2007年03月02日

ウゴウゴルーガ不完全復刻DVD-BOX

「ウゴウゴルーガ おきらくごくらく15年不完全DVD-BOX」が完全予約限定生産で発売だそうです。

おー、放送から15年も経ってたのかぁ。というのが1つ。懐かしい。
DVD-BOX、完全予約限定生産かぁ。っていうのが1つ。すごいね。

若干欲しい。発売は10月5日だそうです。

2007年02月16日

録画ボタンの押し忘れ

自分のビデオカメラCanon IXY DV M5についてですが、カメラを構えて、電源を入れるまでは一連の動作なのですが、時々録画ボタンを押し忘れていることがあります。当然取れていないから、せっかくのチャンスを逃すことにはなるのですが。

録画しているかしていないかの差は、画面内のグリーンマークが赤に変わっているかで見分けるか、静かな場所だったらモーターが駆動しているかというのも判断要素にはなるかも知れません。それにしたってシャッターを押した瞬間を捕らえるカメラに比べると、実感が少ないというか。まあ慣れの問題かも知れません。

ふと思い出したのですが、昔の8mmカメラとかは、撮影ボタンがトリガー式になっていて、押している間だけ撮影されるという仕組みだったはず(少なくとも実家にあったカメラはそうでした)。その方が「撮影してるな」って気分になりやすい気もするのです。

ただそれも使い勝手、特に長時間録画する場合や、カメラのアングルを変える場合などは、押しっぱなしという動作だと不便なんでしょうね。というかカメラのホールド方法に制限が出てしまうのかも知れません。

まあ何を言っても、撮り逃した映像は戻ってこないわけですが。。。

2007年02月13日

エタノール燃料

今年のインディーカー・シリーズは、燃料がメタノールから環境に配慮されたエタノールに変更になるそうなのですが、日本で開催されるツインリンクもてぎではこのような問題も。

カーレースに酒税2000万円、エタノール燃料使用で

 米国を中心に行う自動車レース、インディカーシリーズの第3戦が4月19〜21日に栃木県のツインリンクもてぎで開催されるが、今季から導入されるエタノール燃料に関し、「酒税法」の適用を受けることが分かり、関係者は頭を抱えている。

 関係機関に適用除外を訴えているが、このままでは約2000万円の酒税がかかる可能性が高い。

 インディ500を含むインディカーシリーズは、従来は火災の際に水消火が出来るメタノールを燃料にしてきた。今季からは、環境問題に配慮し、植物が原料で再生可能なエタノールに切り替えた。

 米国内のレースで使われる燃料はエタノール98%に2%のガソリンを混入させ、「飲料として使用できない状態」にすることで、酒税の対象外としている。日本でも同様の燃料を使用する計画だ。しかし、日本では「90%以上のエタノールを含むものは、基本的に酒税の課税対象となる」(関東経済産業局産業部アルコール課)。仮に10%以上別成分を入れると、「エンジンが正常作動しない」ため、これは実現困難という。

 エタノールの卸売価格は1リットル約230円だが、100%近いエタノールにかかる酒税は1リットル当たり約1000円。大会でマシン20台が使用するエタノールは約2万リットル。酒税負担は約2000万円となる。ツインリンクは「エタノールは将来の自動車燃料としても注目度が急速に高まっている」と再検討を求めている。

ああ、いかにも日本らしい。というか、これじゃ日本ではエタノール燃料のエンジンは流行りそうにないですね。「その時は法律が変わるだろ」なんて思う人もいるだろうけど、その時っていつ?

すでにブラジルでは燃料用バイオエタノールを使ってますし、エタノールが作れる穀物の価格も上昇傾向にあるっていうのに、日本じゃお酒として酒税を払う。飲むわけじゃないのにね。

とりあえず酒税を決める方には、2%ガソリン入りのエタノールの水割りでも飲んで、酔えるかどうか(というか悪酔いしそうですけど)を試していただきたいなあと。

追記:
確か、実験用のエタノールには数%混ぜモノがしてあった気がしますが、そういうのと同じ扱いに出来ないんですかねぇ。

2007年02月11日

テレシネ

去年実家に帰ったときに、倉庫から8mmフィルムの編集機(FUJI)と現像済みのフィルムが20本ほど発見されました。この手のフィルムは状態が悪いとカビたりして再生不能になったりもするのですが、とりあえず今回見つかった分はそれほど悪い状態ではありませんでした。

出もこのままでは映写機がないとちゃんと見ることも難しい(手持ちの編集機では音が出ない)ので、この際だからということで8mmフィルムからminiDVに変換するテレシネのサービスに出してみました。今回お世話になったのは錦糸町に近いレトロ通販というお店で、フィルムをまとめて発送してから7〜8日くらいで代引きで戻ってきました。

他のお店だと、テレシネの際にフィルムを1本にまとめられてしまう場合もあるみたいなのですが、こちらのお店では20本のフィルムをきっちりそのままで戻してもらえました。

で、出来上がりについてですが、そこそこ満足。というか、ピントが甘かったりするのはどうやら撮影者である父のテクニックにあるようです。元々8mmはピントが合わせづらいそうなので、仕方ない部分もあるとは思いますが。それと、意外に自分があんまり映っていなかった!のも残念なポイントです。サービスそのものは大満足でしたよ。

とりあえずminiDVからDVDに再編集(時間軸に合わせて20本のフィルムデータを並べ直し)して、実家の父に送っておきました。今回は未編集のリールばかりでしたが、恐らく編集済みのリールもどこかにあるはずなので、フィルムが駄目になる前に発見できれば、またテレシネしてデータを残したいですね。

それより、8mmも実は良いなあ、なんて悪い考え(散財方面)に走らないように、今のところ自制中。

2007年02月06日

快速「みえ」

kaisoku_mie.jpg

名古屋駅まで新幹線を使い、そのあと伊勢市までは快速「みえ」を使いました。

私の乗ったのは4両編成でしたが、4両中1両が指定席、それ以外は自由席です。途中電化されていない区間があるからなのか、ディーゼルの車両でした。2両編成の場合は、1両目の一部が指定席となるそうです。

近鉄の特急に比べると、若干安くて、所要時間が若干長く、そして本数も若干?少ないようです。名古屋から伊勢市まで、片道が1940円なのですが、4回分の回数券を利用すると片道が1200円とかなりお得で、2人で往復するなら間違いなく買いです。この情報を知ったのは、伊勢市駅に着いた時点だったので、残念ながら利用することは出来ませんでした。

ディーゼルの車両に久しぶりに乗りましたが、通常の電車に比べると、バスっぽいというか、ちょっと騒音がにぎやかな気がします。

2007年02月05日

伊勢神宮

ise_geguu2.jpg

さて、伊勢神宮って今まで行ったことはなかったのですが、初めて知ったのは、伊勢神宮は「外宮」と「内宮」の2つに別れていて、しかもその距離はちょっと離れていること。そしてそこには多数のお宮さんがあるということ。全体で伊勢神宮となっているようです。

伊勢市駅から近いのは「外宮」というほうで、駅からすぐに参道となっており、歩いていくことが出来ます。ちょっとこちらの参道は人通りが少ないのですが、外宮に着くとそれなりに人がいます。この時点では「内宮」の様子は知らなかったので、のんびりとした良いところだなという印象でした。

せっかく東京から行ったので、今まではしてもらったことの無かったご祈祷もしてもらいました。入ったことのない神楽殿というところで、厳かな雰囲気のなか、生演奏の雅楽を聴いて、お札をもらってきました。久しぶりの正座で足をしびれさせつつ。

外宮でお参りを済ませて、バスで内宮に移動したのですが、土曜日だったせいか、入り口近くの参道が異常な混み具合。どうやら駐車場の空き待ちの車が沢山いるみたいなのですが、そこに路線バスも巻き込まれて、どうしようもない状態。もう少し何か考えた方が良いと思いますよ>伊勢市の方、バス会社の方

こちらは外宮に比べると非常に混んでます。どうもこちらの方が雰囲気的にメインといった感じです。人がある句法の参道もいかにも観光地といった感じで栄えております。お参りするのも、石段で人混みにもまれて、まるで初詣のようでした。

2007年02月04日

日帰りお伊勢参り

ise_geguu.jpg

昨日は日帰りでお伊勢参りに行ってきました。

朝7時に東京を出て、新幹線と快速「みえ」を乗り継いで、JR伊勢市駅に到着。伊勢神宮の外宮をお参りして、バズで移動し、次は内宮。そしてもう一度バスで外宮まで戻って伊勢市から、快速「みえ」、新幹線を乗り継いで1日で帰ってくるという流れでした。

まあ、移動時間がやたら長いので、普段電車に乗り慣れない自分としては結構疲れました。

関西での移動はJRではなくて近鉄の方が行きやすい場合も多いと聞くのですが、今回はたまたま快速「みえ」との接続が良かったので、こちらを選びました。行く前に気がつけば良かったのですが、名古屋から伊勢市までの4枚綴りの回数券が4800円(1枚あたり1200円)で買えるので、2人で往復で使うならこちらが結構お得です。普通に買ってしまうと片道1940円です。近鉄の特急だと名古屋->伊勢市で2500円くらいでした。ちなみに近鉄の方が本数が多くて早く到着します。

その他いろいろなことは、追々書いていきます。

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

よく見に行くサイト

Total:
Today: Yesterday:

アーカイブ