確認したわけではないです)。それだけ窓口に訪問しなくてもサービスが受けられるということなのかも知れません。

なんだかここまで来ると、全部オンラインでのサービスにしてしまった方がいい気もしますし、この西新宿の窓口が果たしてどれくらい活用されているのか、ちょっと気になるところでもあります。

2005年01月10日

自転車のパーツ

毎日通勤に自転車を使っていると、どうも壊れたり駄目になったりする部分も多くなってきます。とりあえず以前前輪のブレーキパッドは交換したのですが、それ以外に最近不都合な部分が多くなりました。

サドルは破れて中が見え、電池式のライトはあんまり使っていなかったら中の電池が錆びて手が付けられなくなり、ベルはなぜか壊れて音が鳴らない。どれも走りに直接関係はない(ライトは夜間走行に問題ありですね)のですが、まあ直す必要ありの部分ばかりです。

というわけで本日はパーツ購入。
 ・サドル 1,344円
 ・ベル   294円
 ・ライト 1,869円  合計 3,507円

特にライトは、以前は単2で電池の減りが早くなんだか非効率なものでしたが、今回は白色LEDで単3電池2本を使うものにしました。単3電池なら仮に電池切れを起こしても、ほぼ間違いなく持ち歩いているので(デジカメで使っているので)問題ありません。

とりあえず今日は買っただけなので、後で取り付けます。。。

2005年01月09日

軽ってすごいなーと思う

愛車

今日はちょいと宇都宮の実家まで日帰りで戻ってきました。片道100km以上、往復だと色々走ったので220〜30km位は走ったと思います。特に行きは首都高と高速道路を使って一気に走って(佐野SAで休憩したけど)いきました。

っていうか、さすがにこの車は十年選手でもあり、3速ATのNAエンジンでもあり、50馬力くらいしかないはずなんです。60km/hも出せばギアはトップまで入っちゃうし、100km/hにもなるとエンジンが吹け上がっちゃって騒音でラジオを聴くのも難しい位なんですけど、本当に良く走るんですよ。確かに今日は風も強くて、フラフラ〜フラフラ〜と揺れながら東北道を北上したんですけど、本当に不安になるほどではないですし、いい走りするなぁ〜って感じなんですよ。

決して軽自動車を馬鹿にしているわけじゃないんですけど、どちらかというと近所の買い物用というかあんまり長距離を走るようなイメージはなくて、だからこそ良いなあと思うんです。

もちろん、もっと最近の車や排気量の大きな車の方が乗り心地も走りもいいのは知っていますし分かるのですが、10年も前の軽でも結構大丈夫だなあと(個体の程度もあるとは思いますが)思うわけです。たださすがに、走り終わった後の疲労度は、軽だと結構あるんですけど(笑)

最近の軽自動車の方が更に乗り心地とか良いんですかね?去年は軽自動車も結構売れていたみたいですし。

2005年01月03日

勝手に予想&希望

さて、モニターレスのiMacが発売になるんじゃないかという情報に、勝手に期待を寄せておりますが、それも含めて勝手に予想をしてみましょう。

モニターレスのiMac
多分出るでしょう。でも発表と同時に発売になるかは不明(ThinkSecretの記事にさらに詳しく書いてます)。ターゲットはiPodユーザーでWindowsな方だそうです。確かに、Windowsでモニター別の方であれば、モニターを切り替えて使うと便利ですね。 iPod風のiMac G5の売れ行きってどうなんでしょうか?私的にはいまいちな気もするのですが、そのテコ入れ的な意味合いもあるので、ぜひ出して欲しい(果てしなく希望)。最下位機種はコンボドライブで良いから、BTOか上位機種でスーパードライブを選べるようにして欲しいなぁ〜。
次期EOS kiss Digital
こちらは勝手に希望してます。初めに出た時には10万円台前半のデジタル一眼カメラとしてかなり好評でしたが、既にNikon、PENTAX、Olympusが追従、特にPENTAXの小ささ、価格、操作性の良さ(聞くところに依るものですが)を考えると、CANONが黙ってみているとは思えない。確かにハイアマチュア向けにはEOS 20Dもあるんですけど、ぜひ次期EOS Kiss Digitalで、本体価格が10万円を切るくらいに頑張って欲しいです。 ちなみに現行EOS Kiss Digitalの発売日が2003年9月20日、EOS 10Dが発売されたのが2003年3月下旬、10Dの後継機のEOS 20Dが2004年9月18日なので、モデルの更新スパンを1年半くらいと考えると、もしかしたら3月くらいに新しいのが出ちゃうかも。 ちなみに、ビックカメラのデジタル一眼福袋がEOS Kiss Digital+純正標準レンズセットで、10万円+10%ポイント還元と価格としてはかなりお買い得だったのですが、有楽町店では3日の夜もまだ売れ残っていたようです。
とか勝手に書いてますが、さて、いくら準備しておけばいいのかな〜。

2005年01月02日

アップルの福袋買えませんでした

今日(1月2日)に個数限定で発売になったアップルストアーの福袋(Lucky Bag)ですが、結果から申しまして、買えませんでした。

買えるかどうか分からなかったのですが、一応9時オープンと言うことで30分以上前に到着。というかこの時点で、アップルストアーの前から銀座1丁目方向に向かって、1ブロック以上、信号を越えた先まで並んでおりました。ばーっと見て4〜500人くらいはいます。買えるかどうか、分からないけどとりあえず並んでみます。ちなみに先頭の方は毛布を持っていたり、寝袋の人とかもいましたので、正直かなわないなあと思っておりました。

道路の反対側の松坂屋でも、時間が経っていくごとに続々と列が長くなっていきます。日陰でえらい寒かったのですが、一度アップルの人が人数をカウントしに来たので「あー買えるのかなあ」と思っていました。

9時を過ぎてオープンしたと思われて、じわじわと列が進んでいったのですが1時間半くらい並んだところで売り切れたようでした。っていうか、だったら何で人数を数えたんでしょうねえ。もしくは整理券とか発行して下さいよー。買えないんだったら並びませんよー。昔っから、アップルは店売りが下手だとは聞いていましたが、もう少し何とか考えた方が良いと思いますよ。

11時くらいまで名残惜しんで並んでいたのですが、飽きてしまったので帰りました。自分の前にもまだまだ買えなかった人が並んでいましたが、かなりアップルストアーのスタッフともめておりました。ちなみに、一番先頭は2日前から並んでいたそうなので、本気で買うなら相当気合い入れないと無理なのかも知れまんね。真冬にそこまで出来る元気はありませんが。。。

2005年01月01日

あけましておめでとうございます

chikyuhaku.jpg

ことしも、よろしくお願いいたします。というわけで、今年は愛・地球博で、イメージキャラクターが正月飾りになっておりました。名前はモリゾーとキッコロだそうです。

まあとにかく(?)、今年もトローンとまいります。

2004年12月27日

というわけで今年も後4日くらい

せっかく書いた文章が、ボタン1個で消えてしまって、本当にショックで、困ったんですけど。

とりあえずこのままエントリー(笑)

<追記>
今年ももうあと4日ほどですね。あんまり年末年始だからといって反省をしたりとか、来年の抱負を語ろうかとか、来年の予測をしようかっていう話ではないのですが、今年も忙しかった気もするし、そうでなかった気もするし、長かったような、短かったような、そんな感じですが。

とりあえずブログに関してはもっと内容の幅を広げずに、深くつっこんだ内容のものを書けるようにしていきたいと思っていますが、あんまり最近仕事上の発見とかを載せていなかったり、発見していなかったり、意味無いじゃ〜ん、って所もありますが。

良かったのは1年書いていると、本当に1年くらい前にどんなことをやっていたのかを思い出すには便利です。ブログに書いていなくても、「あー確かこのころはこんな感じだったなあ」って自分だけ思い出しつつ、反省しつつ。

2004年12月22日

もう今年もあと10日だよ!

1年経つのは早いよね〜。と気楽な前置きで書き始めましたが、とりあえずあと10日くらいはあるわけです。暖冬だとはいわれつつも寒くなってきて、ああ、そろそろクリスマスなのかなあとか、年末年始の休暇なのかなあとは思っているわけですが。

今年の夏期休暇はびっしり予定が入っていて非常に忙しくしていたのですが、年末年始はそれほど詰めずに少しゆっくり過ごしたいと思っております。。。

ってそこにたどり着くまでが結構忙しいわけで、本当に終わるのか?とか考えながらも、うまいこと終わらせなきゃなぁならないわけですが。忙しさとは関係無し(忙しいから余計?)に物欲が渦巻いて、物欲を押さえるのに必死だったりもするんですけど(笑)この辺も何とか乗り切っていきたいとは思っておりますが。

勢いで無用なものを買ってしまうのだけは避けたい。。。

2004年12月17日

筋肉系のお笑い芸人はきれい好き?

昨日テレビを見ているときに、なかやまきんに君マイケルペナルティーのワッキーと、筋肉系のお笑い芸人さんが出ていたのですが、番組の中でちょうどそれぞれの自宅を紹介しているのを見て思ったのは、みんな部屋を結構きれいにしているんですよ。

男の一人暮らしなんて、まあ。。。自分も長いこと一人暮らしをしていましたが、あんまりきれいでない人も多いとは思います。どうして筋肉系の人は部屋をきれいにしているのかなと思ったのですが、やっぱり体を鍛えたり見せたり出来る人は、自分を律することが出来るのではないかと。部屋をきれいに保つことも出来るのではないかと。

振り返って、運動不足まっしぐらの我が身を見る。。。。んー。感慨深いものがあります。。。

2004年12月16日

目の洗浄液は、良くないの?

春先になると花粉症で目がかゆくなるので、目の洗浄液というのを使うわけですが、どうやらそれほど良いものではなさそうです。以下、SABLOGさんの「使ってはいけない、目の洗浄液」というエントリーより引用です。

眼球の表面には、眼球を保護する為の薄い膜状の層が何層かあります。 涙の層や、角膜等は有名ですね。 他にも油の膜があったりします。

某洗浄液というのは、まず、これら油や涙の膜の結構な部分を洗い去ってしまうそうです。
角膜保護成分は含有されているみたいですが…

因みにそれらの膜は全て再生するのに約40時間もかかるらしく、
洗浄後2日間は目を保護する機能が弱ったまま生活することになります。
2日間を置かずに定期的に洗浄している人は、使用中ずっとその状態が続くということに。

目がすっきりしたような感じを受けるのは、メンソール成分が含有しているためだそうです。んー、ちょっと極論ぽいので、どこまで本当なのかは分かりませんし、本当に洗われてしまうのが悪いことなのかも分かりませんが、こういう見方も有るんだなと再確認しました。あのプールで目を洗う水道とかの方が実は良かったりして(笑)

とりあえず、この次の花粉症の季節にはあんまり使いたくないなあ。

2004年12月13日

質問!

さてさて、年末を迎えまして物欲がムラムラと起きてくる時期でもあったりするわけですが(自分だけ?)、けっこう脳内昇華させて、実際には買わないことも多いわけです。

それはともかく、他の方々はどんなものを欲しがっているのかなあというのも気になってみたりして。

ということで『もし5万円自由になるお金があるとしたら何を買いますか?』というのをぜひコメント覧に書いてください。内容は何でも良いです(といってもあんまり公序良俗に反しない程度に)。貯金でも良いし、何かの頭金でも良いですし、ぱーっと使うとか、何かを買うとか、温泉に行くとか、年末ジャンボとか、競馬のG1とか、キャバクラに行くとか(行ったこと無いけど)そういうのもありかなと。

ただし書いて頂いても何も出ません。あしからず。

ちなみに自分は、ちょっと前まではPDAだったんですけど、今は電子辞書かな。あーでも久しぶりにゲーム機のPSPとソフトを買うっていうのもいいかもなあ。

2004年12月09日

今日は大変です

ただいま京ポンで書き込み中。理由は後述。

<追記>
今日は、高校時代からの友人3人と飲みに行きましたら、そのうちの1人が会社の同僚のアメリカ人を連れて来ました。彼は日本に来たのが2回目(だったはず)で全然日本語が分からない状態の方で、当然英語で話さなきゃならないんですが。

もうねとにかく、言葉が全然出てこないんですよ。こんな形で外国の方と話をしたことは皆無に等しいので、何を話したらいいんだか、文法とか単語とか以前に言葉にならない。英語を聞き取るのもかなり怪しいわけですが、ほんとうに、良い経験をさせてもらいました。

気が付いたら更新せずに夜の11時を回る寸前で、ブログ更新のとぎれる危機だったのですが、何とかPHSから繋いで、ひとまず追加しておきました。

ということで、とにかく英語を話す機会が得られて良かったのと、とりあえず当面の目標として、自分の仕事くらいは英語で説明出来ないとまずいなと。

2004年11月28日

すっかりクリスマス...

teddybear.jpg

昨日は銀座に行っていたのですが、すっかりクリスマスムード。クリスマスツリーやら、ショーウインドウの飾りなんかも、すっかりクリスマスって感じで、有名な銀座の宝くじ売り場には、尋常でない数の方々が並んでおられました。ということで、今日は三越のショーウインドウで見つけたテディーベアのぬいぐるみ達です。

2004年11月24日

元気ナッシング

今日は本当に(ブログのネタが)何も考えられない位に、元気ナッシング。

こんな日は、仕事をチャチャッと切り上げて、とっととうちに帰るに限る!

サンクスの「とんとろ豚まん」が食べてみたい。ほとんどデザイン先行だけど。

夕張メロンマンはちょっと、、、怖いもの見たさ。

2004年11月22日

金なら1枚銀なら5枚

チョコボール

チョコボールを、最近頻繁に買っているのですが、幾ら買っても「金」はおろか「銀」も出ません。果たしてどの位の割合で入っているのか知りたいところ。森永に聞いたら教えてくれるのでしょうか?(注:おもちゃの缶詰が欲しいのではなく、金や銀が見てみたいだけ)ヤフーオークションなどを見ると、出品されているものもありますので、全くないわけではなさそうです。

さらに気になって、Web上で実際に買ってみた人の調査結果だと、チョコボールを100箱買って、金1個、銀5個出ているので、17箱ほど買えば1個くらいは金か銀が出る計算です。ただ文中で、森永の人に聞いた話として、「金は20ダースで1箱、銀は5ダースで1箱」とあり、もう少し確率は低いのかも知れません。

とりあえず大人買いをするつもりもなく、気が付いた時に買っているだけなので、まだ時間がかかるかも知れません。

続きを読む "金なら1枚銀なら5枚" »

2004年11月21日

所用で神田に行ってきました

kanda.jpg

今日は所用で神田に行きました。というか、平日は活気があるのでしょうけど、日曜日はなんだかひっそりとしていて、不思議な感じです。特に行った時間が朝早かったのもあって、シャッター通りかと思わせるような静かさ。そしてそんな神田での帰り道で、更に不思議なものを発見。

なぜかぐんにゃり曲がっている電柱。

なんでこんなものがあるのでしょうか??そしてその意味は?果たしてこんな電柱で平気なのでしょうか?誰かが曲げたのかとも思いましたが、これ1本だけではなく、少なくとも近くにもう1本ありました。意図して曲げられたものなのでしょうけど。とりあえず、見かけたのが夕方過ぎで、周りもかなり暗かったのですが、デジカメでちょっとスローシャッター&露出補正&画像補正で何とか撮れました。

しいていえば、この電柱であれば、お店の上に付いた看板なんかが隠れずに済みそうです。ちょうどここには青い看板が付いていますが(右画像参照)、本当にそれだけが理由なのか、よく分かりません。

他の町にも結構ありますか?自分は初めて見た気がするのですが。

2004年11月20日

ジョージアのキャンペーンを見て思う その2

今やっているジョージアのキャンペーンでは、応募する時に数字を選んでその数字が当選の数字と同じだと景品(DVDプレーヤー付き5.1chサラウンドシステム)がもらえるというものです。

この「応募の際に選ぶ数字」についてですが、A組とB組のどちらかと、さらに2桁の数字を選ぶことになります。

(A組とB組の2種類)×(2桁の数字)=200通り

つまり、応募すれば200分の1の確率で当たる可能性があるということになります。これが高い確率なのかどうかは分かりませんが、宝くじの1等なんかと比べると、何となく当たりそうな気がする確率なのが良いかも知れません。

さて、そんな200分の1の確率で景品を出してしまって良いのか(儲かっている企業だからOKという意見は却下!)ということなのですが、これもまた景品表示法で規制があり、景品の総額は商品の売上予想総額の2%までというルールがあります。つまり、商品の売り上げの大半を景品に使うようなキャンペーンを行うことは出来ないということです。ただしこの場合、売り上げなんてやってみなければ分かりませんから(前年の結果からある程度は分かるでしょうが)、仮にキャンペーンでの売り上げが伸びず、結果的に景品の価格が売り上げの2%を越えたとしても違法にはならないようです(限度はあると思いますが)。

続きを読む "ジョージアのキャンペーンを見て思う その2" »

2004年11月19日

石油埋蔵量と可採年数

さて、とりあえず石油埋蔵量でGoogle検索。ついでにYahooでも検索。出てくるラインナップはだいたい同じ感じですが、まあとりあえず片っ端から見ていくと、可採年数は42年くらい46年くらい79年くらい70年くらい、とまちまち。

何でこんなに色々な数字にになるかというと、ざっくり簡単に言うと、石油埋蔵量の計算方法は。今のところ残っていると思われる石油の量を1年間の採掘量で割り算したら、いくら位になるかという計算から出てきます。

可採年数 = 世界の石油埋蔵量 ÷ 1年間の採掘量

確か、昔は「今後石油は30年くらいしか持たないだろう。」という話もあったのですが、その時に比べると、新しい油田が発見されたりして石油の埋蔵量自体がどんどん増えていったのが理由だそうです。今のところまだ発見されている最中の所もあるようで、まだ増える可能性もあります。

それと同時に1年に採掘量、すなわち1年間で使った量ですが、こちらも産業の発展に合わせてずーっと右肩上がり。特に、今は中国が急速に発展しており、2020年頃には世界第一位の輸入国になるという予測もあるそうです。もちろん中国だけでなく、他の国々の需要も増えていくと考えると、単純には「1年間の採掘量」で割ることが出来ません。ただし、ある年に突然どばーっと採掘量が増えてしまうことは考えにくく、いずれにしてもジワジワーッと増えていくものと思われます。

さらに、石油の埋蔵量自体の数値というのが国別に発表されているのですが、これ自体が当てにならないという可能性もあります。というのも、石油輸出国にしてみれば、正確な埋蔵量自体が国の根幹を揺るがしかねない国家機密レベルのもので、「無くなってみないと発表できない」と考えている人もいるようです。石油メジャーであるロイヤルダッチ・シェルでさえも埋蔵量を水増ししていて、2割も下方修正して問題になっていたりしていますので、何が正しいのかもよく分かりません。

さらにこちらの意見こちらの意見さらにこちらの意見を参考にしていただきたいのですが、要は何十年分の埋蔵量があっても、減れば減るほど石油自体の「希少性」が上がり、連動して「原油の価値・価格」も上がる。そうなった時には石油が決して安い原料とは言えなくなってしまうでしょう。

まあ正直なところ、諸説云々石油が今後何年持つのかさっぱり分かりません!

2004年11月18日

ヒゲ

先週末から風邪を引いた影響なのでしょうか、顔、特にアゴの下あたりに多数の吹き出物が出来てしまいました。触ると痛い程度なので、まあそれ自体は放っておいてもいいんですけど。

ただ、ヒゲを剃るときにどうしても痛く、仕方がないので只今剃るのをやめております。でもそのまま無精ヒゲにしてしまうとあまりにもかっこわるいので、アゴヒゲは剃らず、口ヒゲだけは剃るようにしました。

少しだけ水泳の北島風。。。。すいません、言い過ぎです。

とりあえず今はいいんですけど、1週間位で治って欲しいものです。

2004年11月17日

ジョージアのキャンペーンを見て思う

最近のジョージアのキャンペーンでは、点数を15点集めて数字を選んで応募すると、数字の当たった人にDVDプレーヤー付き5.1chサラウンドシステムが当たるそうです。欲しいかどうかはともかくとして、15点集めるほど缶コーヒーを飲まない自分がいるわけですが

さてこの15点も集めなければいけない根拠なのですが、ただ適当に沢山飲んでくれた人に対して当てようと、思っているかも知れませんが、そうではなくて、景品表示法(不当景品類および不当表示防止法)で景品の上限額が取引価格(商品の価格)の20倍までと決まっているからなのです。

つまり缶コーヒー120円とすると、1缶だと120×20=2,400円までの景品しかプレゼントすることが出来ませんが、15缶であれば120×15×20=36,000円までの景品をプレゼントすることが可能になります。ちなみに取引金額は一般小売価格ということになっており、缶コーヒーなら安売りしている店もあるとは思いますが、多分120円ということになると思います(この辺は自分がよく分かってません、すいません)

また取引金額が5,000円を越えてしまうと、景品の値段は10万円までということになっていますので、100個缶コーヒーを買って...なんてキャンペーンをしても10万円までの景品しか付けられません(クローズド懸賞の場合)。

ということでジョージアのキャンペーンで当たるサラウンドシステムは高くても36,000円くらいなものなのだなあと、そういう計算になります。これ以外にも、クローズド懸賞をしているものってあると思いますので、実際の景品がいくら位なのか計算出来て楽しいですよ。

2004年11月15日

グラチャンシリーズのレース結果を調べたい

先日とある理由でグラチャンシリーズ(GCカー)の戦歴を調べたいと思ったのですが、世の中というかWebにはなかなかそんな情報は載っていないんです。だいたいグラチャン自体1989年に終了しているシリーズですし。

一応、ブリヂストンのモータースポーツページにドライバーズポイント・ランキングが、JAFのモータースポーツのページをよーく調べていくと、過去のレース結果が出てきます。ただしJAFのデータベースから探る時には、レースカテゴリーからはグラチャンが選べませんので、ちょっとテクニカルに調べる必要があります。

ってだれもグラチャンの結果なんて調べないと思うし、グラチャン自体がもう風化している気もしますが、GC-21っていう新しいカテゴリーのレースもやっていたりして、結構ビックリ。

2004年11月14日

粋なイタリア人の新しい法律

ちょっと前のニュースになるのですが、イタリアでは今あるかわった法律が審議に入っているそうです。その法律は車に関するモノなのですが、なかなか面白いモノなのです。

内容は、新車から25年が経過した排気量1000cc以下のクルマに、
(1)自動車税の免除(現行は新車から30年以上経過したクルマが対象)
(2)車検期間を2年から4年に延長
(3)自動車の通行規制が敷かれている都市中心部への進入を許可する
といった各種恩典を与えようというものだ。

25年も経った排気量1000cc以下の車っていう時点で、あんまり対象となる車が少ないと思います。日本だったら360ccの軽自動車とかですが、まず日常で見かける事は少ないですねえ。でもイタリアでは事情が違うようです。

この法案、さすがに表向きはメーカー・車種を特定していない。だが真っ先に恩恵を受けるのは、1957年−77年に約400万台が製造され、歴史的名車とされながらも、現在も日頃の足として使われているフィアット・チンクェチェントであることは明らかだ。

ということでフィアット・チンクェチェントがイタリアの風景から消えてしまわないように保護するための法案とも受け取られるもので、イタリアでは早くも「チンクェチェント保護法」とも呼ばれているそうです。単に古いモノを駄目として新しいモノと置き換えてしまうのではなく、日常の足として使いながら保存していく方向を見つけるというのも面白いですし、イタリア人って粋だなあと思いますね。

2004年11月08日

TOYOTA PREMIO

実家に帰ったときに、見慣れぬ車が1台ありました。というか、父が車を買い換えてました。TOYOTA PREMIOの1.8リッターのバージョンで、カーナビも付いております。父が、カーナビが付いている車に乗り換えたのは初めてで、それがかなりのお気に入りのようでした。明らかにルートの分かっている道でカーナビの音声案内を使ってましたし(笑)でもその気持ち分かるなぁ。

PREMIOは昔で言うところのCORONAのクラスで5ナンバー枠、1.5〜2.0リッターのエンジン設定があります。内装にウッドが使われていて、ちょっと高級っぽい感じですが、ミニバンやSUVが流行っている最昨今、4ドアセダンの凄く普通な車です。でも父よ、なぜPREMIOが良かったのか?って昔からTOYOTAが好きでしたねえ。しかもずーっとセダンが好きだし。最近はもう大きな車じゃなくて、5ナンバー枠の車が良かったみたいでしたから、当然の選択だったのかも知れません。

助手席の乗り心地は本当に程良く、楽でしたね。父の運転なので、特にスピードを出したりはしないのですが、1.8リッターくらいあると、軽と比べて振動も少なくて良いです。少し前にTOYOTA PROGRESの助手席にも乗りましたが、これもまた乗り心地が良かったですねえ。

こう大きな車に乗ってしまうと、ついあこがれてしまいますね。とりあえずいまのところは買い換える予定はないですけれど。

2004年11月07日

馬頭町広重美術館

広重美術館

今日はちょっと栃木の実家に寄ったときに、ついでに父と馬頭町広重美術館に行ってきました。今はちょうど、浮世絵名品展ということで、川崎・砂子の里資料館所蔵の浮世絵が、多数展示されていました。これは馬頭町の町村合併50周年記念と、広重美術館開館4周年記念の特別展だそうです。

展示されていた中には葛飾北斎の「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」歌川広重「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」「東海道五十三次之内 蒲原 夜の月」など、どこかで見たことがある浮世絵がいくつも展示されていました。それぞれの作品はそれほど大きくなく(A4とA3の間くらいでしょうか)、時代の古い作品は色数も少ないのですが、緻密な表現がとても版画で出来ているとは思えないような作品の数々には、ただ感心するばかりです。

特に、色の使い方や、グラデーション(とは言っていなかったとおもいますが)のさせ方や、他の絵を参考にしつつ自分の絵に昇華させる方法など、とても参考になります。たまにはこういった日本の古い絵をきちんと観るのはいいですね。また東京だと人がたくさん来そうですが、田舎なだけにゆっくり観ることが出来たのも良かったですね。

展示は11月14日までやっているそうなので、行けそうな方は行ってみてはいかがでしょうか。

2004年11月04日

昔、簿記三級を取った頃

金利・利回り関連の話を書いている時に思い出したのですが、4年ほど前に日商簿記三級の資格を取りました。簿記といえば、あの帳簿とか貸し方、借り方とか、貸借対照表と損益計算書とか、そんな感じのものです。ちょっと説明がおおざっぱですね。

取ってみようと思ったのが、確か4年前の年末年始の休みの時で、簿記三級に関する書籍や問題集を3〜4冊買い、ずーっと2ヶ月ぐらい勉強してテストを受けたら取れました。元々簿記三級は入門編みたいな感じ(でもさらに四級というのもあるようです)で、二級や一級に比べたら難しさが雲泥の差なわけです。頭の体操といった感じで取り組んだのですが、問題集を解きながら、どうしても計算した最後の数字が合わなくて悩んだりもしました。

とはいえ、その後簿記に関することをやっていないので、ほとんど忘れてしまいました(笑)まあ、資格なんて使わなければそんなものでしょう。今や、貸し方・借り方がどっちだったかも怪しいです。

それでも、ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んだ時には役に立ったと思います。ちょうど貸借対照表と損益計算書の話が出てきます。それ以外にも、経理の基本を知っていると色々な場面で役に立ちます。例が出てこないですけれど(笑)

2004年11月02日

1年と1万ヒット

昨日このブログで、当初の目標である「1年間毎日更新」をとりあえず達成しました。あーよかったよかった。ついでに達成直前にカウンターが10000ヒットを越えました。普段は何事も3日坊主のことが多いんですけど、ブログが使いやすかったことと、まあ無理せず焦らず続けられたのが、よかったのでしょう。また続けられたのは。見に来ていただいている皆様のお陰です。

というわけで、別にやめる理由は無いのでまだ続ける訳なんですけど、1年続けてみて分かったこと。まあほとんどよく言われていることですが。

  • 毎日更新するほうが、見てくれる人もいるし、検索エンジン受けもいいようです。

  • 内容が特化していて、情報として独自性がある方が、色々バラバラ書くよりも人気がありそうです。

  • もちろん読みやすい適度な文章量と、ちょっとした画像があるとよりよい感じ。

  • 文章がうまいに越したことはない(笑)けれど、せめて意味の通る文章、主語述語がしっかりした分かりやすい文章を書けるといい。

と思います。特に内容については、もう少し自分の専門分野であるWeb制作関連のことを増やしていきたい!というかあんまり手を広げると、情報収集だけで体が持たない(笑)ので。

2004年10月30日

切込隊長サイン会に行ってきたよ

taicho.jpg

今日は原宿のFORET原宿4Fで開催されているデハラユキノリ氏と金子ナンペイ氏の個展「メンペ展」切込隊長のサイン会をやるというので、夫婦でそろって行ってきましたよ。金子ナンペイ氏は切込隊長の新刊本「嗚呼、香ばしき人々」の表紙、挿し絵を書いている方で、こちらのサイトのリアルなイラストも書かれている方です。

というか原宿なんて行ったのは本当に何年ぶり位でしょうか。雨が降っているのに駅前はすっご人混み。人に酔いつつ、目的のFORET原宿へ。3時からサイン会ということで、サイン会が既に始まっていると思われる3時10分過ぎにメンペ展会場に到着しましたが、隊長まだ来てないし〜。隊長が来るまでデハラユキノリ氏と金子ナンペイ氏のイラストを堪能。高田の大きなイラスト原画とか、とてもかっこいいです。

その後かなり経ってから隊長登場!をを!噂に聞いたとおりの半ズボン!雨が降っていてくそ寒いのに! 結構いい男?!ああ、しかもデジカメで写真取るの忘れた!残念!

ということで金子ナンペイ氏にサインと似顔絵を描いてもらって(書いている最中、凄く楽しそうに書いているのが感動でした)、隊長にサインをもらいました。右上の画像がその証拠です。ちょっと丸っこくてかわいい字です。お陰で楽しい一日でした。

2004年10月16日

Ferrariは安いのか?!高いのか?!

Ferrari(フェラーリ)といえば、クルマに詳しくない人でも知っているイタリアのスポーツカーで、お金持ちを紹介するテレビ番組とかで良く出てきます(笑)最近人気のフェラーリ360というモデルは、新車で1千万円をはるかに超えて、ものによっては2千万円もする超ビッグなお買い物、普通の人には到底買えそうもない代物です。

先日、知り合いが「清水草一の激突!!フェラーリF355 vs 360モデナ」というDVDを持ってきたのでちょっと見せてもらいました。もちろん自分はフェラーリなんて買う気はありませんから、首都高や湾岸線と思われる場所を爆走するフェラーリを見ながら「すげーなー」とか言って笑っていたわけですが、その中で清水氏が「安いよー、安すぎる!」とか言ってるんですよ。普通に考えたら安くはないんですけど。

でもその音や走りは、それこそF1カーが走っているのかと思わせるようなもので、凄くスポーツカーが好きでF1に乗りたいと思っている人なら、安いのかも知れません。F1カーじゃ公道は走れませんし、まして、現行のマシンはいくらで買えるのか分かりません。それを考えたらF1カーよりはるかに安い価格で、それに近い公道の走れるマシンが買えるのですから。それに魅了されたお金持ち(時には違う場合もあるかもしれませんが)が、フェラーリを買っていくわけですよ。

まあとにかく、高いか、安いか、良いモノなのか、いらないものなのか、全くもって人それぞれの主観でしかない訳ですが、作った人や企業、製品の性能、デザイン、それ以上の思想や考えに共感できれば、決して高すぎることはないのでしょう。ヨーロッパ製の家具やブランド物のバッグ、宝飾品とかも一緒ですよね。

ちなみに、スポーツカーとしてはフェラーリよりもポルシェの方が好きです(笑)

2004年10月13日

電車での移動中

最近、電車での移動時間があるときは、PHSのメール機能を使って文章を書いています。内容は、ブログの文章のこともありますし、もっと断片的な単語を並べただけのこともあります。とりあえずメモとかで残す、というのとちょっと似ていますが、電車に乗っていると、結構色々なものが目に入ってきます。

例えば、電車の釣り広告、その他の広告、隣のおじさんが読んでいる新聞タイトル、電車の窓から見えるその風景、乗っている人々やその会話などなど、気にしはじめるとかなりの情報量があります。そのうち、自分の琴線に引っかかったものを文字にしていることもありますし、そこからヒントを得て文章にすることもあります。とにかく、毎日書いているとネタに困ることもしょっちゅうあるので(笑)普段からの情報収集は欠かせません

書き終っても途中でもメールで送ってしまうので、あとは文章をある程度修正してからアップします。そしてPHSは「メール放題」にしたので、とりあえずバンバン送っても平気そうです。電車に乗っている時間が短く感じる位に、結構楽しいですよ。

2004年10月09日

こんな台風の日に

rainyday.jpg

こんな猛烈な台風が来ている日に、どうしても外せない用事がありまして、都心に出ておりました。

行きはお昼過ぎくらいで雨も風もそれほどではなく、なんだか大したこと無いなあと思っていたのですが、5時過ぎに帰ろうと思ったら、そりゃーもう何でこんな日に出歩かなきゃならないんだろうと後悔するほどの雨!風!よくTVニュースで傘の壊れた人とかが放送されていたりしますが、まさか目の前にいる人がそのような目に遭うところに居合わせるとは思いませんでした。もちろん自分の傘も限りなく壊れそうな勢いで風が吹き付けていたんですけど。

そこまでいくと、なんだか傘が全く役に立たないほどに濡れてしまうわけですが、何とか駅までたどり着くと、今度は風雨が強くてホームの屋根が役に立ってません。土曜日の夜だというのに人もまばらです。おまけに前を走っている電車に傘が巻き込んだとかで、数分間足止めを食らったりと、帰るのにも時間がかかります。

しかし、6時頃に最寄り駅に着くと、いかにもこれから渋谷に向かいます風のガングロギャル2名。君らに台風は関係ないのか?!渋谷の駅前は水浸しだぞ、多分。まあ、若いっていうのは凄いと思いつつ自宅に帰ると、まもなく風雨は収まってしまいました。彼女らはもしかして分かってたのか?んー。

2004年10月06日

左手でメール

PHS_kyoupon.jpg

先日、あるTV番組(所さんの目がテンだったでしょうか)で、「左手を使うと右脳が活性化されて、記憶力が上がる」という実験をやっていました。実験の結果は一応効果がありました。(少々なぞでしたが)最近、特に記憶力が落ちていて、芸能人の名前などが本当に出なくなってしまったので、出来れば記憶力があがって欲しいと考えていました。

ということで、PHSでメールを打つときには左手だけを使うことにしました。初めのうちは苦労するかなとも思ったのですが、しっかりとPHSをホールドしてしまうと、使うのは親指だけですので、それほど苦労はしません。効果のほどは定かではないですが、ストレス無くメールが打てます。

多分左利きの人なら誰でも思うのかもしれませんが、左手だと使いにくい部分があります。それは一番左下にある*キーなのです。ここは日本語入力をする際に濁点と半濁点(は→ば→ぱ、と切り替える)を打つのに使うのですが、これがとても押しにくく、結構親指を曲げる必要があります。ちなみに一番右下の#キーには割り当てがありませんから、やはり右利きの人の使い勝手を考えて設計されているのでしょう。

とはいえ、記憶力が上がったかといえば、どうかなー。普段から、キーボードで左手もよく使っているのですから、もしかしたらあんまり効果はないかも(笑)

2004年10月05日

今日の雨

今日の雨は猛烈でした。朝、雨が降っている日は自転車通勤から徒歩通勤に切り替えて出勤したのですが、道のりの半分を行く前に後悔しました。あまりの雨の強さに、ヒザから下はびしょ濡れ、靴もぐっしょり。傘を差していたので上半身はかろうじてひどくないといった感じで、スーツの上着もかなり濡れておりました。

とりあえず会社に着いてから、靴の中に新聞史を詰めたり、スーツも乾かしつつ、靴下も交換。お昼に買い物に出る時は、やむおえず生乾きの靴で表に出ました。さーて問題はこのあとで、ちょっと夕方に都心に出なければならないのですが、雨足は変わらず、駅まで行く間に、折角乾かしたのが水の泡になりそうです。

つーか、10月に入ったら一気に寒くなったので、皆様風邪など引かぬようお気をつけ下さい。

とりあえず、この後は追記します。

<追記>
夜8時半過ぎ、さすがに雨もかなり小降りになりました。今は山手線の車内にて、エセMoblog中。
キョロスクにて、チョコボールを購入しました。
kyorosk.jpg

2004年10月04日

ベストジーニスト?

本日のヤフーニュースより。

ジーンズが最も似合う有名人に贈る「ベストジーニスト2004」(日本ジーンズメーカー協議会主催)の表彰式が4日、東京都内であり、協議会選出部門で、プロ野球再編問題をめぐり新球団設立を表明したライブドアの堀江貴文社長ら3人が受賞した。
 堀江さんの選考理由は「情報化時代の旗手として、発想力や精神がジーンズスピリットに通じる」。プロ野球近鉄とオリックスの合併問題が表面化した際、いち早く近鉄の買収に名乗りを上げた行動力などが評価されたという。

っていうか、選考理由とジーンズが似合うというところに、いまいち関連がないような(笑)しかしまあ堀江さんも忙しいですね。東北を走り回っているだけでなく、こんな所で表彰を受けていたり、それ以外に自分の仕事もこなしているのでしょうから、それはさすがに凄いなあと思いますよ。

日本ジーンズメーカー協議会のホームページには、もうちょっと大きな写真が掲載されています。何だか一人だけ顔が大きいような気もします(特にヤフーニュースの写真)が、この辺は芸能人じゃないんので、あんまりつっこまない方がいいかな〜。

2004年10月03日

次世代動力?の自動車

電気自動車もこれからの自動車として結構興味のあるところですが、これより先に実用化されてている次世代自動車があります。それはヨーロッパのMotor Development International(MDI)社で販売しているCityCAT'sという車で、その動力は圧縮空気なんです。

詳しいことはこちらに日本語の記事(インテリジェンスの転職支援)にありますが、圧縮空気でタービンを動かすような方法ではなく、普通のエンジンのように(原理はまるっきり違うようですが)ピストンを動かして動力を発生させています。1回の空気充填で300kmの走行が可能で、充填にかかる時間は専用のスタンドで2〜3分といいますから、普通のガソリンスタンドとそれほど時間は変わらないようです。もしくは車に搭載されているコンプレッサーで充填できる(2〜3時間かかりますが)そうなので、電気さえあればどこでも充填して走ることが出来そうです。

もちろん排出するのは単に空気なだけなので、目一杯クリーンです。っていうか、燃料なのか?という疑問もありますが(笑)この車、日本でも輸入販売されるようです。そのうち、都心を走る姿を見ることが出来る日も来るでしょう。

こういった、新しい方式の車が色々出てくるのも楽しみですねえ。

2004年10月02日

時速300kmオーバーの電気自動車

今日のNHKスペシャル8輪駆動の電気自動車を紹介していました。実はこの車の前のモデルを去年のモーターショーの時に見たのですが、そのときは電気自動車の可能性なんてあんまり信用していませんでした。なにせタイヤが8輪も付いている理由がよく分かっていませんでしたから。

8輪のタイヤがあるのはちゃんと訳があって、タイヤ1本ずつに1基ずつモーターを取り付けて、しかも1基当たり80馬力の出力で動かすと全部で640馬力にもなります。タイヤの本数がある程度多い方がより高出力が得られるということになるのでしょう。またホイールに直に付けているため、シャフトが必要なく、居住空間も大きく取れるそうです。

結局番組中に出てきた電気自動車は栃木・黒磯のテストコースで元F1レーサーの片山右京さんの手で320km/hを記録し、そのあとイタリアのテストコースで370km/hも出したそうです。走っているときの走行音は、エンジンの音がしない代わりに、風切り音がまるで戦闘機かと思わせるようなキーンという感じの音でした。いや、320km/hでも十分尋常じゃないスピードですよ。またあわせて低燃費も実現しているそうで、原油換算(どのように換算しているかは謎ですが)ガソリンの半分のエネルギーで走るそうです。

とにかく、電気自動車のイメージを覆すのには凄くいい走りでした。実際走っているところを見てみたいですねえ。

2004年09月30日

レースが終わったあとのF1カーは?

F1などのレースカーって1台数千万とか、数億とかかけて開発するわけですが、レースが終わって、方の古いマシンになってしまうと当然使えないわけです。もちろんそうなったら一部のマシンは博物館などに入って展示されたりすると思うんですが、そうでないマシンはどうなるのかなあと、ちょっと思っていました。

そしたら、こんなサイトを見つけました。イギリスのサイトですが、F1-sales.comという、もうそのまんまの名前で、ちょっと前のF1カーを売っています。モノによってはネル・ソンピケのドライブした時期のベネトンB190や、ミハエル・シューマッハのドライブした時期のベネトンB193なんてのも売っています。ただし、マシンにもよりますが、エンジンは乗っていないモノも多いようなので、運転するならエンジンを別に買う必要がありそうです。

でもやっぱり見逃せないのは中嶋のドライブした時期のティレル018ですね。スポンサーの少なさが泣けます。そしてレイトンハウスGC189! 何といっても懐かしい!

F1カーが欲しい方は、見てみてはいかがでしょうか(そんな人いないって?!)

2004年09月27日

自動車免許の更新

誕生日が近いのもあって、昨日近くの(と言っても電車とバスを乗り継いで)江東試験場まで行きました。普段車をほとんど運転しませんから、違反も特になく、講習区分が「優良」で、自動的にゴールド免許からゴールド免許への書き換えです。平日であれば、警察署でも更新が出来ますが、平日はちょっと無理なので、日曜日の朝にとっとと済ませようと。朝の9時には試験場に着きました。

そうしたら、やはり同じように思っている人が多くて、試験場はとても人だかってました。目の検査と、顔写真撮影のところは超人気のアトラクションといった感じで、一番後ろに「○分待ちです」って書いて欲しいくらいでした。

「優良」だと講習時間は30分で、良くある感じのチャイルドシートの装着や、携帯電話をしながらの運転禁止に関するビデオを見せられて、アットいう間に終わってしまいます。とりあえず30分だから良いですけど、交通違反をして捕まった方はこの講習が2時間ということですから、正直きついなぁと。

で、講習が終わると、もう既に免許が出来上がっていてアットいう間に交付されて終了でした。前回(5年前)に来たときは、交付されるまでにもう少し待った気がします。それでも待ち時間を考えると、たっぷり午前中いっぱいかかってしまいました。

今度の写真はいたって普通なので、ちょっとネタにはならないかも(笑)

2004年09月23日

丸の内、オアゾ、丸善

オアゾ

今日は、先週オープンしたばかりの丸の内オアゾ(oazo)に行ってきました。東京駅の丸の内側、丸の内北口を出てすぐに新しい建物が見えてきます。さすがにオープンしたばかりで、建物の中は人、人、人。かなり混雑していました。

丸の内オアゾの目玉は、何といっても丸善 丸の内本店です。建物の4階まで多くの部分を占めており、結構な数の本が売られております。洋書も多く、さすがは丸善といった感じです。ちなみに、すぐ近所の日本橋店については建て替えのために閉店して、近くで営業を続けるそうです。しかもこれまたすぐ近所の丸ビルに入っているのも丸善で、こんなに集中していて、お客さんを取り合ったりしないのか気になるところです。

オアゾの内部はエレベーターがむき身で動いていて、トレンディードラマ(死語?)に出てきそうですし、エスカレーターはやたら複雑な配置になっていて、昇りはいいけれど、降りは次のエレベーターまで細い通路を移動しなければならなかったりで、かなり不思議な構造をしています。さらに宇宙航空研究開発機構のショールームがあって、宇宙服のレプリカや、ロケットエンジンのかなり大きな(原寸大?)模型も置いてあります。5〜6階にはレストランも何軒か入っていますし、地下にも食べ物を売っているところがあったりします。

とはいえメインはやはり丸善。10月にはホテルも開業するようですが、丸善のためのビルといった感じもします。とりあえず、もうちょっとすいてから、また行ってみたいですね。結局、休憩をするために丸ビルまで移動して、今日はそちらで本を買ってしまいました(笑)。丸ビルが女性のための建物なら、オアゾは男性向け、しかもビジネスマン向けのビルといった感じですかねえ。

2004年09月21日

「ヨン様」とか書いてみるテスト

最近やたらとTV CMでペ・ヨンジュンさんが出ていますねー。もちろん先日放送が終わった「冬のソナタ」の主人公で、ヨン様フィーバーでもおなじみなわけですが。

視聴率のすごさや、ヨン様人気(主に中高年のお嬢様達)で、韓国への旅行なども盛況のようですし、まあ不景気な話よりかはいいんじゃないでしょうか。でもなぜ「様」付けなのでしょう?謎です。NHKは2匹目のどじょうを狙って、韓国ドラマを土曜日の「冬のソナタ」が放映されていた時間に放送するようですし。

我が家の韓国ブームはすでに3年くらい前(ワールドカップの前)にやってきて、その頃は韓国語もバリバリ勉強?(NHKのハングル講座に、阿部美穂子さんと兼若先生が出ていました)し、チョナンカンをライバルとしていたのですが、もうすっかりブームが去ってしまいました。当時はMac OS 9にハングル表示用のフォントを入れたり、ハングル変換のアプリを入れたりして遊んでいましたが、Macが不安定になってしまったのでやめました。そのまま続けていれば多少は役に立ったかもしれませんねぇ。

でもあの文字はもうすっかり読めない。。。

2004年09月20日

開けゴマ!ジジババと40人の同族

今日は祝日、昼間っからテレビを見ていたら、「開けゴマ!ジジババと40人の同族」という、敬老の日らしい番組をやっていました。

出ていた方々は今年70歳で古稀の祝いをする「昭和9年会」の面々で、坂上二郎さん、玉置宏さん、橘家円蔵さん、長門裕之さん、藤村俊二さん、牧伸二さん、山本文郎さんなどなど、友情出演として、谷啓さんも出ていました。

っていうかね、みんな年取ったな〜。オヒョイさんはいつ見ても同じ気がするけど、長門さん何だかすんごい禿げ上がっちゃっててびっくりです。でもねえ、何だか懐かしい気もするし、コントとかも面白いんですよね。なんだかんだ言って、最後まで見ちゃいました。

どうせ年を取っていくなら、ここに出ていた方々のように、元気にかっこよく年を取りたいものですね。

2004年09月17日

プロ野球スト突入に思う

プロ野球もいよいよスト突入だそうです。選手が自分たちの権利を守るためには大切なのでしょう。経営側の話も分かりますが、最後にはうまく話をまとめて欲しいモノです。少なくとも、それはスポーツではない、気がするのです。

球団が減るのかそれとも増えるのか、日本のプロ野球よりもメジャーリーグの方がいいとか、Jリーグの方がうまくいっているとか、正直言ってあんまり興味はないです。それよりもF1の方が良かったり(あーでも昔のF1の方が良かったなあ、セナのいた頃)、ラリー選手権の方が良かったり、WGPの方が良かったりします。でも、世界的には認知度は高くても、日本ではイマイチ。F1はかつてブームがありましたが、それ以外はずーっと不遇のまま。

とにかく、今まで野球に偏重しすぎだった報道が、もっと他の色々なスポーツにも目を向けて色々なスポーツをテレビで放送する、その面白さを伝える、ファンをつくる、そういったことが起きてくるといいなあと思っています。夜11時過ぎのスポーツニュースはどこを回しても野球、野球という感じではなくて、日テレは野球だけど、TBSはサッカーで、フジは別のスポーツで、みたいに、色んなスポーツをもっと報道してもいいんじゃないでしょうか。それも結果を伝えるだけではなくて、その面白さが伝わるような臨場感の伝わるものが。

多分受け手側も野球だけじゃなくて、色んなスポーツを楽しめた方がいいんじゃないかなあと、そう思うのですが。そうするためには、何が必要なんでしょうかねえ。

2004年09月08日

今年の台風、上陸7個目

何だか今年は、やたら台風のニュースを聞くなあと思っております。そうしたら今年の台風はすでに7個が日本に上陸しており(朝日新聞の記事)、1951年に観測が始まって以来最高だそうです。台風多発の原因として考えられるのは、台風の発生するフィリピン付近の海上での大気の流れが激しくなっていることや、水温が上昇している事のようです。

というか、台風の本番って秋になってから、というイメージがあるんですけど、まだ9月上旬で、これから秋も長いですよ。このペースで秋の間台風がガンガン発生したらどうなっちゃうんでしょうか。気になるその辺を、朝日新聞の記事から引用しますと。

 今後も台風の発生、上陸は続くのか。気象庁太平洋台風センターの萬納寺信崇所長は「今も水温が高く、発生しやすい要因は続いている。今後どうなるかはわからないが、秋の台風には今まで以上に注意が必要だ」と話している。

ということです。専門家の方すら予測出てないんですから、素人には全く分かりません。もちろん、注意するに越したことはないんですけど。

さらに朝日新聞の別の記事では、今回の台風18号は広島で観測史上最高の秒速60.2mを記録。気象庁では秒速30m以上の風は「猛烈な風」ということで、「風速60mは暴風警報のレベルを超えているから表現のしようがない」そうです。

こちらの記事によると東京湾臨海部にある風力発電用の風車は秒速60mが設計上の限界だそうで、沖縄・宮古島では昨年9月、最大瞬間風速74.1mを記録して2基が倒壊しているそうです。今回の台風と同じくらいの風が吹いたら、果たしてどうなっちゃうんでしょうねえ。

2004年09月02日

免許証の更新が近い

そろそろ、免許証の切り替えをしなければならないんです。前回も今回も、ゴールド免許。まああんまり運転をしていないので、違反切符を切られることもなく、成り行き上ゴールド免許になっているわけです。

今持っている免許証をみると、5年前はどんな風だったのかということが垣間見ることが出来て、例えば住所は引っ越しをしたから変わっているし、結婚と同時に本籍も移したのでそれも変わっている(両方とも変更届済みで、裏面の備考欄に書き足されている)。交付されたのが誕生日の1日前で、本当にギリギリになっていったのだなあとか、スーツを着ているから仕事の途中に行ったのだっけ?などなど。

しかーし、それ以上に免許証に使われている写真には、凄い点が1つ。

5年前にはですね、口ひげを生やしていたのですよ!しかも、かなりがっちり生やしてました。ここでお見せできないのがもったいないくらい。ウソ。お見せできません、こんな写真。現在の私しか見たことの無い人は、もしかしたらビックリするかも知れません。いや笑うなー、きっと。

2004年08月27日

肉まん

先週ぐらいまでは非常に熱かった気がするのですが、何だか今日は気が抜けたかのような涼しさ。雰囲気も何となく秋っぽくなってきた気がします。もう夏も終わりなんですねえ。ってもうすぐ9月ですし。

今日はコンビニに行った時に、なぜだか急に肉まんが気になり始めました。というか、もうあんまん・肉まんがコンビニの店頭に並んでいたんですね。全然気が付かなかった(目に入らなかった)。で、気になってしまうと買ってしまいたくなるのが心情。

ということで会社の近所のローソンで、久々に肉まんを買いました。おいしかった〜。

今日は本当にそれだけなんですけどね。そのうちコンビニのおでんとかも気になる季節かぁ〜。

2004年08月25日

全ては○○のために

いつもこの時期に富士登山をする友人と、話をしました。元々ストイックな事が好きなのだそうですが、さまざまの行動、階段を登るときでも、面倒な仕事をしている時でも、「全ては富士山のため!」と思いながら行っていて、この富士登山のために1年間準備しているそうです。

この「全ては富士山のため!」と思わせる富士山に、自分は登ったことはありませんが、友人が常に「全ては富士山のため!」と考えて行動するだけの魅力がきっとあるのだろうなあ、と思います。今の自分には、ちょっと体力的に無理そうですが、いつかは準備をして登ってみたいですね。

では、今の自分にとって「全ては○○のため!」と思えるようなものって何だろうと、改めて思い返されます。うーん、ここに書くことは出来ないけど「全ては○○のため!」と思えるモノは確かにあります。ただ、普段の生活に追われているとつい忘れがちになるかも。それは「夢」でもあるし、「目標」でもあるし、なんだろう、そんな感じ。

この「全ては○○のため!」と思えるモノに対して、自分はどれだけストイックになれるだろう。

2004年08月24日

歯医者に行きます

本日は、仕事の後に歯医者に行きます。近所の歯医者で夜遅くまでやっている所があり、仕事の後でも行きやすいのが利点です。もちろん行かないように予防するのが何より大切なのですが、今回治療する歯、というか、ちょっと調子の悪い歯は、以前、多分高校生の頃に治療をした箇所で、そこの治療方法がいまいち(当時としてはOKだったのだけど、時間が経って良い方法ではなくなった)だったため、調子が悪くなることが予見されていた箇所だったんです。特にここ数日、違和感を感じるようになりました。

ちょうど1年前くらいに同じように過去治療した箇所が外れるという症状で、その歯医者を訪れました。その時には、「あーこことここも同じ方法で治療しているから、いずれは治療が必要になるね」とは言われていたのですが、その場では虫歯になりそうでなっていなかったので、そのまま放置しました。案の定、1年経って調子が悪くなり、本日行くことになりました。

というか、まだもう1カ所(全部で3カ所)もあるかと思うと鬱。

帰ってきてからBlogが書けるかどうか心配だったので、今のうちに書いておきます。結果は後日。

虫歯の話をすると、虫歯一本無い奥さんに笑われてしまいます。正直うらやましい。。。

2004年08月23日

最近聴いている曲

fujiko.jpg

iPodを買ってから少しずつ音楽をCDから移しているのですが、今のところやっと1GBほど使いました。「iPod miniの方が良かったんじゃない?」とかはいわないでください。そのうち大きなデータのやりとりや、システムも入れてみたいと思っていますから。

それはさておき、一番聴いているのは何といってもフジ子・ヘミングのピアノ曲です。「奇蹟のカンパネラ」と「憂愁のノクターン」(いずれもアルバム名です)はいつも交互に聴いている状態です。心が落ち着かなかったり、気分が乗らないときに聴いていると、ゆったりとした心持ちになってきます。

その中でもおすすめは、「奇蹟のカンパネラ」のリストのラ・カンパネラと「憂愁のノクターン」のショパンのノクターン第20番・遺作です。

ラ・カンパネラは初めて行ったフジ子のコンサートで、なんて凄い演奏なんだと本当に圧倒されたのを覚えています。凄くゆったりと弾いているのに、ものすごい力強さで、体が震えるほどでした。ただしそれ以降何度コンサートで聞いてもそのときの感動を越えることはなかったんですよねえ。

ショパンのノクターン第20番は「戦場のピアニスト」でも有名になった曲です。寂しい感じの曲ですが、聴いていると心が落ち着いてきます。

コンサートの方はなかなかチケットを手に入れるのも大変ですが、CDで聴いてもいい演奏だと思います。是非聴いてみてください。

2004年08月21日

ウサギって凄い

ウサギって丸々としていてかわいくて、ちょっと俊敏ではないイメージがあるのですが、そんな彼らも野生動物として生きていく、そのための手段があるわけです。ということで、こちらのBlogにトラックバック。Pya!で紹介されていたサイトです。

ウサギの驚くべき生殖の実態(PLAYNOTE.NET)

鈍重なホモサピエンスにさえ簡単に捕獲されるウサギ。当然自然界で生き抜くのは至難の業。そのため生殖能力が極端に発達している。食われちゃう分たくさん作ろう、というシンプルかつ合理的な発想だ。実際イギリスではウサギは繁栄のシンボルであり、好色な動物として知られている。

<中略>

ウサギのメスは人間の女性と違い、周期的に生理しない。性交時の刺激が排卵を誘発するのだ。メスの視点から言うと、「あ、入ったな」と思ったら排卵。もちろん妊娠率は極めて高い。

<中略>

「人間は一年中が発情期」とはあるポップスターの名言だが、ウサギも同様。それどころかウサギは出産直後に発情するという。産み落としたら間髪あけずにネクストジェネレーションの生産に取り掛かる。ウサギすごい。

<中略>

ウサギはお腹に赤ちゃんがいても交尾できるし、その上もう一度妊娠できるという。人間で言えば八ヶ月の胎児がいるのにもう次の子を作り始めちゃうという荒業。よって大きさの違う二匹の赤ちゃんを同時にお腹に抱えることになる。

何だか、ウサギって凄いんですね。子孫を残して行くには仕方のないこと(?)なのかも知れませんが、そんなに生殖能力が発達(?)していたとは!ちょっと見る目が変わってしまいます。

あんまりウサギのことを、凄い凄いと書いてしまうのも何なので、もう一つ、世界一有名なウサギのオフィシャルWebSiteへもリンクしておきます。

The official Dick Bruna site

そういえばピーターラビットのお父さんは、人間に食べられちゃったんだよね〜(by トリビアの泉)

2004年08月18日

京セラのPDAってなに?

京セラのサイトをふらふらと覗いていたら、PocketCosmoというJavaプラットフォームのPDAを見つけました。形はPalmやSonyのクリエやWindows CEなんかと似ております。あまりPDAのことは詳しくないので、果たしてどのくらい人気のある機種なのか分からないのですが、結構売れているものなのでしょうか。教えて偉い人!

で、なぜ京セラなのかといえば、同じく京セラのPHSである京ポンと簡単に接続できるようなPDAがあると面白いなあと、それが同じメーカなら簡単に接続できるかなあと思ったのですが。どうやら
Webページを見る限りではそのようなことは書かれておりません。んー素人考えの浅はかさかな。

ちなみに京セラってセラミックや太陽光発電・カメラやデジカメといったイメージがあったのですが、サイトを見てみると、宝飾品健康食品なんてのも作っているんですね。あんまりアガリスクっていうイメージはなかったんですけど。みかけによらないものです。

2004年08月17日

DDIからの明細書が届く。。。

本日、DDIポケットより、先月分の明細が届きました。先月のはじめに機種交換したので、まるまる1ヶ月分+機種変更の事務手数料もはいっています。

もう大変です。

電話代、初めて1万円超えました(涙)

っていうか、いつもなら多くても5000円位だったはずなのですが。なんといってもパケット代7810円というのがアッパーカットのように効いてます。何でこんなになっちゃったの?って全部自分のせいなんですけど。おそらく原因はオペラでのWebブラウズでしょう。

もうね、奥さんカンカンですよ(涙)って自分のせいなんですけど。

コース見直し&自粛だなあ。。。

2004年08月16日

あ〜、夏休み〜。も、もうお終い。

今年の夏は、ほぼ1週間ほど、研修のような学校のような所に通っておりました。というわけで、会社の夏期休暇とほぼ同じ日程だったので、実質休んだのか休んでいないのか分からないまま、明日からは会社です。

で、この1週間通って分かったこと。

  • 電車で片道1時間半。通勤に1時間以上かけて会社に行っている方って本当に凄いと思う。自分には無理っぽい。

  • しかも休み中の電車でそう思うのだから、満員電車なんて、絶対無理っぽい。

  • 朝6時起きで、7時時過ぎの電車に乗る。夏の朝はさわやか〜

  • 帰ってきてから、予習、復習、オリンピックで寝るのは毎日夜中1時過ぎ。それでも慣れれば何とかなる。

  • 電車賃って、通勤・通学すると意外に大きいなあ。

ってな具合で。今日は終わったので、帰りに銀座のApple Store Ginzaによって見物してきました。それと毎日来店者にiPod miniが1台当たるというので、それに応募して帰ってきました。んーG5速いなー。お客さんに外国の方多いなー。坂本龍一とNew Balanceコラボのバックの現物発見。いいなあー。でももう他のバック買っちゃったからいらないけど。

そんな夏休みでした。

2004年08月15日

本日の侵入者

今日は、久しぶりに薄暗くなるまで昼寝をしていたのですが、起きた時に電気をつけたら、見慣れない侵入者がいました。

初めはトカゲのゴムの人形かと思ったのですが、元々そんなモノはこの家にはありません。本物のヤモリでした。時々窓の外にいるのを、部屋の内側から見ることはあったのですが、今回は知らぬ間に部屋の中に入っていたようです。

とりあえず、つかまえて外に出してあげようと思ったのですが、つかんだ瞬間にしっぽ切られました。とはいえ何とかつかまえてベランダに逃がしてやりました。逃がすのに必死で、写真を撮れなかったのが残念。

というか、実家でもあんまり見かけたこと無かったのに、東京で見かけるとは思わなかったなあ。

2004年08月14日

サイオーガウマー

今日電車に乗っている時に、イララックという薬の広告を見つけました。イライラや興奮を鎮める薬だそうです。そんな薬があるのかぁ〜、と思っていたのです。

そういえばその昔、大学生の頃、友人と話をしている時に「こんな薬を開発して欲しい」という話をしていました。その名も「サイオーガウマー」。その薬を飲んだら、達観した気分になって、何を聞いても「ああ、そうだね〜」って答えてしまうような。効能は。。。。ちょっとイララックに似てるかも。

とりあえず「サイオーガウマー」って言いたかっただけなんですけど。

2004年08月11日

日本の人口って、この先どうなるの?

国立社会保障・人口問題研究所のホームページの、人口統計資料 2004年度版より。「人口動態率」の表3−8 2002年出生率,死亡率一定による人口指標という資料があります。

これは西暦2002年の出生率、死亡率(平均寿命、平均余命などを出す時の数値です)、出生性比(生まれる子供の男女比)を基にして、今後ずーっとこの数字が一定だと定義して日本の人口がどのくらい変化するのかというのを紹介しています。もちろんそれぞれが一定ということはありえないのですが、ちょっとした参考みたいなものなのでしょう。

で、この表によりますと、西暦2002年の日本の総人口は、1億2744万人なんですけど、これが西暦2010年には1億2700万人と、早速減り始めてます。これが進行していきますと、


  • 西暦2050年で、8935万人

  • 西暦2100年で、4238万人

  • 西暦2200年で、931万人

  • 西暦2500年で、9万8千人

  • 西暦3000年で、50人

  • 西暦3400年で、0人

となっていくそうです。西暦2100年の次点で、自分なんかは生きてないとは思うのですが、それでも結構減っていきますね。まあ西暦3000年なんてーのは想像した所で無駄っぽいんですけど、50人じゃあ47都道府県よりもちょっと多いくらいですね。こうなると日本自体が無くなっちゃうでしょうね。

もちろん、今後の政策等で変わっていくとは思いますが、本当に100年後にはどのくらいの人口になるんでしょうね。

2004年08月07日

よく考えられた「使い勝手」

iPod と PHS(AH-K3001V)、ボタンの数も違うし機能も違う、全く違うものなんですけど、どうしても比較したいのがそのインターフェイスというか「使い勝手」なんです。

たとえば、iPodであれば「menu」ボタンを押せば必ず1階層上の画面に戻るとか、クリックホイールの使い方が常に一定とか、当たり前といえば当たり前なことが守られているんですけど、何故かAH-K3001Vの場合は「取り消し・戻る」にあたるボタンがモードによって異なったり、メールを書く時にはオペラ起動のボタンが「改行」ボタンだったり、メール起動のボタンが「文字入力モード切替」だったりと、何だか一貫性があるような無いような。慣れてきたつもりでも間違えてキーを押したりします。

そう、もっといいキーの割り当て方があった気がするんですけど、どうもそうなっていないんです。なんて事を書くと「iPodとは遥かに機能もキーの数も異なるのだから仕方がない」と言われちゃいそうですが、しょっちゅう使うものだからこそ、使い勝手が良くないと気になってしまうんですよねえ。少なくとも以前使っていたPHS(東芝だった気がする)の方がメール関連に使い勝手は良かったです。

なんて偉そうに書いてますが、Webページの使い勝手やメニューボタンの一貫性、内容が増えれば増えるほどうまく整理する必要はあります。ひょっとしたら自分が作ったページにも、嫌がられている使い勝手があるかもしれません。 そういったことも含めてデザインをしっかりしていかなきゃなあと、改めて思いますね。

2004年08月06日

7月を振り返って

先月(7月)に買ったものを改めて考えてみると、トロ〜ンで紹介しているモノだけでも、

と、いったいいくら使ったのでしょうか。あんまり考えたくはありませんが、当分高いモノを買うには慎重になることは間違いありません。もちろんどれも納得の一品なので、満足度は高いです。

なんか先月は買った話ばかりでしたので、出来れば今月は買ったもののレビューとかその他のことを増やしていきたいですね。さらに、今月は技術本の類を沢山買っていますのでその辺も紹介していきたい、と思っています。今のところ。

2004年07月29日

ラッキーな郵便物

昨日、自宅に帰ると見慣れぬ封筒が届いていました。また何か怪しげな勧誘なのかなあと思って開けてみると、なんと中から「牛角」のお食事券(6000円分)が!

手紙の文面を見ると、あるラジオ番組からのもので、丁度数日前にプレゼントをしていたものにインターネットから応募したのですが、それが当たって届いたのですよ。

うわー、何か、とてつもなくラッキー!な気分! ついてる!

というか、こういう懸賞とかプレゼントで当たったのって本当に久しぶりな気がします。一時期、懸賞応募サイトが流行っていた時期に少し応募とかしてましたが、全然当たらなかったはずです。それ以上に驚いたのは、確か応募したの月曜日だったんですよ。それで水曜日に当選して届いてしまうなんて、そのスピードの速さに驚きです。

たまにはこういうプレゼントに応募してみるのも、面白いですね。

2004年07月21日

夏バテ

東京・大手町では昨日の最高気温が39.5度だったそうです。39.5度ってなによ!もうね、ぬるめの風呂か!と。千葉の方では40度越えていた所もあるそうですから、本当に8月なったらどうなっちゃうの??と言いたい。そんな猛暑の日々。

その昔、「夏バテ」というモノをよく分かってなかった今から5年くらい前。冷房のかかった会社の中にいてもなぜかのどが渇く、渇くので冷たいモノを飲む。でもまだ渇く。冷たいモノを飲む。でもまだ渇く、というか体がダルダル〜。ってな状態になって、他の人から聞いて初めて「夏バテ」というモノを知りました。っていうか遅すぎ。

最近は、この感じだと冷たいモノを飲んじゃいけないな、でも飲みたいな、でもやばいな〜。なんて考えながら、ぬるめのモノを飲むようになりました。まさに学習能力(そうか?)

今日もさらに暑いようですから、皆様ご自愛下さいませ。東京でも40度越えちゃうのかな〜。

2004年07月19日

中井正広のブラックバラエティ

昨日、日テレで新番組が始まりました。「中井正広のブラックバラエティ」、何とも怪しげなタイトルです。何せ日テレでブラックですから、期待が高まります。

司会はSMAPの中井君と、オセロの中島さん。ゲストは石原良純さんと、何故か山梨学院大学の宮塚教授。なぜ??
ちょっとスタートの部分は見逃してしまったのですが、内容の不思議さに出演者みんなが置いて行かれるという展開。使われている音楽、効果音、文字の見せ方、強引な展開などは、まるでブラックワイドショーです。途中で宮塚教授、何故か番組の展開と全く関係なく、北朝鮮グッズコレクションを紹介し始めて、一通り説明したら勝手に帰っちゃうし。

声の出演はルミルミねーさん(かずえの声)と、垂木さん(タンジェントくんの声)。まんまブラックワイドショーメンバーです。ここで細川さんと三浦さんが出てこないのが非常に残念!

ということで、この番組、とりあえず要チェックです。果たしてブラックワイドショーを知らない人がどれだけ楽しめているのか非常に謎ですし、ブラックワイドショーファンが満足しているかどうかも謎ですが。

2004年07月18日

株は「うさんくさいもの」なのか

私は今、少額ですが株を買っています。とは言っても、デイトレードをするとかはせずに、とりあえず買ってホールドしたまま。せいぜい「あー今日はプラスになったなあ」とか見る程度です。もちろん毎日パソコンに向かっていますから、仕事中にこっそりデイトレードをなんて事も出来るでしょうが、そんなことしてたら絶対仕事にならないので(笑)、やってません。

とはいえ、あんまり周りで「株やってます」という話も聞きません。もちろん一部にはいますが少数です。それよりは、株に対して悪いイメージを持っている人も多い気がします。株を買う位だったら、まじめに仕事しろとか、貯金だなとか、宝くじを買った方がいいんじゃないか、という意見の方が多いんじゃないでしょうか。何だか分からないけどちょっとダークなイメージ(それでも最近はだいぶ良くなってきたと思いますが)があって、「お金は額に汗して稼ぐものだ」という思いもあるのかもしれません。

そういった事も最近は単に情報不足からきているのではないかと思っています。少なくとも社会に出るまでは株なんて興味もありませんでしたし、よく分からないけど大きなお金の動く遠い世界のものというイメージもありました。それもすべて情報不足で、怖いものに見えていたのだと思います。少なくとも宝くじや競馬などよりは遥かにリターンがありますし、それほどハイリスクでもない。引く利利率の貯金よりかは増える可能性は十分にあります。もちろん減るリスクもありますけど。

とりあえず、私も始めたばっかりで、何も分かっている訳ではないのですが、株の事を知ろうとすると、経済や政治や、様々ものに興味が持てて面白いですよ。そして株はそれほど「うさんくさいもの」でもない、ということも分かってきます。

2004年07月13日

さ〜ま〜た〜いむ♪

今日は、朝5時に起きました(普段は7時くらい)。もし朝5時に起きられたら、会社に行こうと思っていたので、会社に行きました。

5時半には会社に着いて、当然朝早いので、電話もかからず仕事がやたらはかどります。ちょうど夜遅くまで仕事をしているときと同じような感じです。外が明るいので、雰囲気は全く違いますが。

とりあえず朝が早かったので、もう午前中が長い長ーい(笑)。昼は、普段はあまり食べないんですけど、今日はコンビニで買ったビーフンと貰い物のトウモロコシ半分を、ぺろっと食べてしまいました。その後夕方にはさっさと退社しました。でも実働時間はいつもと同じくらいかな?

というわけで、一人で勝手にサマータイムを体験導入してみました。朝早く活動し始めると本当に1日が長いですねえ。ただ早起きはちょっとつらい。長続きは難しそうです。とりあえず、もう眠い。。。

2004年07月12日

著者近影

chosya.jpg

うちに居たぬいぐるみをデジカメで撮影したら、結構いい感じでした。ので、著者近影ということで登場。とろ〜んとした所がとても良いです。ちなみにぬいぐるみの名前は「なまけたろう」。んーこれまた良い感じ。

左のメニュー「著者近影」として入れようと思ったんですけど、最近やたらと内容が増えてしまったので、後で整理しつつ入れることにします。

というわけで、本日はなまけたい。ということなんです。

こんなに色白でも毛むくじゃらじゃないじゃん、という意見は自動的に却下いたします(笑)

2004年07月11日

選挙な日

今日は参議院選挙ということで、日中はささっと近くの小学校に設置された投票所に行って来ました。東京都の方は4つの議席に11人が立候補、なかなかバラエティに富んだ立候補者の面々だったのですが、一応決めていたので、さっと書くことが出来ました。

問題は比例代表の方で、投票所で立候補者の名前がズラーっとならんだものを見た瞬間に、あれっ?と頭が真っ白になってしまいました。確か誰かに決めていたはずなんだけどな。結局政党名で入れました。下手に有名と言うだけで入れてしまうのも嫌だったので。

しっかし、テレビ局の出口調査は凄いですね。改選の定員は全部で120議席なのですが、8時に投票が締め切られた直後、5分も経ったら当選確実がガンガン出ているし、1時間も経たないうちに半分以上の議席が当選確実になってます(今は、NHKを見ています)というか、もうちょっと接戦だったり、こうなんというか、あっという間に楽しみが無くなってしまうようなそんな感じです。東京も4議席のうち既に3議席が決まっているようです(9時現在)。早いよなあ。

というわけで明日には体勢が決まるとは思いますが、とにかく良くなって欲しい。それをがんばってくれる人が選ばれてほしいと、切に願います。

2004年07月09日

ペットボトルを捨てるには

ここのところの暑さは尋常じゃない、というか梅雨はもう終わったのかと思う訳です。今日は、日中表に出ていたので、つい暑さに負けて500mlのペットボトルでウーロン茶を買いました。500mlもあれば結構持つかなと思ったんですけど、あっという間に飲み終わってしまいます。

と、ペットボトルを捨てようと思うんですけど、結構ペットボトル用のゴミ箱って見あたらないんですよ。空きビンとか空き缶とか紙コップ用のゴミ箱は自動販売機の隣に設置されていたりするんですか、何故かペットボトル用のゴミ箱は見あたらない。駅構内ならあるかなあと思ったけどやっぱり無い。もちろんコンビニの前にあるのは知っていますが、そういうときに限って(特に電車での移動中は)コンビニが見つからなかったりします。

だいたい、自動販売機で普通にペットボトルのジュースやお茶を売っているのに、そのゴミを捨てる方法がないってどうなの?売りっぱなしで、ゴミは気にしないのかなぁ。それとも缶もペットボトルも分別せずに一緒に捨てちゃって良いのかなぁ。なんだか凄く不便に感じました。あ、もしかしたら見えなかっただけで、設置されてるのかなあ。でも見つけにくかったら益々不便です。

結局駅を出てからゴミ箱に捨てましたが、もうちょっと便利だと良いなあと思います。でも今日は移動したルートが悪かったのかも、と思いたい。

2004年07月06日

投票に行く〜♪

♪有権者は〜気楽なモノだと〜きたもんだ。

今朝NHKで政見放送を見ていたら、青島幸男氏が歌っておりました。しかも3回も。んー何だか政見放送になっていないような気もしたんですけど。

そうそう、今週末は参議院選の選挙なんですよ。イマイチ世の中盛り上がっていないみたいですね。選挙カーがうるさく走り回っていることも少ないですし。というか、1つの選挙区が広すぎて全てを移動してカバーしきれないのもあるんでしょうね。比例代表なんてまさに全国区ですから、誰が出馬しているかもさっぱりわからないし。

自分は投票をしに行くのって結構好きなんですよ。「政治に参加する」とか「有権者だから」とかそんな道徳的な事じゃなくて、単純に面白いと思うんですよね。特に東京にきてからは出馬する人がバラエティに富んでいて選び甲斐があるというか。その人が夜8時からの選挙速報番組で選ばれるかどうか見ているのもちょっと面白いです。んーなんだろ、ちょっとした競馬放送みたいなモノかなあ(表現悪いけど)。それが接戦だったりするとまた面白いんですよねえ。

「どうしても行きなさい!」とは思わないんですよ。ただ、行くと楽しめるんですよね。その後の政治にも興味が出てくるし、とりあえず投票所に行って、現場で決めるってーのでも良いと思うんですよねえ。しかも今回は、選挙区と比例代表で2つも投票できてお得な感じです。どちらかはうまくいく(?)と思うとバラバラにも投票できます。

ちなみに比例代表の方は政党名か候補者名で投票できます。比例代表のほうに登録されている候補者って凄く多いので、投票所に行ってから決めようとすると多分困ります。一応こんな人も出てるんだーということで比例代表に立候補している方々の一覧が見れるサイト(朝日新聞)へのリンクもしておきます。ここの職業欄だけでもずらーっと見てみると面白いですよ。気に入った方がいたら是非投票所へ。

2004年07月04日

回せないねじは無い!

f-gear1.jpg

ねじってプラスやマイナスはよく見かけますけど、ノートパソコンの星形のようなねじはどうやって回す?ドライバーでなめてしまったねじはどうやって回す?さび付いたボルトとナットはどうやって回す?

そんなときにはここに訪れてみるのが良いかも。何せここは「回せないねじは無い!」というコンセプトで様々な工具をそろえているのですから。そこはファクトリーギア東京下町店!、昨日、御徒町の駅の近く、昭和通沿いにオープンしました。というわけで、昨日のオープンに合わせて訪れてみました。

続きを読む "回せないねじは無い!" »

2004年07月03日

新幹線

sinkansen.jpg

山手線とか総武線にはしょっちゅう乗るけれど、新幹線なんて本当に2年ぶりかな。とはいえ、行き先は熱海だったので写真のような新幹線には乗れないわけですが。乗ったのは普通のこだまでして、それでも1時間ほどで熱海に着いてしまいます。

というか、あの新幹線の座席ってあんなに乗り心地良かったっけ?と思ってしまうのですが。背もたれの高さなのか、適度な堅さなのか、適度な揺れなのか、単に疲れていただけなのか、本当に寝てしまいそうでした。あの椅子ちょっと良いかも。

とりあえず特急料金高いけど、その分のスピードは出てるよなあと、でもそんな列車に短時間しか乗れないなんて、ちょっともったいない?たまには新幹線で遠くまで旅行に行きたいですねえ。

2004年07月01日

トマト、その後

tomato2.jpg

先日書きましたベランダのトマトですが、昨日やっと1個収穫できました。ワー、パチパチパチパチ。というわけで、右の写真がそれです。隣に単3電池を並べてみました。大きさが分かるかなー。

実際結構小さいんです。とはいえ、赤くなっていないモノの中にはもっと大きなモノもあります。それでもスーパーの店頭に並ぶほどではないのですけどね。大きくならない理由は、品種なのか、栄養が足りなかったのか、ベランダで育てるのの限界なのか分かりません。それでも、食べられる野菜が育つのって楽しいですね。

まだもったいなくて(?)食べていないんですけど、今日あたり食べてみますね。

2004年06月24日

選択肢の増加が幸福感を減少させる

かなり昔からずーっと読んでいるメールマガジンで 「今日の雑学+」というのがあります。マーケッティングやネットに関する情報へのリンクをまとめて紹介してくれていて、とても参考になります。そのメールマガジンの冒頭に毎回コラムが載るのですが、これまた結構面白く、参考になります。そのコラム部分はざつがく・どっと・こむとしても紹介されています。

今回のコラムは「しあわせですか [2004.06.24]」というもので、特に下の一文が気に入ってしまいました。孫引用なので申し訳ないのですが。

社会心理学のバリー・シュワルツ博士は、選択肢の増加が幸福感を減少させている、と指摘している。選択肢が無い世の中がいいというわけでは、もちろんない。決まった線路は走りたくない、でも、仮に無数の切替ポイントがあったとすると、ああやっぱりあちらの線路にいけばよかったと悩むことが多くなる。そういうことらしい。

この後悔というか悩みって、分かりますねえ。コンビニで買ったお昼の弁当、もしかしたら別の方がおいしかったんじゃないか、とか(ちょっと例が悪いなあ)、ノートパソコンのSuperDriveなんて必要ないと思ってComboDriveにしたら、DVD-Rが使いたくなったり、とか、細かいことを言ったら切りがないですね。

要は気の持ちようで、自分の選ばなかったもののよい点よりも、選んだもののよい点を見てあげれば、納得がいったりします。あんまり選ばなかったもののことを後で考えても、後悔しか出てきませんから。次の日はもう一つの弁当にすればいいし、SuperDriveが必要なら外付けでつければいい話ですし(実はほとんど使わないんですけど)。

というわけで、今日の鶏五目弁当はちょっと味付けしょっぱかったなー。

2004年06月18日

首都高渋滞中

zyutai.jpg

本日は営業で、私にとっては珍しく車で移動しました。金曜日だからでしょうか、首都高も渋滞気味。何とか約束の時間までには間に合いましたが、途中はかなりひやひやしました。
電車だと時間が読み易いんですけどねえ。

2004年06月16日

血液型はA型

血液型を話題にしたTV番組、最近多いですよね。そのたびに、うちの奥さんから「とてもA型には見えない」といわれ続けている私です。

A型というと几帳面ぽいとか、きれい好きとか言われていたりしますが、いまいち、いやかなーり、自分の性格からはかけ離れていますが、正真正銘の血液型A型です。血液型での分類って当てにならないのでは、と勝手に思っております。

Diaries for ...さんのトラバ企画「ブロガーの血液型統計」、面白そうなので参加してみました。「ブロガーはB型の人が多い気がするけど、実際どうなの?」ということだそうですが、どうなんでしょ。今のところA、B、Oが均衡していて、ABが若干少ないという感じみたいです。(A型:24人、B型:25人、O型:23人、AB型:11人、16日15時現在)

んー、必ずしもB型が多い訳ではなさそうですが。日本人の平均(A型4割)からすれば、A型が少ないかな?結果がちょっと楽しみです。

2004年06月15日

ル・マン24時間

今年のル・マン24時間レースは、長年続いていたテレビ朝日による中継が無くなって、スポーツ・アイ ESPNで放送されていたようです。折角「あー、そういえばルマンの季節だなあ」と思っていたのですが、走っているシーンを全く見れないというのも残念な話です。

とはいえ、テレビ局としても視聴率や話題性が無ければ頑張りようもないですから、仕方がないのでしょう。いくら世界最高峰のレースとはいえ、視聴率には勝てないのでしょうか。(他にもコストやスポンサーのこともあるとは思いますが)

あんまり「昔はよかった〜」という話にしたくはないのですが、自分が高校生の頃は、近くの自動車販売店(マツダ系)にチャージマツダ767Bが来ると分かって見に行ったことがあります。今考えてみれば本当にルマンを走った車なのかどうか疑わしいですが、当時の自分にとっては、すっごいかっこいいマシンだーと、感動していたものです(当方、スーパーカー世代の最後の方なため)。今なら時効でしょうが、販売店の店員さんに促されて、Cカーの窮屈なシートにも座ったりしました。あれは、自分にとっては貴重な体験でした。

今はそういったメーカー参戦による広告効果というのも、レース活動からは得にくいのかも知れませんね。もっと魅力的なレースというのが出来てくると良いとは思うのですが、単に「ブームが去った」とか「時代が終わった」という言葉で終わらせないで欲しいですね。

2004年06月12日

角煮キノコ丼

角煮キノコ丼

今日のお昼は、吉野家の角煮キノコ丼でした。というより、豚丼にしようと思って行ったのですが、ちょっと他のものも食べてみようと思って、今回は角煮キノコ丼にしてみました。

見た目は画像の通り。角煮の細かいものと、3種類のキノコが入っています。たれも角煮に合わせてかなり甘めになっていて、通常の豚丼のつゆとは違うようです。キノコの方にかなり味がしみています。角煮の部分はかなり柔らかくてとろっとしております。

まあ味は悪くはないんですけど、吉野家に行くならやっぱり豚丼の方がよかったような気もします。豚丼よりもちょっと割高ですので(豚丼:320円、角煮キノコ丼:380円)次回選ぶかというと。。。

コカコーラと同じで「これ!」という定番があると、それを越えるものを出すのは難しいんでしょうねえ。まあ、越えられると思って出していないのかも知れませんね。

2004年06月11日

マイクロバスの語源が知りたい

マイクロバス
先日、ある人との雑談の中で、「マイクロバスはなぜ"ミニ"バスではなくて"マイクロ"バスなのか」という話になりました。そんなの考えた事もなかったのですが、確かに言われてみれば"マイクロ(micro)"というのでは、あまりにも小さすぎる。1マイクロメートル(μm)だったら100万分の1メートルだから、バスも100万分の1のサイズって事なのか?と、深読みしてしまいます。

「マイクロバス」で検索をすると結構な数の結果が出てきますが、残念ながら語源が分かるような情報にはたどり着きませんでした。ただし「microbus」という言葉は英語の辞書にはあるようですので、和製英語ではなさそうだ、ということだけは分かりました。ちなみにバスの語源は「オムニバス」というラテン語からきていて意味は「みんなのもの」ということだそうです(こちらのサイトを参照)

さらに、フォルクスワーゲンのType2(右上画像参照)をMicrobusと呼ぶこともあるようです。この辺はType1をBeetleと呼ぶのと同じように、愛称なのかも知れません(商品名ではないはずです)。

結局、なぜ"マイクロ"なのか謎のままなのですが、もしご存じの方がいらっしゃいましたら、是非コメント欄に書き込んで下さい。よろしくお願いします。

2004年06月10日

(゚Д゚)ゴルァ!に込められた気持ち

ばあちゃん(゚Д゚)ゴルァ!と夫(゚Д゚)ゴルァ!

小鳥 (a little bird)さんのBlogから。是非読んでみて下さい。かなりウルッときます。いや泣けます。(゚Д゚)ゴルァ!に込められた気持ちがどんなものなのか、ひしひしと伝わってきます。

出典は2ちゃんねるだそうです。最近、話題になった「電車男」もそうですが、2ちゃんねるから発信される情報を、2ちゃんねる以外の場所で手に入れるということも増えてきましたね。

いずれの話も内容の真偽はともかくとして、いい話だなあと思います。仮にウソだとしても、それがこの文章の評価を落とすことにはならないでしょう。

2004年06月09日

コカコーラの戦略か!

トラックバックをしていただいたマサログのトビラ ver.1.00さんのページに、Bulkfeedsでの"コカコーラC2"という単語でのRSSの検索結果へのリンクがありました。

C2自体が発売されたのが3日前で現時点(10日17時時点)で535件もの登録があります。これって実は結構多いんじゃないかなと思ったわけです。だってたった3日ですよ。確かに延べ人数ですが、500人近い人が「おいしい」とか「まずい」とか「別に。。」とか、評価を下しているわけですよ。しかもそのBlogを読んでいる人がその何倍もいると考えられますから、あっという間にC2に関する情報がWebに蓄積されて広がっていく。けっこういいプロモーションになっていると思いますよ。その点ではコカコーラの戦略ではないかとも考えられます。

出来ることなら、これでコカコーラのサイト自体にトラックバックできるページがあったら面白かったでしょうねえ。みんなで評価を下して、みんなでトラックバックする。そんなプロモーション方法も出てくるでしょう。ただし、よほど製品に自信がないと、悪評ばかりがついてしまって逆効果かも。。。

2004年06月08日

Coca-Cola C2キャンペーン

6月7日から世界に先駆けて発売されたCoca-Cola C2ですが、うちの近所のスーパーで日曜日の夜には店頭に並んでいたことは秘密です(笑)

さて、さすがにコカコーラだけあって、テレビCMや店舗、自動販売機などなど、あらゆるところで大々的に告知されています。その中でも特に気に入ったのが、オープン懸賞です。クイズに答えると抽選で2名様に「あなたが作る1000万円の旅行」が当たります。1000万円の旅行ってどんな感じよ、というかどこまで行けちゃうの?といった感じですが。

このサイトを見ると、6つほど旅行のモデルがでています。「家族・親戚20名でオーストラリア旅行」とか、「ペアで行くファーストクラスで行く世界一周18泊20日間」とか、かなり豪快です。その中でも一番気に入ったのは「家族4人でハワイのコンドミニアムに1ヶ月滞在」! 我が家は家族2人だからこれにしたら倍の2ヶ月か?! そんな事したら絶対社会復帰できないに違いない! (笑) つーか確実に会社から自分の椅子はなくなってますね。

実際には当選者が旅行会社の方と決めていくそうなので、どうなるのかは分かりませんが。あー後先考えずに選んでみたい。

2004年06月07日

渋谷、オードリー・ヘップバーン展

昨日は渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催しているオードリー・ヘップバーン展を見に行ってきました。ちょうど金曜日にテレビ番組でオードリー・ヘップバーンのことをやっていたので、かなり混雑しているかなあと思っていました。行ってみると入り口は並ぶほどではなかったのですが、会場内は休日なのもあって結構混雑していました。

まあ、オードリー・ヘップバーンを説明する必要はないと思いますが、実際に映画の中で使用された衣装や、手に入れたオスカー像などのトロフィー、普段来ていた洋服、使用していた食器、手紙、などなど、結構多くの物が展示されていました。服を見る限り、オードリーは背が高くてかなり痩せていたんだなあということが分かりますね。とにかくどれも保存の状態がいい!

私自身が勝手に気に入ったのは、「ローマの休日」の中で使用されていたベスパが展示されていたことです。映画ではモノクロなのでわかりにくいのですが、ちょっとくすんだブルーのベスパは、普段見ているベスパやベスパっぽいスクーターに比べると、結構大きくてずんぐりとしています。ハンドルも結構大きく開いています。表面はかなりさびが出てきていますが、まあそれが年月の経った結果なのかも知れません。

自分はファンというほどでも無いのですが、オードリー・ヘップバーンに興味のある方は、行ってみるとますます興味が出てくると思いますよ。会期は7月4日までです。 

2004年06月05日

iNTERNET magazine...

普段、雑誌はだいたい書店で立ち読みしてから買います(例外として、定期購読しているのは今のところWeb creatorのみ)。雑誌の場合、どうしても当たりはずれが大きい気がするので、一度読んでからかいたいというのが大きいんですよね。

ただ、インターネットに関することを仕事にしておきながら、iNTERNET magazineは読んでないんですよ。これは理由が簡単で、近所の本屋さんにおいてないんですよ、どこにも。だから、他のWeblog等でiNTERNET magazineのことが話題になっていても、読みようがない(笑)読むためには少なくとも電車で一駅分以上移動する必要があります。多分。

っていうか、そんなに売れてないのかiNTERNET magazine? 書店に無くても平気なのか?それともうちの近所が世間離れしすぎてるのか??

blogネタも多いみたいだし、定期購読しようかなー。

2004年06月03日

らっきょうを漬ける

coolmint.jpg

らっきょうといえば、カレーの友といった感じですが、らっきょうって5〜6月位になるとスーパーの店頭に並ぶんですよ。「泥つきらっきょう」が1kgで7〜800円くらいで売っています。ただこれは生というか採れたばかりのものなので、これを漬ける必要があります。

今日はらっきょうを買ったので、ささっとかわをむいて、塩漬けにしました。一度塩漬けにして2週間ほど経ったら、今度は塩抜きをして、たまり醤油漬けにします。まあ醤油じゃなくて甘酢漬けにする事もできますので、らっきょう漬けを試してみる方は是非。1kgのらっきょうをむき始めると2時間くらいは簡単に過ぎてしまいますので、時間があるときにやるのがいいですよ。

でもって「何でらっきょうを漬けているのか」と聞かれると困るのですが、なんかむき終わって漬けた後のらっきょうをみているとかわいい気がするんですよねえ。それってちょっと変?

2004年06月01日

ガソリンの値段、ふたたび

いぜん、ガソリンの値段が総額表示になったことを書きました。そのときは見た目だけ値上げしたような感じだったのですが、今回は本格的に値上げになったようです。近所のガソリンスタンドでレギュラーが1リットル当たり112円、ハイオクが122円くらいでした。

今回のは、石油元売り各社が6月出荷分から値上げした事が理由のようで、卸値が1リットル当たり4円程(新日本石油の場合)上がったそうなのです。ガソリンの元となる原油価格も高騰しているそうなので、7月以降も高くなっていくかも知れません。

まあ普段は人力+電車なので、あんまり気にならないのですが、結構この値上げって大きいですよねー。

2004年05月30日

銀座、有楽町をブラブラと

ginza1.jpg

「銀ブラ」というほどではありませんが、銀座・有楽町の辺りを散歩するのは楽しいですね。混んでいるとはいえ、歩けないほどでもないですし、何だかおしゃれな店も多いですし、何だか入りにくい店も多いですし、有名な宝くじ売り場はドリームジャンボ宝くじを求める人の長蛇の列ができていましたし?

電気屋さんも本屋さんも充実しているので、1日いても飽きないです。歩き疲れました。

2004年05月29日

銀座、佐藤卓展

coolmint.jpg

ロッテのクールミントガムって、前から2番目のペンギンが手?を上げているんですよね。そんなパッケージやキシリトールガム明治乳業のおいしい牛乳、化粧品などのパッケージなど、いろいろな者のパッケージのデザインなどを手がける佐藤卓さんの作品展を観に、銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーに行って来ました。

ほぼ日刊イトイ新聞「感心力がビジネスを変える!」でも紹介されていたからでしょうか、それとも土曜日だからでしょうかとにかく会場は混んでました。地下のギャラリーは数多くの作品というか商品が並んでいて、しかもその仕事の幅やそれぞれのデザインの美しさが本当に感心させられます。普段100円程度で買うガムのパッケージを、こうしてじっくり観るのもいいと思いましたね。

佐藤卓さんの仕事については「感心力がビジネスを変える!」にインタビュー記事があり、結構感心させられます。特に仕事に向きあう考え方は、自分の仕事にも反映させるべき点は多々あると思います。

それでなくてもこの「佐藤卓展」結構面白いですよ。とはいえ5月31日までなので、お時間のある方は是非訪れてみてはいかがでしょうか。

2004年05月25日

昔に教わった車の運転術

その昔、大学生だった頃に同じサークルの先輩から、車の運転方法を教わりました。いまでも覚えているのが2つほどあります。

前に走っている車がブレーキを踏んだらこちらもブレーキを踏む
けっこう当たり前の事ですが、とりあえず前の車のブレーキランプが点灯したら、何かブレーキを踏む必要がある事が起きている証拠なので、自分もブレーキを踏む。ちょっとタイミングが早めの場合もあると思いますが、その方が安全だという理由だった気がします。

出来るだけエンジンブレーキを使う
前の話と矛盾しそうですが、エンジンブレーキが使えそうな時は、エンジンブレーキを使って減速します。その理由は「ブレーキパットがすり減って、もったいないから」でした。確かその頃はマニュアル車で、わざわざギヤを落としながらエンジンブレーキを使ったりもした気がします。

何だか変な所だけ覚えている気もしますが、エンジンブレーキ時には燃料がエンジンにあまり行かなくなるので、燃費の向上も期待できます。

なーんて理屈をこねても、たまにしか車に乗らないんですけどね(笑)

:ちなみに、車によっては、エンジンブレーキはミッションに負担をかけてミッションの故障理由になるので、フットブレーキを多用した方がいい車もあるそうです。上の話はあんまり真に受けないでください。

注2:ハイブリット車をネタにしようと思ったら、いつの間にか話が思いっきり曲がってました。なんでだろ〜。まあ良しとする。

2004年05月24日

ガソリンの値段

先日実家の方に帰る時に、車にガソリンを入れました。ガソリンスタンドの表に掲げられた価格表示が、何だかえらく値段が上がっていた気がして、その時は原油の価格でも上がってそれが影響しているのかなと、思っていたのです。

という話を、知り合いとしていたら「そういえば、ガソリンも消費税の総額表示で凄く高くなったように見えるんだよね」と言われてしまいました。確かに、前回ガソリンを入れたのは総額表示前だったかも。ガソリンって、1円差とかでもけっこう気にしてしまうから、元が100円だと消費税分5円も上がったように見ていたと。それは高くなったように感じますよ。

というか、総額表示に気がつかないほど車に乗っていない(訳ではないけど、ガソリンは入れてなかった)、ということもありますね。うーんちょっと世間離れしていたかも。

2004年05月23日

友人の結婚式

今日はお日柄が良かったのか、結構各所で結婚式があったようで、高校時代の友人の結婚式もありました。とは言っても、私は出席はしなかったのですが。

そのホテルが、何というか、東京都千代田区のあるホテルでして、丁度報道陣の集まっている場所だったそうです。出席した友人の話では、報道陣はホテルの外の一角に集められていたそうで、結婚式の方には特に影響はなかったそうです。その辺はやはりホテル側としてはきっちり仕事をしているのでしょう。なんにせよ、一世一代のイベントが上手くいって良かったですね。

Mくん、Sさん、末永くお幸せに!

2004年05月22日

「おしゃれ会議」行ってきました

無敵会議シリーズ、こんかいは「おしゃれ会議」ということで、決しておしゃれではない(それでも昔よりは良くなった)私も会議に参加しました。会議はいつも通りというか、私としてはけっこう楽しいものでした。特に情報の可視化ということには、多くの方が様々なアプローチを行っているのだなあと、本当に感心しました。お会いした皆様、時間を共有できた皆様、ありがとうございました。

会議の詳細については、きっと詳細をアップして下さる方がいると思いますので割愛しますが、自分なりにヒットしたものが2つと、ちょっと残念だったことが1つ、そして自分の問題点が1つ出てきましたので、ばばーっと書き留めます。

続きを読む "「おしゃれ会議」行ってきました" »

2004年05月18日

リセットスイッチ

「トロ〜ンとしたNの日常」なのに、最近ネタがトロ〜ンとしていないとの指摘がある方面からありました。そうかな?んー、そうかも。

そうそう先日のニュースなどの情報を選ぶ話ではないですが、ついニュースや事件、ゴシップに心奪われてしまうこともあります。Webブラウザーでもニュースサイトばっかり気になってしまって。ちゃんと仕事しろ!って自分の事ながら思ったりしますけど。

そういう時用のリセットスイッチがあると良いですね。そのスイッチを押すと、ニュースのことを一時的に忘れて、気持ちを切り換えつつ仕事に戻れるような。「心が奪われたとき専用リセットスイッチ」んー、微妙。そんなのは気の持ちようだって言われちゃうかも知れませんが、あると便利ですね。

と、実現しなさそうな変なことを考えつつ、もうちょっとトロ〜ンと(当社比)いきたいです。

2004年05月15日

寺田寅彦「一つの思考実験」

別にテレビが嫌いなわけでないです。どちらかといえば好き。積極的に見たいくらい。ただ、最近の報道番組、特に民放のニュースは、ちょっと苦手です。もちろん、世間の流れやニュースを知らないというのも、少々問題はあるとは思いますが、「どのくらい深く」「どれくらい早く」「どれくらい正確に」「取捨選択しつつ」知っておくべきなのでしょうか。

政治、事件・事故、経済、スポーツ、インタビュー、その他地域の情報などなど、内容は多岐にわたりますし、どれも大切なようでそうでもない情報もかなり含まれています。特にニュースは速報性が高いと正確性に欠ける場合もあるので、本当に知りたい内容がわからないこともあります。

そんな事を考えている時に、寺田寅彦の「一つの思考実験」という文章を思い出しました。この文章の中では次のように書かれています。(注:この文章が掲載されたのは大正11年5月の中央公論です)

続きを読む "寺田寅彦「一つの思考実験」" »

2004年05月03日

新宿、高島屋、アイルトン・セナ展

新宿

アイルトン・セナが亡くなってからもう10年も経つんですね。5月10日まで新宿の高島屋で「アイルトン・セナ展」をやっています。というわけで、ちょっと久しぶりに新宿まで行ってきました。撮影禁止だったので写真はありませんが、2階のエスカレーターの近くに、マクラーレンMP4/6も展示してありました。撮影禁止なんてしない方がいいのにー

10階までエスカレーターで上がってセナ展の会場へ。休日という事もあってものすごい込みようです。いまだにセナへの関心度の高さがひしひしと伝わってきますが、全体として当然ですがお客さんの年齢層は高いようで、当時F1を見ていた世代、主に30代以上ぐらいではないかと思われます。

中に入ると、子供の時代から亡くなる直前までのレース全記録や、その当時のライバル達(ピケ、マンセル、プロスト、シューマッハ等々)、当時の新聞などのパネル展示やセナにゆかりのあるものの多くを展示していました。特に当時のレース映像を流している所には多くの人が集まっていて、本当に身動きがとれないくらいでした。

今日はレーシングドライバーの脇坂寿一さんのトークショーもあったようですが、残念ながら時間帯が合わずに見る事は出来ませんでした。ちょっと入場料600円は高いかなーとも思いましたが、楽しめるというよりは、懐かしい気分になれるという部分が大きいかも知れません

2004年05月01日

気が付いたら半年経過

ふと思い立ってBlog(Movable Type)の設定をしてから、運用し続けていたらいつの間にか半年経ってました。半年も経つと色々状況が変化するもので、初めにインストールした時は単なる遊び程度だったのですが、今ではそれをどうやったら仕事に結びつけられるのかなんて事を、考えたりもしていますし、商用利用のページの英語を読んだりもしております。

世の中もかなり変わった気がします。半年以上もっと前からblogのサービスとかはあったのだとは思いますが、この半年、特に年が明けてからの普及度合いは凄いのではないでしょうか。何せ今日立ち読みした「SPA!」にもBlogの特集ページがあるくらいですから。

単純に一過性のブームなのかは、ブームが終わってみないとわかりませんが、もっと大きな何かのブームが来てもblogのブーム(?)が続くのではないかなあと思っております。普通ブームが飽きられていくのは、先端にいる人々の意識が他のものに移ったりして起こると思うのですが、blogの場合、単なる自己表現の手段と考えてしまえば、その興味が何に移っても手段としては残っていくと思うのですよ。インターネットがある間は。

とにかく自分としては、よく周り(インターネット)の様子を見ながら、乗り遅れないようにしないと仕事にならなくなってしまうなと、改めて感じております。

2004年04月29日

ゴールデンウィークですね

ゴールデンウィークとはいえ、仕事の方はカレンダー通り、今日は休みですが明日は仕事です。来週は4連休ですね。長い休みがあった学生時代に比べると、4連休くらいはどーってことない感じですが、今は週の途中で休みが1日あるだけでも、結構楽しめるものです。

というわけで(?)今日は1日、家でゆっくりしてしまいましたが、一応アップするのだけは忘れずに行っております。ゆっくりしているとは言っても、読みたい本は溜まっているし、やらなければならないことも溜まっているし、いろいろしております。

特に今度の4連休中には、Movable Typeのことをもうちょっとつめていじりたいと思っているんですよ。まあ、最近はお客さんの所でWeblogの話をすることもあるし、何とか仕事に結びつけられないかなあと考えていますが、ただ日記形式で使うだけでは説得力はないですから、「こんなことも出来そうだ」ということをちゃんと理解しておく必要もあります。

とはいえ、外は暖かいし、過ごしやすいし、、、、、(睡眠中)

2004年04月25日

「自由」ってなんだろうね

フロイト床屋 blog版を読んで「自由」について書いてみます。

先日、お客さんに誘われて飲みに行きました。その方は自分の仕事の他に、小学生や中学生の指導員をされている方で、子供たちと接する機会は多いそうです。その方の話を、おぼえている範囲で書きます。

最近の子供たちなので、たばこを吸っている子もいるそうです。もちろん、法的に認められていないとか、健康を害してしまうとか、色々理屈をこねて取り上げることはできますが、その方は「いいよ、吸っても」というそうです。そのかわり、「どうしてたばこを吸うの?」と子供たちに聞きます。そうするとはじめは「そんなの自由だろ」と返ってきます。

「そうなの? そんなたばこを吸うことが自由なの? たばこが無くなったら、イライラして、たばこを探したしりしない? それって、そんなちっちゃなたばこの箱に『自由』を奪われてるんじゃないの?
と質問すると、今度は子供たちからは、「友達が吸ってて誘われたから」とか「仲間はずれになるから」とか、やっぱり「自由」じゃない答えが返ってくるそうです。もちろんたばこを吸っておいしいと思うなら吸うのは自由だし、かっこいいと思うのも自由。ただ、子供たちの場合はそこまでは思ってない事も多いそうです。

もちろん無免許運転するのも自由、ただみんなの決めたルール(法律)が守れないのなら、それなりの措置(タイーホ)がとらえるし、そのことについては自分で責任を取るしかないし、それを理解してルールを破るのは自由。

そんな話を聞いて、「自由」ってことを改めて考えさせられます。たばこに限らず(私は吸いませんが)、自分が自由だと思ってしていることが、何かに囚われているだけなのかも知れません。

2004年04月21日

「帰ってきたアクセス向上委員会議」にいってきました

ホームページを作るものにとってアクセス向上は至上命題ともいえることなんですけど、実際にアクセス数の多いページ、多くのヒトが登録しているようなページはどのような方々がどんな思いで作っているのかは、とても興味のあるところです。

というわけで無敵会議シリーズ「帰ってきたアクセス向上委員会議」に行ってきました。場所はお茶の水のデジタルハリウッド、100人ほどが入りそうな会議室は満員御礼、しかも比較的スーツ姿の方が多い気がしました。何だか注目度の高さがうかがえます。

はじめに俺と100冊の成功本 blog.自己啓発.comの聖幸さんをお見かけしたので、まずはご挨拶。

おそらく会議の詳細をレポートしていらっしゃる方もいると思うので、ここでは会議の内容を聞いた自分の意見をまとめてみます。

まず発表された方の話を聞いて思ったのは、アクセスが増えることやコンテンツが増えるための仕組みがしっかりしているなあということで、当然それは当たり前なのかも知れませんが、「何となく楽しそうだから始めた」という時期から「こうすれば人が集まってくるに違いない」という時期へ先端を進んでいる方々の中は確実に進化していて、そのためのノウハウや発想を持っている人はけっこういるようです。

もちろん本などで紹介されるSCOのような部分もありますが、当然それをふまえた上での、サイト構築やコンテンツや発想の大切さを、さらに思い知らされます。

そして「自分だったらこんなサービスが欲しいなあ」ということをページにしていることが、印象的でした。それと、1人で色々考えて案を1つに決めずにいくつもページにしてしまうのもOKなんだなとも思いました(運営は大変でしょうが)。もちろんサイト維持のためには、上手く人が集まる仕組みを着実に変化させる必要があることもわかりました。

ああいう場にいると、何だか自分でも何かできるのではないかと思うの半分、じゃ何が出来るか見当も付かないというのも半分。とにかくいるだけで色々な刺激を受けてきました。

いつもの事ながらこのような会議を開いて頂いたPassion For The Futureの橋本さんと百式の田口さん、そのスタッフの方々、お会いした方々、皆様ありがとうございました。

<追記>
会議の詳細、その他レポートなどはこちらの方々のページも参考にしてください。
たつをの ChangeLog
eNatural.org
俺と100冊の成功本 blog.自己啓発.com
Milano::Monolog

<追記・2>
名刺にこのページのアドレスが入っていなかったので、きっとお会いして名刺交換をした方の中でここまでたどり着ける方は少ないに違いない!
次回以降の名刺をもうちょっと考え直します。

2004年04月14日

頭の中をグルグルと〜

ある曲が頭の中をグルグルとしてしまう事って無いですか?
ある時は「スイカの名産地〜」だったり、ある時は「きよしのズンドコ節」だったり、別に好きなわけじゃない?のにグルグル〜グルグル〜

ここ数日悩まされている歌があります。それは、

別にあややが好きなわけじゃないのに〜(嫌いではないですが)。すんごい頭に残ります。

助けてくれ〜。知らないうちに口ずさんでいる自分がいます。

2004年04月03日

初台、羽田健太郎、砂の器

羽田健太郎&モスクワフィル

先日、うちの奥さん宛に招待状(ハガキ)が届いてました。ピアニストの羽田健太郎さん(日曜日朝の「題名のない音楽会21」でも有名)とモスクワフィルのコンサートで、4月2日に初台の東京オペラシティ コンサートホールに開催されるものでした。まあそれだけなら「行っても行かなくても、どちらでもいいかな」といった感じだったのですが、招待状の中に「砂の器の『宿命』も演奏予定」と書かれていました。

これは行かねばならない!というわけで、早めに仕事を切り上げて初台まで行くことにしました。

ちなみに招待状は1名様のみで、2人目からは有料となりますがそれでも相当安く聴くことが出来ます。クラシックのコンサートチケットを買っていると、時々このような招待状が届きます。

続きを読む "初台、羽田健太郎、砂の器" »

2004年04月01日

エイプリルフール

近所の桜

毎年4月1日になると、いつも見ていないようなニュースサイトを綿密に調べたくなってしまいます。というのも「エイプリルフール」限定のニュースが結構あったりするのです。

数年前までは自分もある会社のホームページでありもしない商品を画像処理して作って、4月1日限定で紹介したりしていたのですが「お客さんが本気にしてしまってあまりにも影響力が大きすぎる」ということで、その企画はなくなってしまいました。うーん、残念。

Yahoo!などからもいくつかは辿ってみることが出来るようですが、あっという間にリンク切れを起こしてしまいますから、このBlogからのリンクは行いません。色々巡って探してみるのが面白いと思いますよ。

以下、昨日の考察です。
まあエイプリル・フールと言うことで「ウソ半分」で読んでくださいね。

続きを読む "エイプリルフール" »

2004年03月31日

惑星協會員 マる秘合同

ブラックワイドショーちらし

なぜ汐留に行ったかというと、もちろん「ブラックワイドショー 第三惑星放送協會 惑星協會員 マる秘合同修」を見るためです(剣の字は正しく?は×マークで消されています)。DVDではちょっと物足りなさを感じたのですが、今度は生です。しかも放送されるわけではありません。それなりのことが期待できます。1日2公演(修?)の2回目、7時からの回を見に行きました。

ブラックワイドショー見てなかった人には全く分からない文章になっていますので、ご注意下さい。

続きを読む "惑星協會員 マる秘合同修" »

2004年03月30日

Go! 汐留

shiodome.jpg

昨日は久しぶりに新橋と汐留に行って参りました。というよりかは、自分の知っている汐留は、ゆりかもめの駅と何もない空き地というものですから、本当に何年ぶりなんだ?といったかんじです。もちろん、日本テレビもつい先日引っ越したばかりのようですから、最新のスポットであることには間違いありません。

で、何故汐留に行ったのかという話はさておき、本当にビックリするくらいの都会になっていましたよ。この「都会」という表現がなんとも田舎ものっぽいんですが、とにかく凄い。JR新橋駅からは地下道を通って行くのですが(一部天井が工事中でした)突然地下とは思えないくらいの広い空間が現れます。

お隣にある新橋の夜といえば、お酒を飲んだお父さん達の街といったイメージもありますが、汐留はもう完全に最新ビジネスマンの街といった雰囲気です。日テレのビルの真下は丁度イベントスペースになっており、様々な日テレの番組のブースなども出ていました。

夜に備えて汐留シティーセンターの1階をうろうろし、Chowder'sというスープ・バーで腹ごしらえ。というか軽く食べるつもりでしたが、スープにご飯を入れるリゾットを頼んだら、結構おいしくてお腹いっぱいになりました。他にもおしゃれなお店が沢山入っているようです。

ちょっと時間が無くて他の場所を見ることは出来ませんでしたが、ゆっくりとすれば1日は楽しめそうです。

2004年03月29日

海外の日本人向け観光パンフレット

キームゼー

海外旅行に行った事のある方なら同じ経験をされた方も多いと思うのですが、旅行先で出会う日本語が若干、時にはひどくおかしい時があります。だいたい意味は通じるんですけど、そういう言い方はしないだろうな、といった感じですね。

似たようなモノで日本人向けの旅行パンフレット・リーフレットは、こういう謎の表現の宝庫だったりします。こういう不思議な日本語が、大好きなのでつい手に取ってしまうのですが、今のところ最強なのが、今回画像をアップしたドイツの保養地「キームゼー」のものです(クリックで画像が大きくなります)。まずキャッチコピーにやられます。

キームゼー:良い気持ち

素晴らしい!! だって「良い気持ち」なんですよ!! こんなストレートなキャッチコピー、なかなかないです。さらに裏面が、

太陽の様に明らかに:冬もキームゼー

もうね、こっちになっちゃうと、全く意味不明なんですけど。「冬も」って「夏」はどうなの?って感じですが。これで気になっちゃって中もじっくり読んでしまう。という作戦なら、私はまんまとはまっている、のでしょう。だれか校正してあげなかったのでしょうか。わたしだったら、校正しません。だって、その方が楽しいですから。

2004年03月26日

DDIポケットに期待を...

私が使っているのは携帯電話じゃなくてPHS(DDIポケット)です。携帯電話に比べると割安ですし、あんまり不便に感じていないのですが、どうにも世の中の流れからは置いてかれているような。。。でもべつに、動画が撮れなくても、テレビ電話ができなくても、問題はありません。主に仕事上の電話をとったり、奥さんとのメールのやりとりをしているだけ(PHS同士なので安い)ですから。

ただ多少問題があるとすると、機種変更をしようにも電話機の選択肢がやたら少ないんですよ。今DDIポケットのホームページで紹介している普通に通話のできるタイプの電話機は、たった3種類! 選びようにも選べませんって。なので、今自分が使っているのも、もうかれこれ3年位使っているんじゃないでしょうか。外装はもうぼろぼろです。お見せできる状態じゃない(笑)

何とかならないかなあとは思っても、まあこの辺はメーカーさんが作ってくれないことにはどうにもなりません。でもまあ、今どこかのメーカーが参入すれば、間違いなくヒットしますよ! きっと。。。

2004年03月25日

プロレス運輸?

今日会社に行こうと家を出たら、すぐ近所に「プロレス運輸」なるトラックが来ておりました。パッと見「なんだそりゃ」といった印象だったのです。トラックの横側には獣神サンダーライガーのシルエットと思われる絵が描いてあり、それから会社に来るまでの間、果たしてどんな会社なんだろうと考えてきました。

たとえば、運んでくれる人がみんな屈強な若者で、実はプロレスの世界を目指している若手ばかり、とか。それとも、プロレスラーを運ぶため専用のトラック?って何でそんなのがうちの近所に来ていたんだ?とか。んー気になる〜。

会社に着いてからインターネットで調べたところ、「プロレス運輸」は単純に広報担当としてプロレスラーを使って、広告に力を入れている引越メインの運輸会社のようです。なるほど。

引っ越し屋さんはサービスの内容で差別がつけにくい業種&リピーターがかなり少なめな業種なので、ネーミングとかキャラクターで印象を持ってもらう手法を取ることが多いそうす。でも、プロレスラーが来てくれるなら面白いなあと思ったのですが。コストに合わないかな?

2004年03月24日

車検から上がってきて

愛車

愛車の車検から帰って参りました。とは言っても前回の車検から1万キロも乗っていないし、乗るのも月に1回あるかないかですから、それほどパーツが消耗しているとも思えません。整備工場の方に頼んで、本当に問題のあるところ以外は手を付けないエコノミーコースでやってもらいましたので、税金や保険も含めて7万円でおつりが来る位でした。

ただ、手元にもらい物のエンジンオイル(100%化学合成油)があったので、整備工場の方に頼んでオイル交換、ついでにオイルフィルターも交換してもらいました。果たして普通の軽自動車に100%化学合成油を使ってていいものか、というよりは非常に宝の持ち腐れ感がある使い方です。分かりやすく説明するなら、お酒が得意ではない私が1本5万円位するワインを訳も分からず飲んでいるような、他人から見るともったいない〜という状態

で、実際に走らせてみたら、オイルが暖まるまでの時間がかかりますが、かなりエンジンレスポンスが向上しました。運転しやすさが倍増です。というよりかは、自分で記憶している範囲では、前回の車検の時からエンジンオイルを交換していなかったのですから、どんなオイルに交換したって良くなりますね。きっと。

2004年03月23日

朝のラジオ

朝、会社に行く前にはたいがいぎりぎりまでテレビを見ていることが多いです。というのもテレビ番組はほぼ毎日同じ時間にニュース、スポーツ、芸能、天気、交通情報等々と切り替わっていくので、だいたいの時刻がわかりやすく、時計代わりにしているところもあります。その割にはパチパチとチャンネルを切り替えて、いろいろなチャンネル(主に、フジ、朝日、TBS)を見ております。

が、ふと思い立って先週あたりからテレビではなくラジオに切り替えてみました。ラジオはダイヤル式のアナログタイプ(奥さん曰く、おじさんラジオ)でデジタルタイプと比べるとちょっと調整しにくいので、パチパチとチャンネルを替えるようには切り替えることは出来ませんが、何だかちょっとだけゆっくりと時間が過ごせる気がします。

今のところお気に入りはJ-WAVEの「GOOD MORNING TOKYO」です。とは言っても他のラジオ局でどんな番組をやっているかも知らないので、平日朝7時台ぐらいにお薦めのラジオ番組があったら、是非コメントに書き込んでください。周波数も合わせて書き込んでもらえると助かります。

2004年03月16日

六本木、フジ子・ヘミング

サントリーホール
六本木とは言いつつも、今流行の六本木ヒルズではなくて、アークヒルズです。先週の日曜日にサントリーホールでフジ子・ヘミングのコンサートがあり、それを聴きに行ってまいりました。

フジ子・ヘミングといえば、今をときめく?ピアニストです。先日、菅野美穂主演で半生を描いたドラマもやっておりましたが、なかなか波瀾万丈な人生で、奏でる曲も角の取れた柔らかな雰囲気を持っています。他のピアニストの弾いた同じ曲が、機械で弾いているような全く別の曲に聞こえる位、フジ子の音楽は心に響くものになっていると思います。
但し「人間は機械ではないから間違えることもある」とフジ子本人が言っているのですが、確かに演奏中に間違えるんですよ。間違えるだけならともかく、コンサート中に明らかに曲を忘れているのでは?という時があって、聴いているほうがハラハラします(笑)

という訳で今回は、フジ子のピアノとモスクワ・フィルハーモニー交響楽団によるピアノ協奏曲のコンサートだったのですが、今回の出来はまあまあ。というかこういうオーケストラとのセッションの場合、フジ子の演奏は協奏曲+ピアノ曲が2〜3曲位(アンコールを含む)だけなので、単独のコンサートに比べると演奏曲数は格段に少なく演奏に集中出来るといった感じでした。モスクワ・フィルの方は、協奏曲+交響曲など2〜3曲で、うまい!安心して聞けるのですが。。。

ちなみに、この手のクラシックコンサートで一番辛いのは、自分の知らない曲が演奏される時です。元々クラシックの曲自体知ってる曲が少ないんですけど、自分の知らない曲はじっくりと楽しめないんですよ。で、今回のコンサート、フジ子の十八番「ラ・カンパネラ」を除くと、アンコールも含めて全部初めて聞いた曲でした。サントリーホールが自分にとってのちょっとしたリラクゼーションルームになってしまい、記憶が断片化してしまったのが少々もったいない気もしました。

というわけで、おおむね良いコンサートでした。「クラシック」と聞くと毛嫌いする方もいるかも知れませんが、是非一度行ってみてはいかがでしょうか。但し、演奏曲目を確かめた上での、予習は必須です(笑)

2004年03月10日

さらにブラックワイドショー

ブラックワイドショー

本日は、他にも書きたいことがあったけれど、ちょっと書く時間不足のため、簡単にいきます。

ブラックワイドショーのDVDについてはこちらでも紹介いたしましたが、7000枚ほど売れているそうです。これは多い数字なのでしょうか。全く分かりませんが。

で、新しい日本テレビのある汐留で今月末にブラックワイドショーのイベントをするそうです。その名も「マる秘合同剣修」。詳しくはこちらを見てください。

以下は紹介文から引用です。

黒く、正しく、美しくをモットーに普及活動に勤めてきたブラックワイドショーのすべてを生らいぶでお見せするダイナミックな構想。細川中佐のニュース、三浦調査官のお仕置き、垂木弁務官の体操に加え、さまざまな特別講師(ゲスト)も駆けつけて開催されるこのお祭り、たぶん最初で最後のその光景にあなたはク〜ラク〜ラしてしまいます。

。。。今度は大丈夫かな。またDVDみたいに肩すかしじゃないよね。。。信じていいんだよね。。。

2004年03月08日

珍しいことをすると

愛車

よく、普段やらないような珍しいこと(特に掃除などの良い行い)をすると、「明日雨が降るんじゃないの?」なんて言いますけれど。

昨日は久しぶりに車検の近い愛車を洗車しました。見たとおりボディが白のため、汚れが目立つのですが、今回は気合いを入れて水アカ取りの洗剤と半固形のワックスを購入し、汚れ落としに2時間半、ワックスがけに1時間を費やして、外装を本当にピカピカに仕上げました。というか他に手が回らないほど時間がかかってしまったのですが。

そうしたら、東京地方、雪が降りました(笑)

確かにかなり珍しいことをしたのですが、雪はないんじゃないでしょうか、お天道様。それでもすぐ雪はやみました。きっと普段からもっと綺麗にしてあげてね、ということなのでしょう。はい、そのようにいたします。

2004年03月06日

豚丼の話を読んでいたら

吉野家

さて大手の牛丼チェーン店で、メインである牛丼が提供され無くなってかれこれ半月くらい経つでしょうか。早いところ狂牛病問題(というよりは全頭検査問題)が解決して欲しいと思います。

さて牛丼と豚丼の話をこちらで読んでいたら、無性に豚丼が食べたくなって! というわけで、本日は昼食に豚丼を食べに一番近所にある吉野家に行ってきました。

店に入って早速注文すると、結構早く出てきます。作り方は牛の時と近いのでしょうか。見た目は牛丼とそれほど違いません。いつものように紅ショウガを乗せて食べてみますと、味もおいしいです。牛丼とはやっぱり若干味が違う(少し薄く感じた)ようですが、かなり近いと思います。これはこれで牛丼復活後もあっても食べたいとおもうのですが、いかがでしょうか。

牛丼と違う点として、タマネギの他にゴボウのささがきも入っているのですが、それが意外にアクセントになっています。じっくり煮ているのでゴボウ臭さはありませんが、ゴボウが嫌いな人が食べたらどう思うのでしょう。

丁度お昼時に行ったので、結構込んでいたのですが、周りの人も豚丼かカレー丼を頼んでいたようです。かえって違和感が無いくらい豚丼がなじんでいた気がします。これなら吉野家も吉野家ファンのお客さんも頑張れるのではないでしょうか。これからも楽しみです。

2004年03月04日

書店にて思う

昨日奥さんにNHKラジオの語学講座のテキストを近所の書店で買ってきてもらったら、3月号が必要だったのだけれど、デザインのよく似た2月号を買ってきてしまったのです。まだ書店が開いている時間なので、3月号に交換してもらおうと2人で一緒に行きました。書店の方に事情を説明し、快く応じてくれたのですが、実は3月号は売り切れていて2月号だけが並んでいる状態でした。奥さんが間違えて買ったのも無理はありません。

「取り寄せって出来ますか」と奥さんが聞いてみたところ「2週間ほどかかります」との返事。2週間かかったら、語学講座半分終わっちゃうってーの(笑) 結局他の本に交換してもらって差額を払って、この件は終了したのです。

まあ書店に無かったのは、売れ行きが良かったのか、入荷が少なかったのか、それは致し方ないことでしょう。2月号を売っていたことも、他の雑誌と違ってNHKの語学講座の本ではよくあることです。問題は、今確実に発売中の本、しかも売り切れはあり得ないと思われる本を取り寄せるのに2週間もかかるという事ではないでしょうか。これが、何年も前の本で書店に無いモノや、超人気本で手に入らないものなら2週間の待ち時間も分かるのですが。

決して自分がAmazonや他の書籍の通販に慣れてしまっただけではないと思うんですよ。確実に書店の流通側も変わるべきで変わっていっていないのか、それとも変わったことが生かされていないのか分かりませんが、そのうち2週間待ってくれる人ばかりではなくなってくると思うんですよねえ。

もしくは、通常の書店にとっては注文を入れるようなお客さんは必要が無くて、今店頭にあるモノだけを買ってくれるお客さんだけがいればよく、注文はAmazonで、というお客さん側の使い分けが進んでいくのかも知れません。その方が、購入する側からするとすっきりしている気もします。

書店好きとしては、今後の動向が気になります。

2004年03月03日

「動画」を遡ると

今時「動画」といえば、パソコンのデータだったり、デジカメやら携帯電話で撮影が出来るわけですが、その前はやっぱりビデオカメラ、DVがあって8ミリ、VHS-Cがあって、その前はやっぱりパラパラ漫画ではないかと思うわけですよ。。。ちょっと飛躍しすぎて、途中を飛ばしてしまいましたが。

いまだに根強い人気のあるのが、8ミリフィルムのカメラではないでしょうか。もうほとんど見かけなくなってしまいましたが、今でも8ミリ用のフィルムは購入、現像が出来るようなので、カメラと映写機があれば使用する事も出来ます。ただ、かなりランニングコストは高く、ビデオ撮影のように撮り直しもきかないので(カメラのフィルムと一緒だから)、よほど好きで根性がなければ続けられないでしょう

カメラ好き、新しいモノ好きの私の父はカメラも映写機も持っていました。いまだに実家にはカメラはあると思います。そのカメラも、もう十数年使っていないはずです。当然「動画」も残っているはずなのですが、倉庫からの発掘作業が必要になるでしょう(笑)保存状態によっては、再生不可能かも知れませんが、フィルムさえあれば最近は8ミリフィルムからDVDにしてくれるサービスもあるようなので、何かの機会に発掘、DVD化出来れば面白いかもなあと思っています。

どんな動画が残っているのか記憶の彼方で全く分かりませんが、ビデオが無かったその昔、ディズニーのアニメや映画とかも8ミリで売っており、それを父が買ってきて自宅で上映会をしていたことを、文章を書きつつ思い出しました。確か「ラブバッグ」はあったはずです。

2004年02月25日

こういう懸賞大好き!

GOODなモーニングプレゼント
最近のオープン懸賞(購入などが前提ではない懸賞)の場合、高額な賞品が目玉のプレゼントというのも結構あったりしますよね。定番としては、自動車とかパソコン、海外旅行、現金といったものもあります。懸賞も好きですが、その企画というかアイデアを見るのも結構好きですね。「あー告知のためにアイデア出してるなあ」とか、「よくこんな面白い企画、企業側がOKだしたなあ」ってのもあります。

最近「凄いなー」と思ったのは、アサヒ飲料のWONDA「GOODなモーニングプレゼント」です。この中でも一番好きな賞品は「優雅な朝コース」の"朝専用ハイヤー"です。「毎朝あなたの自宅にハイヤーでお出迎え(100万円分相当)」ということですから。

もうね、朝の見送りのハイヤーをプレゼントにしようと思った時点でこのアイデア出した人は「勝った!」と思ったでしょうね。それ位面白いし、インパクトありますよ。当たった人のこと考えてないですよねー。これもし自分で当たっても困るもの。毎朝迎えに来てくれるのはいいけど、会社で社長の車よりもある意味凄い車、しかも運転手付きですよ。会社で話題の人になれますよ、本当に。それがシャレで済まされる会社ならいいけど。

とか書きながら、応募しちゃうんだよなー。だってこういう企画、当たったら困る人が多いから絶対敬遠されるはずですから。転売も難しいでしょうし。

2004年02月24日

ビデオは苦手

昔からなのですが、ビデオは苦手です。タイマー録画とかの操作が苦手なんじゃなくて、根本的に使うのが苦手なのです。

例えば、タイマー録画。昔(高校生の頃)からずーっとですが、出かけているときに放送する番組を、「この番組が観たい!」と思ってタイマー録画をしておきますが、もう録画しただけで満足してしまって結局後になってから観ない。それで問題があるかといえば特にない。じゃあ、あの時の「観たい!」と思う気持ちはなんだったのか、と思って最近はほとんどタイマー録画しません。テレビをつけたときに放送しているものを観るのが好きなのですが、さすがに何もやっていないときもあります。そういうときは、何かビデオとっておけば良かったなあとかなり矛盾したことを考えてしまうのです

例えば、レンタルビデオ。この映画が観たいと思って借りられて、しかも安い。便利なサービスだと思うのですが、何せ借りたビデオを返しに行くのが苦手。下手して借りたことを忘れて、追徴金を取られると思ったらなかなか借りられない。というか、借りてまで観ようという行動も起きなかったりします。根本的に「借りる」という動作が苦手のようです。図書館も得意ではないです。

結局、本当に必要なときにしか稼働しないビデオデッキですから、HDDビデオやDVDレコーダーなんて当分必要ないなあと思ってしまうのです。

2004年02月23日

恵比寿、"グッバイ、レーニン"

昨日は恐ろしいほどの強風の中(何だったんだあれば?)、恵比寿ガーデンプレイスまで行ってきました。目的は封切ったばかりのドイツ映画「グッバイ、レーニン」を観るためです。ちょっと前からテレビなどで紹介されていたのですが、東西ドイツ統一の頃を時代背景としたコメディっぽい映画です。実際観てみるとそうでもないですが、テレビでの紹介のされ方はそんな感じでした。

まず日本で観ることができるドイツ映画というだけでかなり少ないので、それだけでもドイツに興味のある奥さんの琴線に触れたのです。ということで、映画も含めて書きます。

続きを読む "恵比寿、"グッバイ、レーニン"" »

2004年02月18日

自転車のブレーキパーツ交換

会社が移転して遠くなって(といっても歩いて30分位)以来、通勤の足はもっぱら自転車です。以前持っていた自転車は折りたたみ式の高価なもの(10万円位しました)だったのですが、フレームが折れて修理に4〜5万円かかるといわれて、ならばと、新しい自転車を2万円ほどで買いました。こちらは普通のマウンテンバイクとロードレーサーの中間くらいの、非常に曖昧なスタイルの自転車です。

この自転車も既に買ってから2年くらいは経ったのですが、最近特にフロントのブレーキが効かなくなってきました。思いっきりかけても、ツツツーと進んでしまう感じで、ブレーキのゴム部分を見るともうほとんど残りはない状態。さっさと自転車屋さんに持って行けば済む話なのでしょうが、ある日時間が空いたので会社の近所のホームセンターでパーツを買ってきて交換してみることにしました。

ブレーキパーツを買いに行くと、形がいくつかありましたので、今自転車についている物に一番近い形のもの(1組980円でした)を買い、6角レンチでチョチョッと交換。とはいってもちゃんとブレーキを握ったときにパーツがリムに平行に当たるようにしてあげる必要はあります。ブレーキのワイヤーも調節して、ちょっと握ればブレーキがガツンと効くようになりました。

なーんだこんな簡単なことだったのかと、やってみないと分からないのですが、やってみると大した事はない。手が汚れるのが嫌でなければ、十分やってみる価値はあると思います。フロントを直したら今度はリアが気になりだしたので、後で時間があるときに調整&交換をしてみようと思っております。「最近自転車のブレーキが調子悪い」と思っている方、是非調節&交換してみてはいかがでしょうか。

但し、ブレーキとかは生命に関わる箇所(壊れたら止まれない)なので、自分で交換する場合には十分注意して自己責任でやりましょう

2004年02月17日

花粉の季節

早速ですが、この文章は「これを試したら花粉症が治った or 良くなった」的なノウハウや民間療法を紹介するモノではありません。そういうのを期待した方、ごめんなさい。他のページに期待してください。

さて、私自身花粉症になってからまだ日が浅く(2〜3年くらいだと思います)、症状も軽めなため、その時期を過ぎてしまうと花粉症であることをすっかり忘れて何も対策を取らずに花粉の季節を迎えてしまうのですが、やはり雑誌や病院に置いてある小冊子を見ると、かなり以前から準備をしておく方が良いようです。

人によっては花粉症を抑える注射を1年中、月1回位のペースで必ず受けている方もいますし、○○が効くというものを1年間続けている方もいます。もちろんそういう方々は花粉症歴が長く、症状が重いため、事前の準備が欠かせないわけですが、そういう方々の方がこの季節でもかなり元気そうです。なんにせよ「継続は力なり」です。

そうはいっても、頭はボーっとして、目はかゆい。対策を取らねば仕事にも影響してきます。今のところは1日2回の薬と甜茶の飴、適時にアイボンで目を洗う、などをしております。外に出ないのが良いのかもしれませんが、自宅から会社までは自転車通勤ですから、なかなかそういう訳にもいかず、その辺の対策も取らねばなあと考えつつ、そのまま花粉の季節が終わっていたりもしますので、どうにも「トロ〜ン」としてしまうのです。

というわけで、自分は実践しておりませんが注射を定期的に受けるのが、事前の策としては本当はいいようですので、来年に向けて頑張りましょう。

2004年02月16日

銀座、有楽町へ

東京の東部に住んでいるせいか、あんまり新宿、渋谷、池袋方面は遠くて行きづらいのと、おいしい店と適度に大きな本屋があることで、どうしても銀座や有楽町に足が向いてしまいます。時間が無いときはJR有楽町の駅周辺で終わってしまうことも多いのですが、交通会館に新しくできた三省堂書店もあり、また無印良品、ソフマップ、ビックカメラなどもあって、全く問題ありません。そこだけで終わる可能性も十分にあります

昨日は、その銀座、有楽町方面に夫婦で出掛けてきました。出掛けた時間が少し早かった(銀座に12時くらいに着いた)ため、それほどの混雑にも遭わず、ゆっくりと楽しんできました。

続きを読む "銀座、有楽町へ" »

2004年02月07日

切実でもない背の悩み?

私は背が低いのです。最近測ってませんが以前測ったときは162cm位だったはず。まあ背が低いのは、別に今に始まったことではないので、気にもとめていませんが、やはり背が高い方が良いんじゃないかと思うことも、たまにあります。例えば、外国(特に欧米)に行くと、捕らわれた宇宙人のような身長差になりますし、背の高い人の方が良い空気を吸ってそうだし。

そしたら、テレビ東京の「解決!クスリになるテレビ」の2月2日の放送で、「マシュマロを食べると背が伸びる」なんてやってるじゃーあーりませんか!本当ですか??といった感じですが、実際に試した30代後半の女性は4cmも背が伸びたとのこと。これだけだと、すっげー眉唾っぽいんですけど。

その後どこかの病院の先生が出てきて解説したところ、理由はマシュマロに含まれている成分が軟骨を強くするおかげで、軟骨が大きく強くなる分だけ身長が伸びるとのこと。確かそんなことを言っておりました。ああ、何となく納得。でも効果があるのかどうか分かりませんが、1日10個ほど食べると良いそうです。

というわけで、思い出したので、マシュマロを買いに行ってきます。ゼラチン入りの物が良いそうです。

「『3日続かない』方に100カノッサ」

2004年02月06日

ブラックワイドショーのDVD、どうよ?

ブラックワイドショー

昨年末、正確に言うと年明け一番に放送された「ブラックワイドショー」とそのDVD発売について、以前紹介しましたが、番組の方は以前のレギュラー放送よりはややパワーが劣るものの、まあまあのできでした。

でもって1月下旬に発売されたDVDについて、かなり賛否両論あるところとは思いますが、感想を書いてみようと思います。

このDVD自体、あえて言うならかなり不親切な作りになっています。まずチャプター画面(メニュー画面?)が出ません。選択できないようになっています。ので通しで見なくてはなりません。さらに内容が見るたびに変わるように、一部がランダム再生になっているようです。なので、何度も見ないと全てを見ることが出来ないそうです。そんなこと、パッケージには書いてなかったと思うし、もし書いてあっても読まないと思うんですけど。

DVDとTV放送で一番異なってくるのは、どうやら版権というか著作権周りの事らしく、TV放送の時にはガンガン流していた某国関連の映像やネタが、ほとんど入ってこなかった事でしょう。恐らくそれを期待して買った人は、肩すかしを食らったことでしょう。この辺は予想は出来ましたが、実際の所残念で仕方がありません。

それを除いても、TV放送に比べてどうしてもテンポが悪いというか、そういったことも目立ってしまいました。1回目は期待があっただけに、後半眠くて仕方がなかったです。正確に言うと2回目は見ていません。なので本当にランダム再生なのかどうかも確かめられていないのです。

このDVDを買う方はそれなりの覚悟が必要だと言うことは間違いありません。お薦め度は。。。。。

2004年01月30日

超「本」格会議に行ってきました

ついてるアップルジュース

超「本」格会議

昨日はPassion For The Futureの橋本さんと百式の田口さんが主催する、無敵会議シリーズ第一弾、超「本」格会議に出席して参りました。前回の「忘年会議」にも出席したのですが、今回も非常に有意義な時間を過ごす事が出来ました。関係者の方々、一緒に会議をした参加者の皆様、本当にありがとうございました。

とにかく、他の人のアイデアに触れる機会というのは、インターネットのおかげで格段に増えたとは思うのですが、実際に生の声として聞くということはやっぱり違うなと感じる事が出来ます。と言いつつ、参加者の方々とうまくコミュニケーションを取る所まで自分が成長していなかったりと、反省点もあります。その辺は徐々にうまくやっていきたいとも思っています。

さて、今回の会議で私が特に興味を持った内容2つに焦点を当てていきたいとおもいます。
まず一つ目、

巷の速読メソッド徹底解剖。本当に3倍速く読めるのか?体験と比較分析
はじめにこの超「本」格会議のページを見た時に、他のことはさておきこれは面白い! 聞いてみたい!と思ったんですよ。実際に橋本大也さんが世の中の速読関連の本の中から、一番良さそうな本を選んで実際に読むスピードが速くなるかどうかという素晴らしい内容です。

世の中の「速読」本を、系統立てて分類(フォトリーディング系、アウトプット系など)し、その中でも一番よさそうな本速読トレーニング?すぐに役立つ実践10ステップ ブルーバックスを元に実際に速読の訓練をして早くなるかを検証していました。しかも橋本さんは、ストップウォッチを使って厳密に5日間訓練! 凄くかっこいい! さらに効果もある事が認められ(3倍とまではいきませんでしたが)たことが自分の中では凄い感動でした。

本当にこういう検証とかって大好きです。しかも私も速読に関しては何度も興味を持ち、何度も挫折しそのまま放置をした事なだけに、自分でもこれならやってみたい! と本当に思いました。

俺と100冊の成功本 blog.自己啓発.com
実際にこのサイトを立ち上げている運営者の方が、遠く青森からいらっしゃって講演をされていたのですが、こちらも非常に参考になりました。詳しくはこちらのサイトも合わせて見て頂きたいのですが、もうこのサイトの一番はじめの書き出しに全て集約されています。
このサイトは、いわゆる成功本を100冊読むことで成功出来るかを検証するページです。

かっこいい! 凄い! これも速読と同じように実際に「検証」をしているわけですが、本当にこういうことを思いついてしかも実践してしまう人って素晴らしいと思います。しかも彼は会議の最後の百式さんの本プレゼントを賭けたじゃんけん大会で、見事本をゲットしてしまう程の「ついてる」っぷりを披露!

ついている方から頂いたアップルジュースも是非「ついてる、ついてる」と言いながら飲みたいと思います。

今回参加してみて、もちろん読んでみたい本というのが沢山出てきて、時間がさらに足りなくなるなあと思いつつ、是非速読も実践してみたいと思いました。

今年はもしかしたら「懸賞サイト」ではなくて「検証サイト」が流行をするかもしれません。

2004年01月03日

交通事故の死者数が減少

平成15年の1年間の交通事故死者数が8,000を下回り7,702人となったそうです。理由として記事の中では「飲酒運転の厳罰化を盛り込んだ道路交通法改正の効果」と「若者の死者数が減少した事」であると述べています。

何にせよ死者数が減るというのは良い事なのでしょう。この記事は12月頃から何度か掲載されていますし(12月の時点では8,000人を下回るか?とった感じの記事でしたが)、毎年発表されている数字な訳ですが、今回ちょっと気になったのが、交通事故の死者数は下がったけど、交通事故の件数や、死んでいないまでも怪我をした人の数は減っているのかなあと思ったのです。

と思って警視庁のホームページを確認したのですが(実際のデータはこちら)、11月までの時点では交通事故の件数は855,452件で去年より8,131件増加、負傷者数も1,066,789人で去年より9,797人増加しており、どちらも去年よりも多いんですよ。

交通事故の件数(11月までの集計)
 発生数死者数負傷者数
2002年847,3217,4981,056,992
2003年855,4526,9051,066,789
増減8,131-5939,797

どちらかというと、事故の件数は増えているけど、死亡するまでに至らない事故が多かったり、自動車の安全性が高まって、負傷で済んでいる場合も多いのではないかと思うのですが、何だか、厳罰化が良かったかのような表現になっているなあと思うのです。まあ厳罰化も必要ですが、厳罰化しても事故の件数は減ってないわけですから、そういう事も含めて、もうちょっと数字を詳しく見ていく必要があるのではないでしょうか

2004年01月01日

新年の抱負?

皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
なんて年賀状の代わりにするつもりはないのですが、折角の年始めですし、今年の抱負・目標を考えていくのも良いと思いました。


取りあえず1年はこのblogを続けたい
去年(2003年)の11月にスタートして取りあえず内容はともかく2ヶ月は続きました。これが半年、1年と続ける事が出来るかどうか、自分でもかなり気になる所ですが、目標は取りあえず今年1年はずーっと続ける、ということにします。
Blogの内容をもうちょっと実用的に
えー、当初はインターネットやホームページ制作のことをメインに文章を書いていたのですが、時期にネタが切れてしまい、今では何だかとりとめのない話を綴るようになってしまいました。もうちょっと内容に実のあるモノにしていきたいです。
もっとアクセス数を増やす
実は今まではあんまりアクセス数を増やす事はせずに内容を充実させる事を中心に運営してきたのですが、そろそろ、もっと告知していっても良いのではないかと思っております。今だと自分のアクセスを入れても1日に数人程度ですから。取りあえず、サーバにrobot.txtが知らぬうちに設定されていて、ちょっとショック!

まあここに書けない抱負や目標もあるわけですが、今年が終わるまででどこまで達成出来ているか、自分でも楽しみです。

2003年12月31日

伝説の番組が今夜復活!

あなたは「ブラック・ワイドショー」を知っていますか。

既に伝説となりつつある素晴らしいテレビ番組で、2002年の冬頃から2003年の春頃まで日本テレビで放送しておりました。内容についてはかなり書けない、書きにくい情報ばかりですが、メインと言っても良かったのは北朝鮮のTV番組の紹介や、少年達が出てきてキビキビと動く律動体操なども凄いです。それ以外にも「グッときます」や「ダメダメです」など、本当にごく一部の人にしか通じない流行語をも生みだし、何で放送が終了してしまったのか謎なんですが(当然という話もあります)。

それが、今夜、正確に言うと新年明けてすぐの午前1時から2時半まで1時間半もやってしまうのですから、とりあえず見てください。しかもDVDも2004年1月24日に発売予定です。あー自分で買ってしまいそうなのですが。

と言うわけで、大晦日なのになんてダメダメな書込なのでしょうか。

2003年12月30日

今年も残りあとわずか

いやー全くもって年の瀬なわけですが、と言いつつ(書きつつ?)、読んでいる方々の事はあんまり考えていないんですけど。折角ですので、今年を総括してみようかと思っております。世の中の政治や事件、事件、その他の出来事については、色々あったわけですが、その辺は雑誌やTVに任せまして、自分なりの総括をしたいと思います。

今年一番大きかったのはやはり、ドイツに旅行に行った事です。今まではアメリカ西海岸が1度あったくらいで後は、ハワイ、シンガポール、グアム、サイパンと比較的近い観光地に行く事が多かったのですが、今年はいきなりヨーロッパ、しかも鉄道を利用した旅で、分からない事も多かったのですが新たなものに触れる事が出来た良い機会でした。

仕事上の大きな変化というのは、実はあまり無かったのですが、結構せわしなく動いているうちに1年が終わってしまったといった感じです。果たして良かったのか悪かったのか、悩む所ですが、来年は是非目標を持って、仕事に当たっていきたいと思っております。

インターネット関連ではやっぱり自分でBlogを立ち上げて毎日更新し始めた事が大きいです。情報を発信し続けようとすると、常に新しい情報を手に入れようと動き回り、文章を書き続ける事でより伝えやすい文章という事を考えさせられ、全体として良い方向へと動き出している気がします。この調子で1日1記事をどこまで続けられるかが、自分自身に対しての挑戦でしょうか。

トータルでは今年はかなり良い年であったと思います。足りなかった部分、不満だった部分もありますが、それは自分なりに理解して来年に繋いでいきたいと思います。

それではよいお年を〜。

2003年12月18日

ゲーム機に思う

最近PSXが発売されたらしいですね。まだ現物を見たわけではありませんが、何かゲーム機というよりも統合マルチメディア機といった感じで、ゲーム機としての機能よりもDVD-RやHDDを使った部分が強調されている気がします。確かに先代にあたるPSIIは、発売された当初、ゲーム機としての機能よりも、当時としては安価でDVDが再生出来る機械としての機能の方がユーザーの中では重宝されていたというのをどこかで読んだ気がします。

さて自分はといいますと、昔、それこそ高校生の頃はよくTVゲームをしておりました。大学生の頃にもやっていたかな。一応メガドライブ、サターン、ドリームキャストと、セガの本体ばかりを持っていて、PSやPSIIとかは持っていませんでした。ちなみに今は1台も手元にありません。

というのも、TVゲームに対しての情熱とか興味とか、時間とか、そういったモノが最近はどうしても持つ事が出来ないのです。まあ他にも色々興味があったりお金をかけたいところもあるので、どうしてもそこまで回ってこないというのもあります。さらに、単純なゲームは好きなんですけど、ハマリ過ぎるのが怖いというのもちょっとあって、敬遠しているのもあります。

ただ、世の中にはもっとシビアで面白く、かつお金も儲かるかもしれない分野(パチンコとか競馬ではなくて)というのもあって、そういう方面に興味が行き始めると、ゲームだけではちょっと弱いかなあと思うわけです。もちろん世の中の人みんながそういう風に感じているわけではないとは思いますが。

昔はドラゴンクエストシリーズを発売日に買うために早朝から並んだ事もあったなあと、しみじみ思いますが、そこまでの情熱がかけられた時代が少しだけ懐かしくも思えます。

2003年12月17日

エコロジーなタンス

ちょっと「エコロジー」という単語が風化しつつありますが、単語としてではなく、考え方としては定番化しつつあるのではないでしょうか。もちろん環境問題とか温暖化など、地球規模の話から、空き缶やペットボトルの分別収集まで、広い意味でのエコロジーが普及しているからではないでしょうか。

桐タンス
では、「エコロジーなタンス」といったらどんなモノを想像しますか?環境に優しいといっても、タンスが排気ガスを出して訳わけでもリサイクルパーツを使っている(そういうのも有るかも)訳でもないですから、そんなモノがあるのかなあと思うかもしれません。しかもそれは、決して新しいモノではなくて、昔から使い続けられているモノなのです。

婚礼用の家具として「桐タンス」というのをよく聞くのではないでしょうか。ちょっと和風で古くさく、最近のライフスタイルには合わない感じもしますが、桐という素材の持つ特性を生かしつつ、長年に渡って中に納めたものを大切に保管し続けるという機能を持った伝統的工芸品の中でもひときわ実用性の高い製品です

桐箪笥は、外気の湿度によって桐が膨張、収縮をし、内部の湿度を一定に保つ事が出来、万が一の火災の場合にも400度くらいまでは発火せずに表面を焦がす程度で済むのです。しかも長年使い続けてひび割れたりしたとしても、割れたところを修理(更正というそうです)して表面を削ることで新品同様の見た目を取り戻す事も出来るのです。

桐箪笥は、確かに非常に値段の高いモノですが、長年使い続けられる事を考えれば、決して高すぎではないという事も言えます。また自分の好みや、納めるモノに合った桐タンスの制作(基本的に桐箪笥は受注生産だそうです)も可能ですので、実用的な伝統工芸品を求める方、タンスにこだわりのある方は、タンスをオーダーしてみてはいかがでしょうか。

ということで、桐箪笥の事なら「渡辺桐箪笥店」へ、というご紹介と、自分の制作したホームページの紹介を兼ねてみました。

2003年12月14日

消費税法改正

えー、政治の話はするつもりはないのですが、来年の4月から消費税法の改正に伴って、店頭での全ての商品が外税、内税方式バラバラの状態から、内税表示(総額表示)に変更される事になります。この辺はもう決まっちゃっている事なので、良いとか悪いとか、そういうのはあんまり無いんですけど。

この内容から見ると、ホームページなどでも価格の表示をする場合には必ず消費税込みの価格を載せる必要があるようですので、ショップさんだけでなく、メーカーさん(直接小売りを行わないページという意味で)でも、税込み価格に変更する必要がありますね。見た目上単純に5%値上げした感じにはなりますが、実は支払い分は変わってないんですけど

ヨーロッパの方では内税も多いみたいですよね。物価高いなーと思ったら、税金がかなりかかっていたという事もあるようです。自分としては、商品を買いやすいのはやっぱり税込み価格の方です。お店などで手元にある商品の値段を単純に足せば、支払いの金額になるわけですから、お財布の中とも相談しやすくなります。

人によっては「税金を払っているという意識が低くなって、消費税率アップがしやすくなって危険だ」という人もいるかもしれませんが、税金を支払う事が問題なんじゃなくて、払った税金をちゃんと使ってもらっているかが重要だと思います。誰も税金を払わなかったら国が成り立たないんですから、ある程度は当然のコストだど自分では考えています

だいたいそれを言うんだったら、サラリーマンなんて給料天引きで税金払っているから、いくら払ってるかなんてさっぱり分かりませんよ。

2003年12月12日

十人十色以上?

十人十色といえば考え・好み・性質などが人によってそれぞれ違うこと。(三省堂提供「大辞林 第二版」)とGooの辞書検索でも出てきますが、まあ要するに、一人一人好みが違ったり趣味が違ったりするわけです。

それでも昔は、その好みが一人の中では特定されていて、例えばあの人は車が好きだと、あの人はラジコンが好きだ、あの人は野球が好きだ、といった感じで、意外に分類しやすかったのだと思います。だからこそ趣味にお金や時間をかけていたわけですが。

最近になると、一人の人の中でも様々な事を趣味にしたり興味を持ったりしていて、例えば車も好きだけど、野球もやるし、ゴルフもやるし、インターネットに興じたり、料理もする、コンサートにも行ってCDも買う、といった感じで、簡単に言うと多趣味なんですけど、一人の中で色々好きになるって事で「一人十色」なのかなあと思うわけです。この言葉はちょっと昔に誰かから聞いたので、どこかに出典があるかもしれません。(一応Googleでも調べてみました。最近はよく使われる用語みたいです。)

こうなってくると、一人の人が使えるお金の金額は一緒なのに、趣味が分散されるから1つ1つの趣味にかけるお金はどうしても少なくなってきたり、安いもので我慢したり、お金をかけずに楽しんだりと、楽しみ方にも変化が出てきます。それ以上に、マーケティングをする人達にとっては、複雑化、しかも低価格化が進むお客さん達をどうやってターゲットを絞って、買ってもらうかということが、実に大変になってきているのです。

「一人十色」の時代をどう乗り切っていくかが、マーケティングや商品開発の課題になっていくと思われます。頑張ってください(他人事のように...)
というか、このBlogも内容が多岐に渡って「一人十色」状態に陥りつつあると、勝手に危惧しております。いや、危惧はしてないな。

2003年11月23日

ペーパーレス時代はやって来たのか

かなり昔、私が会社に入った頃は「パソコンが普及して、紙の必要性が無くなってペーパーレス化していくんだー」なんて事を聞いていたのですが、どうなんでしょう。貴方の周りの紙は減りましたか?

私が仕事をしている範囲では減ったかどうかは分かりませんが、少なくとも無くなってはいないですね。ちょっとした資料も画面で読むよりはプリントアウトの方が読みやすいですし、特にプリントアウトした紙は凄い量あります。時々プリンターが暴走して、訳の分からないプリントアウトを大量発生させて、メモ帳以外に使い道のない紙が大量にあったりもします
多分減ったのは、出版不況といわれている雑誌や本の世界だけなのではないでしょうか。

そうそう、確かに新聞は取らなくなりました。テレビ欄は無くても別に手に入れる方法はありますし、ニュースはインターネットやテレビで見ますし。自分の読みたい情報だけ、インターネットから手に入れるパターンが多いですね。スーパーのチラシが無いのは安売り情報が手に入らないのでちょっと面倒ですが、だいたい日曜日の朝はこの店が安いとかが分かっているので、現場で情報収集するようにしてます。ただ新聞には自分の知らない分野の色々な情報が載っていたりもするので、あれば読むのですが、毎日買ってまでは(たとえ届けてもらっても)読まないです。そんな人も多いのではないでしょうか。

とにかく、パソコンは手軽じゃない。PDAはいまいち人気が出ない。紙でないと駄目な場面は多い。紙は減ったような減っていないような、紙の手軽さを超えるもの(電子機器なのかどうかは不明)が出てこないうちはペーパーレス時代の到来はやってこないと思うのです。

ペーパーレスが言われた頃、「出版はどうしたって残っていく」とは言われていたのですが、不況と世の中の多様化(趣味の細分化)に対して、雑誌や本のメリット(大量に印刷してコストダウンや、雑誌広告の影響力)が力を失いつつあるのも事実。予測をするというのは難しいですね。

2003年11月21日

今、財布の中で幅をきかせているもの

最近、スーパーや家電店に限らず、何だかやたらとポイントカードを作らせるお店がありますよね。でもってそういうお店に行くとついポイントカードを作ってしまいます。そんな風にして手に入れた多数のポイントカードが今、私の財布の中で幅をきかせています。

pointcard.jpg
手持ちのポイントカードの一部
ついポイントカードを作ってしまうものの、そのお店に次回行くのかどうか本当に怪しいものもあるわけで。でもってそういうお店のカードを財布から抜いておくと、そのお店で高い買い物をしたりするので侮れない。というか、もうこれ以上財布の中にポイントカードは増やしたくないのです、何とかならないのでしょうか(自分の性格が?)

ポイントカードを発行するお店側の気持ちも分かるんですよ。やっぱり同じ商品を買うならポイントカードでポイントの貯まるお店に行きたいと思う人は多いですし、顧客の囲い込みといった感じにもなるのでしょう。ただ、もう乱発されすぎてて、1店舗ずつの効果は如何ほどなのでしょう。
さらにその貯めたポイントをいつ使うのかというのも何だか怪しい。ポイントが貯まっているとはいえ、元はといえば自分で払ったお金がほんの少し戻って来るという仕組みですし、延々とお店側に貯めていて使わないパターンもあるわけですし。
それでもポイントが貯まっていくとちょっとうれしい、というのがこのカードのメリットなのでしょう。

それはともかく、もうカードは増やしたくないので、業種や業態に関係なく1枚のカードでポイントが貯まるような、昔で言えばブルーチップを集めるような感じにして欲しい!と思ったら、ブルーチップは今そういうサービスをしているみたい。是非こういうサービスに切り替えて欲しい。こんなカードを使っているお店、近所にあるのかな?がんばれブルーチップ!

追記
この話を私の奥さんにしたところ「何でもカードで買って、カードのポイントを貯める方法もある」と進言されましたが、そんな手持ちの金以上に買うような方法は恐ろしくて使えません。もちろん奥さんの許可も下りませんが。